Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待
 

ヤフーニュースでこの記事を見て、衝撃を受けました。
記事の概要は下記の通りです。
リング外で暴走…「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待

__________________________________


プロレス団体「ドラゴンゲート」の練習場で飼われていたニホンザルが
虐待されていた疑いが強まり、兵庫県警が動物愛護法違反容疑で
捜査していることが24日、分かった。
同団体は「虐待」を否定しているが、サルの首根っこをつかんで持ち上げる
写真を、ブログ掲載した所属レスラーに対して無期限謹慎処分とするなど
波紋が広がっている。

兵庫県警などによると、虐待が疑われるサルは、約10年前から同団体の
道場で飼育されていた雌のニホンザルで、推定年齢10歳。
「コラ」と名付けられていた。名前からして悲壮感を漂わせているが、
虐待のウワサは3月ぐらいからネット上でイッキに広まった。

同団体に所属する男性選手(21)が個人ブログで、首根っこをつかみ
「コラ」を持ち上げる画像を載せ、「暴れないように若干首を絞めております」
といった日記も添えられていた。違う日には酒を飲ませた、熱湯をかけた、
花火を向けた…という記述もあった。これが発端だった。
兵庫県警は関与が疑われる、ほか複数の選手からも事情を聴いている。

兵庫県警の調べに、「関係者は虐待の事実を否定している」(捜査関係者)が、
同団体は5月30日に自社の公式HPで「お詫びとお知らせ」を掲載。
重ねて虐待を否定したが、「誤解を招き、不快感を与えた」として当該選手の
無期限謹慎と一部役員の減俸処分を明らかにしている。

__________________________________


この件について検索してみたところ、探偵ファイルの記事を見つけました。

サル虐待を楽しむ最低のプロレス団体・ドラゴンゲート

当選手のブログ、ほかの選手のブログ、どちらももう消されているようですが、
これらの記事と画像が掲載されています。


極悪非道!ドラゴンゲートのサル虐待は日常茶飯事

このページに書かれている、当選手の記事です。

_____________________


ワタシはみんなに愛されています。 

選手に殴られます。

パイプ椅子で殴られます。
石を投げられます。

角材で殴られます。

過去一度、尖った棒が腹に突き刺さり、
心臓が見えてしまったことがあります。
それでも私は相手に噛み付いて行きました。

酒を飲まされます。 

真冬に水をかけられます。
熱湯もかけられます。 

熱湯はかなりのダメージを受け、欝になりました。
コールドスプレーを直でかけられます。でもききません。

_____________________


以上、探偵ファイルからでした。


選手によるこれらのブログ日記は、もうすべて消されてしまっているようです。
しかし、ネット上では、上記以外の日記も、例えば2ちゃんねるや、その他個人ブログで、
読むことができます。これらが本物と私は証明できないので、ここに載せませんが、
本当じゃないかと思います。
恐ろしい日記のオンパレードです。
この猿は、ニュースによると、今も生きているそうですが・・
命は落とさなかったとはいえ、精神的・肉体的にももうぼろぼろなのではないか・・
どうでしょうか。

昔、ボクサーかレスラーかが、日本か海外かで・・(記憶が曖昧すぎますが)
妻へDV、という記事を見たことがあります。

彼らのあのたくましい体、筋肉、パンチ力にキック力・・
ごく普通の、またはやせている男性とはいえ、たいていの女性は力が及びません。
それが、あの強い体で手を振るわれたら・・
想像しただけで、とてつもない恐怖です。

でも、まだ人間ならば、何かしらどこかしらに訴えるすべもあるかもしれない。
でも、動物は、何もできない。
つながれているから、逃げることもできない。
小さな子供も同じですね。
大きな力の強い大人に、暴力で向かってこられたら、
抵抗も何もできません。
"されるがまま”です。

なにしろ、団体は、この事実を認めていないわけですからね・・。
この日記に書かれていることも、事実かどうか確定していないとか・・
でも少なくとも、首を締め上げたこと、流血させたこと、浴槽で暴行を加えたこと、
は、上記の画像からも明らかでしょうね。

また、じゃあたとえこの日記が事実じゃないと言い張ったとしても、
猿を飼いつつ、こんな日記を書くって、どんな神経しているんでしょうか?
例えば皆さんが、一緒に暮らす犬や猫について、こんな日記を書いたり、
また、こんなことを想像したり・・って、信じがたいことですよね。

これから事実がきちんと解明され、該当者はしかるべき罰を受けてほしいです。
今は謹慎処分なようですが、これは犯罪行為ですからね。
一日も早い解明を願いたいです。

結局・・おもしろ半分で飼い始めたのでしょうね。
そして、都合のよい、いじめがいのある、生きたおもちゃと言ったところだったのでしょう。
彼らの目には、この猿が、「痛みや恐怖を持つ動物」として映らなかったのでしょう。
そんな人がおもしろ半分で動物を飼う、
このことがどんなに恐ろしく、おぞましいことか・・
以前も、2ちゃんねるで、猫が死ぬまで虐待される様子が、
画像とともに中継されたことがありました。

悲惨な状態で飼われている動物などいない、そう願いたい、
でも、決してそんなことはないでしょう。
悲観的と思われそうですが、例えば数多くの、劣悪な状態で動物を販売している、
そんなペットショップを目にするだけでも、
日本、そして世界中で、このような不幸な動物は多いと思います。

でも、このような状況だからこそ、発見された虐待行為に関しては、
徹底的に捜査されることを願いたいです。



よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆








スポンサーサイト
【2009/06/25 16:04】 動物虐待について | トラックバック(0) | コメント(12) |
「アートとして餓死するまで展示された犬」
  
先ほど、「アートとして餓死するまで展示された犬」についての記事を読みました。

言葉が出ないです。

こちらの記事です→目を逸らしてはならぬ事実

ぜひぜひご覧ください!!
こちら、ヤフーブログの記事でして、料理ブログの方はヤフーブログなので転載できましたが、
こちらはFC2なので、転載はできないようでして・・(そうですよね??)
ですので、上記に記事のリンクを付けさせて頂いたので、見て下さい!
ただ、内容を強調させて頂きたいので、上記ブログの説明文を、少し掲載させて頂きます。



(以下転載文です)


皆さん、「アートとして餓死するまで展示された犬」と言うのをご存知でしょうか?

それは文字通り犬をアートの材料として使い、犬という価値を失くしたのです

これは完全に「動物の愛護及び管理に関する法律」第一条と第二条、第六条、第十条に

完全に引っかかり、法律で裁くことができるのです。

動物愛護団体の皆さんにとっては許し難い出来事だと思っています

しかし展示されている期間誰も止めようとしないのです!

しかも好評だったのです!!

なんとも残酷で血も涙もない、ただ自分の快楽を満たすためだけに行った悪質な事件です

ホンジュラス(地名)で犬を繋いだまま放置し餓死して逝く様をアートとして展示したそうです

私も動物が大好きで、何度も死に様を見てきましたが、こんな死に方は酷過ぎる!!

そう痛感し、涙があふれてきました

どうか皆さん、こんな事態を招かないように多くの人に教えていただきたいと存じます

しかし、これを考えた作家はまた次の犬を探しているようです

今回の記事はみなさんで署名してボイコットしようって記事です
(できる方だけでいいですので^^


(以上転載文でした)



上記ブログには、この犬の画像も掲載されています。
とてもかわいそうです。残酷です。でも、ごらん頂きたいです。
(無惨な死体の姿・・とか、そういうものではないです、精神的につらい画像という感じです)

*なお、上記ブログには署名法も記載されていますが、
 署名が今も有効かどうかははっきりしていないようです


以前、金魚がアートとして使用されたことがありました。
これについての記事を見つけました。

(以下転載です)

一人目はデンマーク人アーティストのマルコ・エヴァリスッティ。
ミキサーの中に水を張って金魚を泳がせ「お望みならばスイッチを入れても構いません」
というメッセージとともに10台並べる。それを作品として展示。
勿論来館者が好奇心でスイッチを押すと金魚は瞬く間に細かく切り刻まれる。
彼曰く、「人々に良識との戦いをさせたかった」「見る人を生と死のジレンマに置きたかった」
とのこと。

二人目は大阪在住アーティストの桑島秀樹。同じくミキサーに金魚を泳がせてスイッチを入れ、
赤い塊が細かく水中に拡がっていく光景が写真におさめられている。
それと同時に、2,3匹の金魚が入った透明の袋、つまり金魚すくいで持ち帰る状態のものが
壁一面に吊られている。全部で200?300匹。そして大きな水槽がふたつ、大きな魚の入った
水槽と水を張っただけの空の水槽。この200?300匹の金魚は全てこの大きな魚の餌として
命を失うことになっているが、来館者に持ち帰られるか、空の水槽に移された金魚だけは
助かるというもの。


(以上転載文でした)



この犬の記事を読んだ時、この金魚のことがぱっと頭に浮かびました。
どちらも、アートとして使用された命、という意味では共通しています。

アートって・・人それぞれだと思います。
でも、特にこの犬に関して言えば、「人」がすべき事ではないというのが感想です。
人それぞれとか、個性とか、それ以前のことだと思います。

なお、犬の展示について、会場で誰もその展示を止めようとしなかったと書かれていますが、
上記ブログのコメント欄で、ある方のコメントでは少し違うことが書かれてありました。
その犬に餌をあげようとしたり、助けようとしたりする人がいたが、
主催したグループがそうさせなかった・・と。この方は、これが現状であったと書いています。
私はどちらが本当か見たわけではないのですが、
少なくとも、そのような犬を目の前にして、何も言わなかった人はいないと思います。

ただ・・もっと何かなされなかったのか??と感じるのですが・・
この様子からすると、スペインでは法律的には問題なかったのでしょうか。

アートって、人それぞれであり、奇抜なものや激しいものもありますし、
だれにでも受け入れられるものなど、あまりないと思います。
それでも、作者には彼ら自身のメッセージが込められているわけですから、
それぞれの作品はそれなりに尊重されるべきとも思いますが・・
でも、この犬に関しては・・これって、アートですか??
虐待以外の何ものでもないと思うのですが。
それよりも、この犬を助け出すことの方が、人間としてやるべき事だと思います。
アートとかなんとか、そんなこと以前の、やるべき事だと思います。

結局この犬は、その通り、餓死したそうです。

作者はその死んだ犬を見てどう思ったのでしょうか・・。
何かが達成されたと思ったのか、なんなのか・・
何だか言葉が見つからないです。



よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆









【2009/04/09 22:16】 動物虐待について | トラックバック(0) | コメント(9) |
畜産動物のカウンター
・・何ともつらいものを見てしまいました。
でもこれが現状なのですね・・。

こちらのページをご覧ください↓

http://www.all-creatures.org/anex/pig.html

海外のサイトです。
(開いた時点で残酷な画像などはないです!
 ただ、かなーり下の方へ進むと、屠殺画像などもあります。)

少し下に行くと、カウンターがあり、すごい勢いで数が増えていきます。

「Number of animals killed in the world by the meat, dairy and egg
 industries, since you opened this webpage.」

と書かれています。

「あなたがこのページを開いた時点から、
 世界中で食肉・乳・卵業で殺されている動物たちの数です。」

鶏、七面鳥、カモ、豚、牛、羊、ウサギのそれぞれの数字が表示されています。
どれもものすごい勢いで数字が増えていきます。

一番すごいのは鶏です。
ちょっとぼーっとしてたら、もう5万位突破しています。

私たち人間が、どれだけ多くの畜産動物たちの犠牲の上にあるか、
というのが、ものすごく実感出来ます。

世界中ですから、膨大な数になるのは当然でしょう。
しかし、これだけの数の命、肉が、果たしてきちんと食されているか??
そんなことはないですよね。

先進国・特に日本では、結局食べられずにゴミとなる肉も山の様でしょう。

何しろ本当に凄い数です。圧倒されます。





【2008/12/11 00:03】 動物虐待について | トラックバック(0) | コメント(4) |
猫が痛がる様子が楽しかった
横浜で、子猫を虐待したとして、42歳無職の男が動物愛護法違反容疑で
逮捕されました。

動物病院から、生後三ヶ月の子猫を譲り受け、後ろ足の爪を根元まで切る虐待を
加えたとか。この猫は保護されましたが、自力では歩けない状態。

この男の自宅からは、段ボールに入った子猫の死体も見つかったということです。

「猫が痛がる様子を見るのが楽しかった」と供述しているとか。


つくづく猫の弱さを感じてしまいます。
まして子猫ともなれば、もう手に渡った人間にされるがままですよね。
大事にされようが、痛めつけられようが、
どんな運命が待っていようと、それを受け入れざるを得ない・・・。

認めたくないけれど、やはりこういう人間がいるという現状ですよね。
猫を傷付けたり殺すことに「快感」を得る人間は存在する。
今も人目に付かないところで、虐待されている猫もいるかもしれない。

やはり、罰則をより強化すべきだと感じます。


【2007/01/17 01:29】 動物虐待について | トラックバック(0) | コメント(4) |
猫の虐殺画像を掲示板に・・
埼玉県警は20日、水戸市に住む無職の男(20)を、動物愛護法違反の疑いで
書類送検しました。

この男は4月15日、当時住んでいた東京のアパートの風呂場で、
公園で捕まえた猫を殺害。猫の頭を足で踏んだのだとか・・。
そしてこの猫の死骸を撮影し、ネット上の掲示板に画像を掲載。

「ネコは小動物に危害を加える害獣。ぼくの正義感でネコを殺した」

という文章が添えられていたそうです。

これを見た多くの人、1366人が県警に封書で訴え、事件の発覚に至ったようです。


あ?こういう虐殺事件の話を聞くと、つらすぎてどうしようもないです。

公園にいる野良猫なんて、そう簡単には捕まらない。
人懐っこい猫だったのかな・・この男も優しくこの猫に接したのかな・・
なんて想像するとたまりません。

数年前にもありましたね。
やはり男がアパートの風呂場で猫を殺す。
こちらは虐殺の様子を実況中継していました。

最初は餌をもらって安心した顔の猫。
その猫が徐々に虐待されていき、最後は血まみれになって死んでいく。
この男も正義めいたことを言っていたっけ・・・・。

全ての人が猫を見てかわいい!と思うことはない。
猫を毛嫌いする人もいるだろう。
でも、自分より遙かに力の弱い動物を捕まえて、危害を加えたり殺したりするのは、
絶対に許せない。子供への虐待と同じで、許せない。
大人と正々堂々と戦ってみろ!と言いたくなってしまう。
簡単ですからね、弱いものをいじめたりするのは。

動物や子供を虐待する犯人の中には、やはり幼い頃に彼らも同じ経験をしていた、
というケースが多いというデータがあります。
私は虐待されることなく大人になったので、そのつらさが分かりません。
無力な子供の時に、大人に虐待されるというのは、つらいことだと思います。

でも、やはりこういう事件が起きてしまったら、その都度裁かれるしかない、
と思います。
【2006/11/29 10:28】 動物虐待について | トラックバック(0) | コメント(-) |
next→
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。