Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
覚醒剤の実験に使われるマウス
090824







   
最近、テレビでは覚醒剤の話題で持ちきりですね。

そして、覚醒剤を取り巻く現状、その中毒性の恐ろしさ、
といったことも、テレビでよく見かけます。

先ほど、やはりこのような番組を見かけました。
覚醒剤などのドラッグ中毒患者が入院している病院の様子。
それはすさまじく、悲惨なものです。

覚醒剤は、脳の中心に位置する、食欲や性欲などの「欲」の部分に記憶されるそうで、
つまり、一度使ってしまえば、その「欲」は一生消えなくなるのだそうです。

患者のうち、薬物を裁ち切り、通常の生活ができるようになる割合は、20%程だとか。
いかに恐ろしいものであるか、ということですね。

そして私にとって一番衝撃的だったのが、
実験用として、覚醒剤を接種させられた、ケージの中の数匹のマウスの映像です。

覚醒剤を接種することで、お互いが少し触れあっただけでも過敏に反応し、
(ここで、マウスたちが、立ち上がった状態で押し合っているような、そんな映像です)
そして、しまいには、攻撃性が強くなって、共食いしてしまうこともあるのだとか。
(一匹のマウスが、別のマウスの体を強く噛んでいる映像。
 後ろ姿だったけど、かなり強い攻撃をしているようでした。)

あー・・そうか。こういう実験もあるんだなと、感じたんですよね。

こういう事にも、実験動物は使われているんだなと。

医療、薬、化粧品、等々、様々なもののために動物実験は行われていますが、
普段の生活の中で、なかなかその詳細を知る機会はないです。

今回、テレビであのような実験用マウスの様子が流れることは、貴重だと思います。
もっともっと、多くの場面で実験動物が紹介されて欲しいほどです。
企業や商品のイメージ・・という観点からして、まぁ、そんなことはないと思いますが・・。

でも、このような映像をちらっと目にしたときに、

「こういう事にも動物実験は行われているんだな、
 覚醒剤打たれて、狂って、共食いまでして、かわいそうだなぁ。」

と感じて、その思いを持ち続ける事って大事だと思います。
どれだけの正当な理由があったとしても、やっぱりかわいそう、っていう思いはありますよね。

莫大な動物の犠牲によって成り立っている、私たち人間の生活。
だからこそ、私たちはどんな形で動物の命を犠牲にしているのか、
ということを知ることは大事だと思います。

*画像は、本文中のマウスとは関係ありません。



よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆







スポンサーサイト
【2009/08/30 01:07】 動物実験について | トラックバック(0) | コメント(1) |
動物実験について思うこと
090102








動物実験全廃論・罪なきものの虐殺、という本があります。
1978年に書かれた本ですから、30年ほど前になります。
また、書かれている動物実験の数々の内容に関しては、
さらに過去のことについての事が多いので、
現在とは状況がかなり違っているかも知れません。

でも私は、この本に書かれている事実が、現状と異なるとか、昔のことだとか、
だから意味がない・・という風には思っていないのです。
昔のことであれ、動物に対して人間が行ったこと、
科学の名の下であろうとも、たとえ正当化されようとも、
動物は明らかに実験台として、苦しんで死んだということ、
それを知っておきたいのです。

この本の言葉で、私がよく思い出すものがあります。下記です。



ジョージ・バーナード・ショウ、リヒアルト・ワグナー、マーク・トウェインは、
動物実験に妥協せずに反対した多くの偉人の中に数えられるが、
実験が無益であるという武器を一貫して使おうとしなかった。

ワグナーはこう書いている。
「もしわれわれが、無益であることが立証されたからというだけの理由で、
 動物実験を廃止するなら、人類は何も得たことにはならないであろう」

そしてショウはこう言う。
「もし教義としての人道的態度を放棄し、
 これは実益があるかないしはありそうかということで決定される問題だと言うならば、
 どうにもならない間違いを犯している・・・ もし動物実験者に、
 彼が行った実験は何の実益も生まなかったことを示して論争しようとするなら、
 実益を生んだなら実験は正当であったと考えるという意味になる。
 私はそのような立場は認めない」




以上です。
上記の内容が、時々頭を巡るのです。


私自身、これまで病院や薬の世話になってきましたし、
たとえ直接的ではないにしろ、動物実験の恩恵を受けて生きてきたであろうと思います。
例えば化粧品や身の回りのものは動物実験なしのものを選んでいますが、
これからも病気になったとしたら、医療や薬の世話になるでしょうし、
それらは動物実験の結果認可されたものかも知れません。
(ただ、上記の本では、素人から見ても明らかに不必要と思われる実験も
 多々紹介されており、つまりそのような実験があったというのも事実ですが。。)

人間の病気を動物に当てはめるのは間違っているという意見があります。
動物実験は全くの無駄であるという意見もあります。
これが正しく、動物実験が全廃される様に願いたいものですが、
正直、私自身、どちらが正しいか断言出来ません。

以前テレビで見た、動物実験の番組。
難病に苦しむ子供がいて、その一方でその難病のための動物実験が、
犬で行われていました。
この子供の両親は、動物は可哀想だけど、息子の命が大切・・といった事を
話していました。
親なら誰しもこう答えるのではないでしょうか。
動物の苦しむ姿を見るのはつらい。
でも自分の子供が難病に苦しみ、学校にも行けず、死とも直面している。
何が何でも、ほんの僅かな希望にでもすがりたくなるのが自然なことだと思います。

仮に人間の病気に関して、動物実験は無意味だといったとしても、
家の猫も病院のお世話になってきましたから、
その治療のためには、やはり実験や実習で使われた他の猫がいたかも知れません。

この様な自分自身の考えの下にですが、
やはり上記の引用の文章には、考えさせられるのです。


ネット上で、多くの動物実験の画像を見ることが出来ます。
10年ほど前に初めて目にした時には、畜産・毛皮・殺処分、そういったものよりも、
何よりも動物実験の画像にショックを受けました。
大昔の画像もある、今ではやっていない実験の画像もある、
全体的に残酷な実験の画像が多いかも知れない・・
でも、何であれ、とにかくどの画像も事実なわけです。
当然ながら見たくない画像なのですが、その実験台となった動物のことを思うと、
せめて見ておきたいという気になるのです。
人間が動物に行ったこと。
人の目に触れることなく抵抗も出来ずに、
ただただ受け身となって犠牲になっていった多数の動物のことを、
知っておかなければいけないと感じるのです。

様々な動物関係のサイトで、動物実験の画像を目にしますが、
同じ画像が、多くのサイトで掲載されているといった感じです。
ですので、もう多くの画像が頭の中で記憶されています。

でも、ここ数年、妊娠?出産?育児といった期間で、
動物のつらい現状や画像を見るのがたまらなくて避けていまして、
今日久しぶりに動物実験の画像を目にしました。

様々な動物たち。
今猫と暮らしているせいか、特に猫の画像は自分の猫を想像させ、
たまらない気持ちになります。

脳に電極が埋め込まれたり、
体中に管が埋め込まれていたり、
眼球が摘出された状態で、体を固定されていたり。

何よりつらいのは、彼らは麻酔下ではなく、死んでいるわけでもなく、
生きていて、しかも画像からして、意識があることは確実なのです。

今この様な実験が行われていないと言われたとしても、
手放しで喜ぶことは出来ないです。
それは、何十年前のことであれ、この様な悲惨(なんて言葉では到底済まされない)な
状態に置かれ、命を落とした動物たちがいたことは事実だからです。


こんなつらい画像を見ていると、上記引用の言葉が頭を巡ります。

正直、私も画像を見て瞬時に思うのは、

かわいそう、こんな事をしてはいけない、ということです。

この感覚に沿って物事がすすむことはそんなに不可能なことなのか、
この感覚に沿ってすすめば、それに見合った解決策があるのではないか、

そう思うほど、この自然な感覚を大事に思うのです。

でも現状はどうなのだろう・・と、書き出すととりとめもなくなってしまうわけですが。


ただ確実に言えることは、化粧品や日用品に関しては、
動物実験を行っていないものを選ぶ、これはせめて行うべきではないかという事です。
そのような商品はたくさん出ているし、
新しい化粧品のために動物が犠牲になる必要はないと思います。
少しでも出来ることをして、
実験台になる動物が一匹でも減れば、それは嬉しいことです。

あとやはり、これは私自身が感じることなのですが、
実験台となってきた動物の苦しみを思うことも大切だと感じます。
人間の医療・薬品・商品のために、実験台になります!
なんて思って実験に使われた動物などいないのですから・・


ずいぶん長くなりました。
ここでいったん終わりにしたいと思います。
また続きというか、動物実験について感じることを書きたいと思います。



この画像の子猫も、ネット上で何度か目にしてきましたが、
実際これにはセットとなるもう一枚の画像があります。

この画像は実験前の子猫。
もう一枚は、脳がむき出しとなり、その脳に管が差し込まれている画像です。
同じ子猫なのです。
子猫はその表情からして、もちろん生きていますし、意識もあります。





よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ


【2009/01/20 10:37】 動物実験について | トラックバック(0) | コメント(3) |
1999年のよだかの星・動物実験ドキュメンタリー
びっくり!!ずっと見たかった番組だったのです。
やっと見ることが出来た・・・。

「1999年のよだかの星」
私の尊敬する作家、森達也さんによる動物実験ドキュメンタリーです。

見て下さい!日本の全ての人に見てもらいたい!


YouTube 「1999年のよだかの星」1/6
YouTube 「1999年のよだかの星」2/6
YouTube 「1999年のよだかの星」3/6
YouTube 「1999年のよだかの星」4/6
YouTube 「1999年のよだかの星」5/6
YouTube 「1999年のよだかの星」6/6


動物実験を行う医療関係の人々。
実験器具を製造する業者の人々。
動物実験へ疑問を投げかける愛護団体の人々。
病に苦しむ人々。
そして実験台となる動物達。

森達也さんのドキュメンタリーは、無駄な着色がないから好きです。
真実を見ているのだ、と実感することが出来ます。

最初から最後まで内容が濃く、あっという間に見終えた感じです。

一番印象に残っているシーンは、病に苦しむ少年の両親の話。

病院で暮らさざるをえない少年。
一方で、その病の治療法を見つけ出そうと、実験を行う人々がいる。

この両親は猫も飼っており、動物実験について聞かれると、
確かに自分の猫を実験台にされるのは考えられないと言う。
しかし、やはり猫か息子かとなったら、当然選ぶべきは息子だ。
やはり息子が元気になるよう、治療法は見出されて欲しい・・

私は今この様な状況に置かれていないけれど、実際にこのご両親と同じ状況に
置かれたことを想像したら、やはり自分の子供に重点を置くでしょう。

しかしだからといって、現状の日本の動物実験の体制が正しいとも言えない。
海外に比べて日本の動物実験に関する規制は緩いので、法的にも改善されなければならない。


それにしても、よくこれほどのドキュメンタリーが制作できたなぁ・・と思います。
また、取材に応じた研究者・業者の方達も勇気あると感じます。
以前紹介した犬猫殺処分の記事で、某テレビ局が全国の動物愛護施設に
取材を要請した結果、承諾した施設はたった一つだったそうです。
やはり非難の目で見られることを恐れたのでしょうか。
(もちろん悪いのは犬猫を持ち込む人々なんですけどね)
動物実験にしても、やはりまわりから良く思われない、理解されない、
という現状があり、取材に応じるのも難しいことだと思うのです。


動物実験というと医療のことがまず思い浮かぶと思いますが
実際、動物実験は私達の生活にもっと浸透しているものです。
実験機器メーカーの方が言っていました。
人が一日生活する中で(食事等々)、その殆どが動物実験によって支えられていると。
結局、医療品に限らず、化学製品が使用されている食料等も、
動物実験を経て作られたもの。
完全に動物実験には関わっていません!等と言える人は、殆どいないのでしょう。

しかし、猫の保護活動をしている女性の言葉は印象的でした。
私も同じ考えですが、結局、動物実験の現状を知り、つらく思ったり考えたりする事が
大事なのではないか、ということです。
これは動物実験に限りません。何かつらい現状を知った時に、何でもすぐに
自分で行動したり解決したりというのはなかなか出来ません。
しかし、何も知らないでいるより、そんなつらい現状をしっかりと受け止め、悩み、
苦しむことは大事なことだと思うのです。


この番組も、正直つらい場面はあります。しかし見て欲しいです。
(私も涙が止まらなかった場面がありますが・・)
とにかく、ぜひぜひご覧になって下さい!!


【2006/12/29 14:11】 動物実験について | トラックバック(0) | コメント(5) |
動物実験からコンピューター予測評価へ!!


化学工業日報に掲載されていた記事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経産省、有害性評価の新手法開発に着手

経済産業省では、リスクトレードオフに基づく最適管理実現に向けた研究の
一環として、構造活性相関手法による有害性評価手法開発に来年度着手する。

従来の動物実験を用いた反復投与毒性試験に代わり、
化学物質の構造情報などから有害性をコンピューターで予測評価するもの。

NEDOプロジェクトとして5カ年を予定。先に明らかにした概算要求では
2億5000万円を計上した。

http://www.chemicaldaily.co.jp/news/200608/31/04101_4138.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動物を使用した毒性試験から、コンピュータ使用による方法へ。

より多くの分野で、この様なコンピューター等による代替法が進み、
犠牲となる動物が減る事を願いたいです。

(このウサギは、この実験とは関係ない実験動物です)

【2006/10/06 12:11】 動物実験について | トラックバック(0) | コメント(-) |
野生のクマたち


TBS 「最後のいっぴき物語」という番組を見ました。
見たのは途中からだったのですが、興味深い内容でした。

まずホッキョクグマ。
カナダのチャーチルという街は、季節移動の為にホッキョクグマが通過する所。
以前は見つけられれば駆除されていたそうですが、生体数も減っている
ホッキョクグマ。
駆除を避ける為、様々な取り組みがされています。

ホッキョクグマは、哺乳類動物で一番強いのでは?といわれているほど、
その体も大きく、また強い動物です。
そんな動物が街に出没するというのは、人間にとっても危険な事です。
人が襲われれば、その襲ったクマは殺される。
この悲劇を避けるべく、家々の窓には板が打ち付けられたり、玄関先に
釘が打たれた板を置いたりと、クマに襲われない様に工夫がされています。
また、街の中にクマの捕獲装置を設け、これによって捕獲したクマを、
昔の様に殺すのではなく、施設の中で飼育します。
そして、季節移動の時期になったら放したり、また観光客に見せるという
工夫が行われています。

しかしそんな中映されたのは、観光客による大量のゴミの山。
そしてそのゴミの山をあさるホッキョクグマ。
結局、人間がホッキョクグマを「入ってはいけない」人間の街に呼んでしまっている。

温暖化が進む今、氷は今までにないほどのスピードで溶け続け、
ホッキョクグマの住処はますます狭められています。
それ故、人間の住む場所に近づかざるを得ないという現状もあります。



続いて、ツキノワグマ。

まずは韓国での取り組み。
韓国では今、絶滅の危機に追いやられているツキノワグマを救うべく、
施設を建設し、大きなプロジェクトに乗り出しています。
ロシアや北朝鮮の動物園などからツキノワグマを購入し、これらが野性に帰れるように
訓練し、山に放して野生のクマを増やそうという試みです。

北朝鮮・平壌の動物園から、6頭のツキノワグマの子供がやってきました。
この施設で、この6頭のクマを野性に帰れる様に訓練を重ねます。
動物園にいた動物は、人間に馴れてしまっています。
人間に馴れてしまうと、野生に戻した際、人間を恐れずに人間に近づき、
また民家にも近づくなど、今は小熊だからいいものの、大きなクマになってからでは
これではあまりにも危険です。
なのでこの施設では、クマが人間を恐れる様に訓練を繰り返すのです。

そして森に放たれた6匹の小熊たち。

2匹は訓練の甲斐なく、登山者に近づいて餌をねだったり、民家に近づいたりと、
将来的に被害が出かねないという事で、野生に放つ事を断念。
施設に戻されました。

一番活発で元気の良かったもう一匹は、農家の人が仕掛けたイノシシの罠にかかり、
ワイヤーが肉に食い込み、手術の甲斐なく死んでしまいました。

一度人間の手の中に入った動物が、今度は人間の手から離れて野生の中で暮らす・・・
という事の厳しさが伝わってきます。

しかし、中には初めての冬、自分で穴を捜して立派に冬眠したクマもいて、
韓国ではこのプロジェクトを続けながら、野生のツキノワグマが増える様に願っています。


日本はどうでしょうか。
現在ツキノワグマは、九州では絶滅したとされ、四国・中国地方では
絶滅危惧種に指定されています。
しかし一昨年のツキノワグマの人里への大量出没では、なんと2372頭もの
ツキノワグマが殺されてしまったのです。

確かに自分の住んでいる所にツキノワグマがでたら恐いです。
殺される可能性も十分あります。まして子供の安全を考えたら、
殺さざるを得なかった状況もあったでしょう。

しかし絶滅の危機のある動物をこんなに殺してしまうのは、悲しい現実です。
かつては害鳥とされ、駆除の対象となり、そして今では日本では絶滅となって
しまったトキと同じ運命をたどりかねません。

これを解決すべく、東京農工大では、ツキノワグマに関する科学的データを集め、
人間とツキノワグマとが共存できるよう、研究を進めています。

現在この地球上で、毎日1種の生物が絶滅しているそうです。
昨日もその前の日も、私達の気付かない所で、そっと最後の一匹が姿を
消してしまったのでしょう。そして今日も明日も・・・

【2006/07/30 12:46】 動物実験について | トラックバック(0) | コメント(-) |
next→
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    09 | 2017/03 | 10
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。