Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
激安リアルファー付きダウンジャケット
夏の終わりにショーウィンドウに出始める毛皮商品。
秋になると少しづつ、人々のファッションに毛皮が取り入れられ、
年末にもなれば、毛皮も大セール。
それも過ぎれば、売れ残った毛皮はワゴン内で破格の値段となる・・

このサイクルを、毎年毎年、ため息をつきながら眺めていたわけですが・・

ここ何年か人気のダウンジャケット。
それでも、ダウンは高いイメージがあったのですが・・
昨年ユニクロから発売されたダウンジャケットの安さには驚かされました。
そして、今年も昨年と同じく、同社から何種類かのダウンジャケットが販売されています。

今日ユニクロの店の前を通り、そして中に入って驚きました。
ダウンジャケットの安さだけでなく、その量に驚かされるんですよね・・。

うわぁ・・こんなにたくさんのダウンジャケットが・・と、量に圧倒されるのです。
もちろんそこで思い浮かぶのは、そのダウン、羽毛を提供している鳥たちのことです。

ユニクロは2005年に、リアルファーの使用は今後中止すると発表しています。
それは嬉しいことです。
何しろ、ダウンジャケット&リアルファーが、何でどれもこれも??
と失笑してしまうほど、セットになっていますからね。

でも・・うーん・・物事には段階というものがあるのだろうか。

リアルファーというのは、動物の毛皮がむき出しの状態ですが、
羽毛というのは、隠れて見えませんからね。
毛皮ほど、なんというか、生き物から取ったもの、という実感が沸きにくいのかもしれません。
(それでも、未だにラビットファー全面のジャケットや帽子やバッグを見かけますが・・)


ちょうど1年ほど前に、こちらで羽毛についての記事を書きました。
羽毛について書かれている方のブログも紹介させて頂いています。

ぜひぜひ多くの方に、毛皮だけでなく、羽毛の現状も知ってもらいたいと思います。

こちらの記事です→ 羽毛の実態


毛皮にしても羽毛にしても、それによって作られる商品が安かろうが高かろうが、
死んでしまった動物にしたら関係のないことですが・・

でも、それにしても・・

とても高い値段が付いて、毎年大事に着続けられるのと、
とても安い値段が付いて、色違いでいくつも買ってコーディネートを楽しめたり、
何となく飽きたら捨てて、次の年には新しいのを買ったり・・(安いとこれが出来ちゃいますからね)

どちらがいいかと言えば、そりゃぁ高価で大事に扱われるものであって欲しいです。せめて。
高価ってことは、そんなに出回っていない、つまり殺される動物・鳥の数も少ないわけですし。

クリスマスが終わると、今度は冬のセールですね。
リアルファー付きダウンジャケットもどんどん値段が下がり、
どこかでは、ただ同然みたいな値札を付けられるのでしょう。



よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆



  

スポンサーサイト
【2009/12/22 20:46】 毛皮動物について | トラックバック(0) | コメント(8) |
超巨大バーガー・Windows7ワッパー
 

これです→ 超巨大バーガー・Windows7 Whopper

マックに始まったメガブームは、衰えていないようですね。

なんと書いたらいいのか・・なんだか、このバーガーの画像に圧倒されるばかりです。
なんでこんな商品作るんだろう・・って、まぁ利益が見込まれると思われたわけでしょうし・・
というか、今回は、Windows7発売記念って事ももちろんあるわけですが。

メガマックは、ビーフパテが4枚。
こんな巨大バーガー、誰が食べるんだ・・と当時は思ったものですが、
売れ行き好調、周りの子供たちからも、もう食べた?!なんて声が聞こえて、
あっけにとられたものでした。

そして今度は7枚。Windows7にちなんだからといって、
その"ありえない”外観からして、こんなの食べる人いるのかなぁ・・やりすぎでしょ・・
と思っていましたが、これがすごい人気だそうで。
行列が出来たり、「1日先着30名様、777円」というのも、すぐ売れてしまうそうです。
(ちなみに定価は、1450円)
そして、大好評につき、販売期間も延長されるとの事。

企業にしたら、このような商品は話題づくりにもなるし、
当然の事ながら、利益が生まれる商品を開発していく事は言うまでもありません。

でも・・私たち消費者は、それに流されるままでいいのだろうか?
すごい!なんか食べてみたい!挑戦してみたい!(話題作りにもなるし?)
はい買いましょう、それだけでいいのだろうか?
と考えずにはいられません。

7つも重ねられたハンバーグ。
これを見て、よし!食べてみよう!!・・だけでいいのだろうか。
毎日の生活の中で、お肉を見かけるたびに、牛を想像して悲痛な気持になる・・
というのは大変なことです。そんなことしていられません。
でも、こんな常軌を逸したような肉の山を見た時くらい、牛が想像されてもいいんじゃないか、
なんて思うのですが。

こんな値段で7つものハンバーグ。牛はどんだけ安いんだ?どんだけ安物の牛なんだ?
・・そしてそこから、さらに想像を巡らし、
よほどの飼育方をしなけりゃ、そんな安い肉作れないんじゃないか?
牛は一体どんな扱いを受けてるんだ?
そもそも・・ここまでして肉を大量に食べる必要ってある??

なんて考えが生まれたらと思うのですが・・
学生の時に、もちろんそんなこと全く考えずにビックマックを頬張ったことのある
私が言うのもなんですが。

本当に物というものは、溢れるほどあれば有り難みなんて吹っ飛んでしまうものです。
自分たちの貴重な食料のために牛を育てている家族があったとしたら、
さぞ大切に牛を育て、大切にその肉を食べることでしょう。
実際に、目の前でその牛が肉となる過程を目にするわけですから、なおさらです。

同じ動物、そして同じ肉。
でも作られる過程を目にせず、安く簡単に手に入るとなれば、感覚は全く違うものとなる。
当然だけど、これでいいのか?と思います。
こんな社会にいるんだから仕方がない・・ではなくて、
むしろこんな社会にいるからこそ、そんな感覚が麻痺してしまう社会にいるからこそ、
一生懸命想像しなきゃいけないんじゃないかと思います。

それにしても・・7枚かぁ・・
10枚のが発売されても、ちゃんと売れそうだな。。


よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆




【2009/11/02 01:09】 畜産動物について | トラックバック(0) | コメント(2) |
頂いたコメントの返事
  


以前書いた記事に、コメントを頂きました。

コメント欄にお返事を書いていたのですが、とても長くなってしまったので、
記事とさせて頂きます。


___________________________________


>肉食って 快楽 なんですよね。
 美味しい という魅力からはなかなか
 逃れられないと思います。

肉食が快楽・・ということ、分かる気がします。

初めて工場畜産の現状を目にした時、
あまりにもショックで、次の日からもう肉を食べる気がしなくなりました。
当時の私は、今から10年ほど前ですが、かなり感情的になっていたと思います。

でも、年月が経ったことや、何より、妊娠中に肉が食べたくなったことがあったり、
などの変化を経て、自分の考え方というか見方というか、
そういうものに多少変化が出てきた気がします。

畜産動物に対してかわいそうと思う気持ちは変わりませんけどね。

畜産動物をかわいそう、と言ってしまうと、とても反感を買われやすいと思います。
相手にしたら、まるで肉を食べることが残酷だと言われているようですし、
自分だって昔食べてたでしょ!魚や野菜はかわいそうじゃないの?
と言い返したくもなると思います。
実際、よくある展開ですよね。

でも、やっぱりかわいそうという感情を持つのは、普通じゃないかと思うのです。
肉を食べるにしても、やはり牛が殺される様子を見たら、
かわいそうなんて言ってられなくても、「かわいそう」と思いますよね。

なにも、かわいそうって言っちゃったら、もう肉を食べちゃだめ!
ってことじゃなくてもいいと思うんです。
食べるけど、でもやっぱり殺されるのはかわいそうだよな、
矛盾しているように思われそうですが、でも、人間の自然な感覚だと思います。

かわいそうと思う気持ちは、感謝なんて言葉よりも大事なんじゃないか?
と思うことさえあります。

・・ちょっと話が脱線してしまいましたが・・

肉は美味しいのかもしれないですね。
私は外食などで、年に何回かですが、肉を食べることがあります。
料理によっては強烈に感じることもありますが、
意外と普通に美味しく食べれてしまうのです。

確かに、野菜や豆腐に比べて、食べ応えもありますしね。

肉は体に悪いという説もありますが、分かりません。
食べ過ぎは良くないでしょうが・・。

結局、肉は体に悪いから止めよう、というよりも、
肉は動物だということをもっと意識して、
そしてその動物たちをかわいそうと思う気持ちを持って、
肉の過剰生産・摂取を止めることで、畜産動物がより快適な環境に置かれることを
願うことの方が、大事なんじゃないか、と思うんですよね。


>周りに肉食しない人がいません。
 家族がいますが理解が得られません。
 夫に お前は変だ。といわれます。
 自分は食べないけど 食べたがる家族に
 肉を使った料理をたまに作ります。
 説得できそうにないので・・・つらいです。

私は、主人がやはり肉を食べませんので、それは恵まれていると思います。
(強い思想があるとかいうよりも、元々さっぱり系が好きなので、
 野菜や豆腐の料理の方が好きだそうです。肉を完全に避けてるとかじゃないですが)
ご主人の、変だ、と言うお言葉、分かります。
私も、特に父は心配していますね・・肉を食べないことについて。

でも、肉を食べるか食べないかというのは、人から何か言われて決めるのは難しい気がします。
もちろん、動物の現状などを説明して、なるほど、じゃあ食べるの止めようかな、
なんて人もいるかもしれませんが、そう単純なことではないと思います。

医者から止めるようにいわれたとか、アレルギーがあるとか、
そういうことなら止めやすいですが、そうでなければ、
自分で何か感じること、直感的なものかもしれませんが、そういうことがないと、
なかなかピンと来ませんよね。

私も昔、留学中に、同じホームステイ先にベジタリアンの台湾の子がいまして、
かれこれ1年ほど、一緒に暮らしていました。
彼女の菜食ぶりを1年も眺め、何度か動物に対する考えも聞き、
それでも私は、何もピンと来るものがなく、かといって彼女の考えに反対なわけでもなく、
普通に彼女の横でお肉をほおばっていました。

何か、人によってタイミングがあったり、
きっかけとなりうるものが違ったりするんでしょうね。
もちろん、ずっとそういうことを感じないということもあると思います。
私も、動物のことに関しては色々と感じることがありますが、
でも例えば、他の人たちが苦しんだり傷ついていたりすることに対して、
何も知らなかったり、鈍感に過ごしていることもあるかもしれません。

我が家は、ずっと、ほぼ菜食の暮らしをしてきました。
ただ、これからちょっと状況が変わりそうです。
もう変わってきていますが。

もうすぐ2才になる息子がいますが、
息子には菜食をさせるつもりはありません。
・・というか、それは自分でどうするか決めること、個人の事だと思っています。
私たち夫婦は、基本的には菜食、息子は自分で決めればいい・・

ただですね、息子が学生にでもなれば、外で自由に食べれますが、
小さいうちは、自由がないわけですよね。
給食もまだですし、基本的に、親が出すものしか食べれませんからね。
つまり、肉を出さなければ、肉を食べる機会はないわけで・・

これは、菜食、ベジタリアンの方たちの間では賛否両論あるかもしれませんが、
私は、息子には、肉料理も食べさせたいと思っています。
先日は久々に鶏肉を買ってきて、豆腐ハンバーグに混ぜてみました。
息子だけ食べるのも変なので、私たちも食べました。
これからも、少しづつ作っていこうと思っています。
(息子が嫌がったら、無理に食べさせる気はありませんが、
 最初から一切シャットアウトというのは、どうかなと思いまして。
 でも実際、だいたい食べていますので、嫌いではなさそうです。)

たくさんの安い肉で、たくさんの肉料理を、ではなくて、
少量でも、畜産動物に配慮されたような肉を買って、料理出来たらと考えています。
まぁ・・男の子ですし、食べ盛りともなれば、そんな少量では済まなくなるかもしれませんが・・。
私も食べ盛りの時は、唐揚げとか大好物でしたし。

ということで、これからは今までのように完全に菜食!って感じではなくなりそうですが、
だからといって、畜産動物について考える事を止める事では決してありません。
逆に、食べる事で、なおさら考えさせられる事もあります。

肉を食べているからこうとか、肉を完全に食べていないからどうとか、
そんなことよりも、その人がどんな考え方をしているか、どんな思いを持っているか、
という事の方が大事だと思います。
少なくとも、そんな風に思う事があれば、肉の暴食はしないと思いますしね・・。

今は本当に、肉が、特に先進国のために過剰生産され、過剰摂取・破棄、
という、動物を扱っている・命を扱っているとは思えないような、
悲惨な状況になっていると思います。
まずは、このような動物の命の尊さが無視されているような、
そんな肉の大量消費が見直されるべきだと思います。
大量生産になるほど、動物たちの飼育環境は悪くなりますしね。


>動物に関しては 実験とか毛皮とか問題がありすぎですよね・・
 人間という種の 野蛮さ 残忍さ
 生きてるのも いやになります。
 ただ こんな今まで 目にすることのなかった闇の世界が 
 誰にでも見ることができる世の中になってきてるなぁと 感じています。
 一日も早く 動物たちが つらい思いをしない世の中になるよう 願ってやみません。

私も毎日、動物の事を考え出すと、つらい気持ちになります。
夜目を閉じると、今まで見てきた映像が浮かんだり、悲惨なニュースなどを思い出すと、
眠れなくなる事もあります。
本当に、闇の世界だと思います。
でも、それは私たちの生活を支えている、私たちに密接に関わっている世界なんですよね。
本当は闇の中ではないのに・・そうしてしまった方が、人間には都合がいいですもんね。
そういう世界、現状を、私たち人間が理解して、考えて、苦しむ事ができれば、
今ほど悲惨な状況は改善されるんじゃないか・・と感じます。




よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆










【2009/10/07 17:24】 その他 | トラックバック(0) | コメント(3) |
精肉詰め放題
  

先日テレビを付けたら、目に飛び込んできた映像。

小さなビニール袋に、主婦の方たちが、鶏肉からソーセージから、
もうなんの肉か分からないけれど、とにかく生の肉をぎゅうぎゅうに詰めまくっている。

詰め放題、ってやつですね。

今まで、野菜は見たことがあったのですが・・肉は初めて見ました。

ビニール袋の底ですごいことになっている肉、
そして袋の上にも、積み上げられる肉。
運ぼうとしたら、肉が崩れ落ち、またその肉を積み直して・・

何ともすごい光景でした。

すごい・・

店側も・・もうちょっと、品のあるというか、普通なというか、
そんな売り方が出来ないものか・・
詰め込まれる分を見込んでの、安い値段を付けて、せめて普通に売れないものか・・

どう考えても・・ちょっと・・すごいでしょ。

でも、実際売り場はにぎわっているわけですから、
需要があれば、そりゃあ店側は実施するか・・。

特に食べ盛りのお子さんたちなんかいたら、お得な詰め放題かもしれない。

どっちが悪いとか・・なんかそういうことを通り越して、

すごい、といった感じでした。

先日は、ぱっとテレビを付けたら、「ホルモンヌ」。
今回は、「精肉詰め放題」。

何でこんな場面ばかりを見ることになるんだろう・・
それとも、かなりの頻度で、こんな番組・コーナーが放送されているということなんですかね。




よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆



【2009/09/12 00:15】 畜産動物について | トラックバック(0) | コメント(4) |
マックの戦略
  
どんな噂が流れようが、裁判が起きようが、
事件が起きようが、批判映画が上映されようが、
いっこうに衰えることのないマックの人気ぶり。

興味深い記事を見つけました。

マック最高益の秘訣 値下げでなく「集客手法」


以下、記事の一部です。


日本マクドナルドホールディングスの2009年上半期(1?6月)連結決算が、
全店売上高、営業利益とも株式上場以来の最高を記録した。
マックといえば、「100円バーガー」に代表される値下げ競争の旗振り役と見られがちだ。
しかし、値引きは一時的な話題づくりに過ぎない。
子供向けセット商品、「ハッピーセット」のような仕掛けを絶え間なく繰り出し、
集客増につなげていることが、業界「勝ち組」と呼ばれる要因といえそうだ。

(中略)

通常サイズの約2.5倍の大きさのハンバーグを使った「クォーターパウンダー・バーガー」は
地域限定から全国に展開した。
サイズを小さくして価格を下げるファストフードの競合チェーンもある中、
「デフレ時代」に逆行した商品投入は業界の話題をさらった。
さらに朝食メニューにホットドッグを投入したことも、サラリーマンの朝食需要を生み、
都心部店などの売り上げ増に結びついた。

同社が最も重視しているのは、来店客をいかに増加させるかだ。
原田社長は「全国の6割の人はまだマックを利用したことがない」と、
新規客の開拓余地がまだ大きいことを繰り返し強調する。

ポケモンなど子供に人気のキャラクター人形などのおまけがつく「ハッピーセット」。
任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」の体験版のゲームソフトを
店内でダウンロードして楽しめる「マックでDS」。
店内への無線LANの設置。客が立ち寄りたくなる環境整備への投資に手を抜かない。
ドライブスルーや24時間営業店舗の増設など利便性向上の取り組みの多くも、
元をたどれば同社が先導したものだ。

(中略)

同社は02年から2期連続で最終赤字に陥ったことがある。
「激安"59円"バーガー」を売り出し、安値競争を仕掛けた直後のことで、
「効果は一過性に終わり、低価格が常態化すれば客数も売り上げも段々と減っていった」
(同社幹部)という。
同社が「価格競争には参戦しない」と強調し、値引きを常時ではなく、
一定期間ごとに実施しているのも、このときの教訓があるからだ。


以上、記事の内容でした。

>子供向けセット商品、「ハッピーセット」のような仕掛けを絶え間なく繰り出し、

>ポケモンなど子供に人気のキャラクター人形などのおまけがつく「ハッピーセット」。

まだ味覚が定まらない子供のうちに、このような「特典」によって、子供たちを引きつけ、
そしてその味をインプットさせて、将来長く続く顧客となってもらう。
・・このようなマックの戦略というものを、以前ドキュメンタリー番組で聞きました。

私も、今でこそマックに入りたいとは思いませんが・・
以前は、やはりマックの味って、味覚としてきちんとインプットされていたなぁと感じます。
時々食べる程度でしたけど、あのマックの味に惹かれるんですね。

これ・・食べ始めた年齢別のデータがあったら興味深いですね。

1歳くらいから食べ始めた子供・・
幼稚園から・・小学校から・・
それによって、何か違いはあるのでしょうかね。
早く食べ始めるほど、マックの味にはまりやすいとか。

ある程度若い世代だと、多くが子供の頃からマックを口にしたことがあると思いますが、
逆に、大人になってから口にすると、何か違いはあるのでしょうかね??

まぁ、このことはさておき、マックの子供向けの戦略。
そんなやり方ずるい!とは言っていられませんよね・・
ビジネスですからね。子供だろうがなんだろうが、いかに客を引きつけるか、ですしね。
多くのことに言えますが、やはり消費者、私たち一人一人の意識が大事だと思います。

>「全国の6割の人はまだマックを利用したことがない」

・・それにしても、この言葉にはびっくりしました。
6割・・本当ですか。
それは大きな割合です。
より多くの集客に向けて、さらなる作戦が繰り広げられることでしょう。
それに消費者一人一人がどのように反応するか、ということですね・・。
様々な現状をふまえた上で。




よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆






【2009/08/31 14:39】 畜産動物について | トラックバック(0) | コメント(0) |
next→
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。