Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
フカヒレのために殺されるサメの現状









cnnでやっている、地球環境特番・Planet in Perilが興味深いです。
まだ全てを見終わっていませんが、この手の内容は何度似た内容のものを見ても、
その都度衝撃を受けます。

まずはサメについての内容。
私達人間にとってのサメのイメージはやはり恐怖であると思います。
でも実際、サメに殺される人間の数は年間10人程で、
人間に殺されるサメの数は年間100,000,000匹。
あえてゼロを並べてみました。約1億です。
しかもサメに殺された人は、サメの暮らす領域に入ってしまったケースであり、
その逆ではないということです。

その目的の多くはそのヒレのため。つまりフカヒレのためです。
コスタリカから船で30時間の所に位置する、コスタリカ領ココ島。
世界中でもっとも多くのサメが生息する場所といわれており、
そのため多くの密猟者が存在しています。
表面上は静かな海。しかし海面には多くの捕獲網が張り巡らされています。
この様な場所に位置するため、密漁の監視は年に数回程度しか行われておらず、
ほぼ無法地帯。多くのサメが罠にかけられて命を落とします。

生きていれば、ヒレだけ切られてまた海へと投げ捨てられます。

この光景・・・
目に焼き付いて離れません。
生きたまま、必死の抵抗もむなしく大きなナイフでヒレを切られ、
そしてやはり“生きたまま”海に戻されるのです。

海の王者であるサメ。
堂々とした姿はそこにはなく、ただただ沈んでゆき、海底で身動きが取れず、
他の魚の餌食となるのです。

実際、この島の周辺では、海底にそんなサメの無惨な姿が多く見られました。

フカヒレ。

以前は中国の富裕層が、珍味として時々食す程度だったのが、
人々の生活の向上もあり、アジアの多くの国で、一般の人々にまで普及し、
その需要も大きくなったわけです。

以前は高級品として高額であったフカヒレも、
今では安い値段で食べられたり、バイキング料理の一品として置かれていたりするそうです。

他の魚と違い、サメのヒレ以外の部分は臭みがあり、ヒレほどの需要がないということです。
よって、ヒレだけ切り取ったら捨てるという残酷なことが行われているのです。
ヒレだけ捨ててサメそのものを食べるために捕獲するのではなく、
ヒレだけ取って、サメそのものを捨てちゃうんですからね。

こんな傲慢な行為が人間に許されるのでしょうか??

しかもフカヒレなんて嗜好品に過ぎず、これを食べなきゃどうなるって物でもないですよね。

「食べることでちょっと優雅な気分を味わう」

それくらいの物です。
もちろん私も食べたことがあります。
サメの現状など知らなかった時で、高級な中華料理店でフカヒレスープを出され、
特に美味しかった記憶はないですが、
「高級品を食べている」という優越感みたいなものがあった気がします。

そんなことを感じるために、サメが殺されるのは本当に人間の傲慢、この一言に尽きます。

サメの生息数は激減しており、もちろんこれは食物連鎖として他の魚の生息にも影響を及ぼし、
大きな環境破壊へもつながります。

消費者である私たちがフカヒレを必要とする限り、
密漁は行われ続け、
サメは無惨な姿で殺され続けます。

たまにちょっと食べる程度のフカヒレ。
ならば、食べなくてもいいですよね。

なんとかフカヒレの需要がなくなって欲しいものです。

サメは怖いイメージですが、ライオンや他のいわゆる猛獣と同じく、
近寄れば命の危険がありますが、映像で見ればとても美しい生物です。
海の中を泳ぐ姿には王者としての風格も感じられます。
サメは怖い=殺されたって仕方ない・・ということにはならないですよね。
サメの命をもっと尊重しなければいけないと思います。






スポンサーサイト
【2008/12/20 10:58】 野生動物について | トラックバック(0) | コメント(8) |
!!!フカヒレ大大反対!!!



以前も紹介しました、フカヒレについて。

高級中華材料として有名・人気のフカヒレ。

フカヒレってなんなのか知らない人も多いのではないのでしょうか。
フカヒレとは、サメのヒレのことですが、それがどのようにサメから取られるのかを
知らない人も多いでしょう。

今日National Geographicの番組で目にしたその光景は強烈でした。

船に揚げられるサメ。
前と後ろのヒレが次々とナイフで切られ、
ヒレが切られた無惨な姿のサメは、そのまま海に戻される。

ヒレが切られて戻されるサメ。
まだ生きている状態のサメも多いそうです。
もちろんヒレが切られたら泳げない。沈むだけ。
たちまち他の魚たちの餌食になってしまう。

今、フカヒレの乱獲は非常に大きな問題となっており、
この状況が続けば、サメは絶滅してしまいます。

また、海の中での生態系にも大きな問題が生じます。
サメ=人間にとって恐ろしい生物
というイメージが強いですが、サメは海の生物として、
その生態系の中で重要な位置づけになっているのです。
人間がサメばかりを死に追いやれば、その生態系は崩れ、
他の魚や生物にも大きな影響を及ぼしてしまうのです。


フカヒレ大反対!!!!!


フカヒレなんて、いわば嗜好品です。

人間が生きていくための食料として、重要な役割を果たしているのならば、
一概に反対するわけにもいかない。

でも、フカヒレは嗜好品。
高級料理店で楽しく食べられているもの。


フカヒレなんて食べなくたって、なんの問題もない!!!!!

1人でも多くの人に、フカヒレを奪われ、命も奪われ、
しかも絶滅の危機に立たされているサメの現状を知って欲しい!!!!

そして、フカヒレなんて注文することをやめて欲しい!!

海外ではフカヒレ反対の動きが大きくなってきています。

中国の有名バスケット選手や、海外のサッカー選手達が、
フカヒレを食べることを拒否し、フカヒレ捕獲の反対を訴えています。

素晴らしいことです!!
大人のみならず、たくさんの子ども達に夢を与えているスポーツ選手の言葉や行動は、
多くの人に影響を与えることでしょう!

この動きがどんどん広まり、1人でも多くの人が一日でも早くこの現状を知り、
フカヒレなんてボイコットして欲しいと思います。


需要がなければ捕獲はない!!!!

フカヒレなんて食べるの止めましょう!!!!



この番組で言われていた、

「人食いザメ」 ならぬ 「サメ食い人間」

という言い方、面白かったです。
【2007/04/08 11:59】 野生動物について | トラックバック(0) | コメント(11) |
カラスの巣


駅に行く途中の道で、国道の上を見上げたら、街路樹の中にカラスの巣を発見。
画像だと不鮮明ですが、実際に見たら、木の枝だけでなくたくさんのハンガーも
使われています。
車の通りが一日中激しいこの国道。すごいところに巣を作りましたね!

東京都のカラス対策では、この様なカラスの巣が徹底的に撤去されていきました。
それによってカラスの数は激減。

でもカラスも必死ですよね。たくさんのハンガーを見てたら楽しいのと同時に、
なんだか切なくなってしまいました。
結局人間による開発で、住処であった森の面積も減ってしまったわけだし、
本来なら木の枝で作るでしょうに、住宅地でハンガーを見つけてくる
(ベランダで盗む?ケースもあるようですが)なんて。

人間もカラスの害を免れようと必死になっているけれど、
カラスも限られた環境でなんとか生き延びるべく、子供を育てるべく、
頭を使って一生懸命生きていますね。
【2007/04/03 00:35】 野生動物について | トラックバック(0) | コメント(1) |
過去最大の象牙・密輸未遂


大阪南港で過去最多の象牙が密輸されようとしたということです。
その量なんと3トン、アフリカゾウ約130頭分。
価格は約10億円相当だとか。

象牙はワシントン条約で商取引が禁止されています。
今回の事件で、男性2人が関税法違反で逮捕されました。


以下Wikipediaに書かれていた象牙の説明より抜粋です。

.............................................................

かつて日本は最大の象牙輸入国であったが、
ワシントン条約の締結により1989年より象牙の輸入禁止措置が採られ、
事実上、世界の象牙貿易は終了した。

しかしその後、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエのゾウの個体数が
間引きが必要な規模へ急増。

1997年のワシントン条約締結国会議で、ナンバーリングを行う等の
措置を条件に貿易再開を決議。
1999年に日本向けに1度限りの条件で貿易が行われた。
南部アフリカ諸国はゾウの急増により農業被害や人的被害や見られることもあり、
引き続き貿易の継続を要望したが、一方で無制限に貿易が再開されると錯覚した密猟者がアフリカ各地で活動を活発化、混乱が生じたことから再開の目処は立たなくなった。

.............................................................


関係者によれば、不正に取引される象牙は、印鑑に加工されるケースが
殆どだということです。
現在生息数が減少しているアフリカゾウ。
ただでさえ、森林伐採・農地開発などによってゾウの生息地が奪われている中、
日本における象牙の需要は、ゾウたちをより過酷な状況に追いやっています。

印鑑には、象牙・水牛の角・チタン・木材などの素材が使われていますが、
やはり象牙の印鑑は格段に高いです。

プラスチックも多く出回っています。
印鑑にこだわりのない私としては、プラスチックでいいのに、と思ってしまいますが、
象牙の取引の現状を見ると、象牙にこだわる日本人が多いのですね。

良いものを持ちたいという気持ちは分かるけれど、それが動物の生息数をも
脅かしているとなると、それだけでは済まされないと思います。
【2007/03/09 09:18】 野生動物について | トラックバック(0) | コメント(0) |
どこがいいのかな??


何でこういうの好きな人がいるのかな・・・・・。
人の趣味や感覚はそれぞれだし、尊重されるべきかも知れないけど・・・
これは理解できない。

鹿の頭部の壁飾りとか、剥製も、私の感覚から言うと恐ろしい。

博物館等での、絶滅した動物の剥製位ならまだ分かるけど、
家の飾り様に剥製・・というのは、私には理解できない趣味です。
百歩譲って、死んだ動物を剥製にするならまだしも、
剥製やこの画像の様なラグのために、動物を捕まえて殺すのだとしたら、
もうそれは恐ろしいです。私の感覚で言うと。

こういう頭付きのラグを飾りたいのはどうしてでしょうか。
高級感を出す為?
それとも、普通だったらかなわない動物を服従させた気分、
なんていうのもあるのだろうか。

最近、牛の皮のラグを床に広げている店をよく見かけるのですが・・
あれも私に言わせれば悪趣味です。
いかにも仔牛の皮、なんていうのもあったし。
牛の場合は、皮目的と言うよりも、肉用に殺された牛の皮を
有効活用している、という形になるのだろうけれど、
それにしても動物の皮を飾りに使う、しかも床に広げるなんて、
私にはどうしても気持ち悪くて、そんな店は速攻出てしまうのです。


【2007/02/17 12:14】 野生動物について | トラックバック(0) | コメント(4) |
next→
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。