Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
エサやりでオランウータン死亡・天王寺動物園
081223







ヤフーニュースで記事のタイトルを見た時、どういう事?と思いました。
頭をよぎったのは、やはり動物園の猿が入場者からのエサで太りすぎて、
メタボなんて呼ばれてたことです。
・・でもまさかエサやりで死にまで至るなんて。

大阪の天王寺動物園では、以前から入場者のオランウータンへのエサやりが、
問題になっていたそうです。
去年の夏、当時飼育されていたオスのオランウータンが、
やはり入場者から与えられた菓子類により虫歯となり、なんとそれが原因で死亡・・。
その後、檻の前に看板を設置して注意喚起したものの、あまり効果がなかったようです。
また、このような問題は他の動物園でもあるのだとか。

現在飼育されている雌のオランウータン・モモコは、人工保育で育てられたために人なつっこく、
屋外展示場に出すと客に手を伸ばして菓子をねだるそうです。
このモモコの夫であったのが、昨年死んでしまったオランウータン・サブ。
やはり人工保育で育ち、人に馴れており、客からの菓子を食べ過ぎて虫歯、
歯から細菌が入ったことにより肺炎となり、命を落としたそうです。

世界的に見ても生息数が減少し、レッドリストにも掲載されているオランウータン。
そのため各動物園でも繁殖に力を注いでいるようです。
サブとモモコの間にも子供が期待されていました。お互い仲良くなるのに時間がかかり、
10年をかけてやっと手をつなぐ関係になった所だったとか。

現在はモモコは屋外展示を止め、他のメスを置いているそうですが、
このメスも既に虫歯だらけとか。

看板での注意喚起もあまり意味がなく、直接注意しても「何が悪いんだ」と怒る客もいるとか・・

天王寺動物園の宮下実園長の言葉です。

「『自分1人くらいいいじゃないか』と思いがちだが、入場者が多ければそれが何倍にもなる。
人間のエサが動物の健康を害し、『かわいいから』との思いが動物の死につながる可能性が
あることを知ってほしい」



・・という内容の記事でした。



下記はWWFのHPに書かれていたオランウータンの現状です。

マレー語で「森の住人」という名を持つオランウータン。
オランウータンは、ボルネオ(カリマンタン)島とスマトラ島の、
豊かな熱帯の林にだけに生息している大型類人猿です。
オランウータンは現在、生息地である熱帯の森の急速な消失によって、
絶滅の危機に瀕しています。  
オランウータンの個体数は、過去100年の間に、
およそ90%以上も減少したと見られています。
その主な原因は、違法伐採や農地開拓などによる生息地の減少。
また、ペットにすることを目的とした、違法な密猟や密輸なども大きな脅威です。

 WWFはこれまで、インドネシア、およびマレーシアで、オランウータンの保護活動を、
地元の人々と協力をしながら行なってきました。
その活動は、現在残るオランウータンの生息地を結びつけ回復させる「回廊」造りや、
政府機関に対する新しい保護区の設立要請、そして、密猟や密輸の防止活動など、
多岐にわたります。

オランウータンを保護することは、生息地である豊かな熱帯の森と、
そこに生息するさらに多くの野生生物を守ることにつながります。
WWFは、熱帯林の自然を広く保全する取り組みの一環として、
オランウータンの保護活動に取り組んでいます。


以上です。



動物園は、野生の状態と違い、限られた狭く不自然な空間であり、しかも人前に「展示」される。

でも、でも、少なくとも「森林伐採・農地開拓・密猟・密輸」といったことからは
オランウータンを守ることが出来る、“命”はせめて守ることが出来る、

そういう場所じゃないんですか???

「何が悪いんだ?」なんて言ってる客は本当にダメな人だと思います。

エサをやる→オランウータンがそれを食べる→満足感を得る

で、それが及ぼすオランウータンへの、命にも関わる様な影響については考えない。
看板に書かれている注意書きにも目を向けない。
深刻なこと・マイナスなことには目を向けず、
ただただ自分が動物園に来て満足出来ればいい。
全く“浅はか”の一言に尽きます。

でも、私は動物園側にも問題があると思います。
結局、そんなど素人の浅はかな客が多い、これは十分承知しているはずです。
看板を置いたって注意したってエサをやる人がいる、
この現状を一番見ているのも動物園の職員だと思います。
そして、オランウータンを飼育する人ならオランウータンのプロであるはずですから、
本来野生のオランウータンが食べるべきではないものを食べれば、
虫歯を招くことなど予測出来ると思います。

ならば、展示とか客なんかより、オランウータンの命を最優先するべく、
浅はかな客がなくならないのならば、何が何でも、オランウータンを守るべきであり、
この場合なら、即刻展示を止めるべきではなかったのでしょうか。

絶滅の危機にさらされ、そのオランウータンたちの命を一つでも守ろうと、
必死で地道に活動している人たちがいるというのに、
こんな状況をその人たちが見たら・知ったらどう思うのか???

動物園は、オランウータンの繁殖に力を入れるんだったら、
問題な客が減らないなら展示を止めるべきだと思います。
この不況の中、展示しなければ客足が伸びずに大変でしょう。
それこそ動物園の存続危機ともなれば、動物に被害が及びかねないかも知れない。

でも、でも、客からの菓子なんかで貴重な動物が死んでしまうなんて、
そんなこと絶対にあってはいけない!!と強く思うのです。

それにしても、いかに人々の動物に対する意識が低いかということを思い知らされます。

お菓子をあげる→動物が喜ぶ→自分も嬉しい

これだけで幸せな気分になっちゃうんですからね・・
その上、「自分は動物にいいことをしてあげた」なんて思う人もいるかも知れません。

先の事なんて考えないわけです。

そして園長の言われているとおり、
ダメと分かっていても、自分一人位・・と思う人もいるのでしょう。
でも実際、一人じゃなくて、そんな人が山ほどいるわけです。

様々な動物が絶滅の危機にさらされつつある今、
そんな動物を動物園に置くならば、当然ですが動物のことを第一に考え、
命を尊重しなければいけないと思います。
もちろん、絶滅の危機にさらされる動物だけに限ったことではありませんが。


*画像と記事とは関係ありません。




よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ





スポンサーサイト
【2008/12/24 11:17】 絶滅危機動物について | トラックバック(0) | コメント(2) |
サメの悲劇


サメといえば怖いイメージが真っ先に浮かぶと思います。
ジョーズなどの映画も有名ですしね。

でも実際、多くのサメが絶滅の危機に瀕しています。

画像のサメは、釣り針が引っ掛かってしまっています。
同じような水鳥や鳩の映像を見たこともあります。
釣りをした後にきちんと片づけず、釣り針や網を放っておいたり海や川に
捨ててしまう無神経な人達によって、この様な悲劇が起きてしまう。
一度被害に遭ってしまったら、人間の手を加えない限り、
自らその針を抜いたり網をほどくことは出来ないでしょう。

これによって多くのサメが命を落としています。

そして、高級食材とされる「フカヒレ」も、サメが絶滅危機に瀕する
大きな原因となっています。

ヒレの為に多くのサメが捕獲されており、ヒレだけ切り取ってサメは海に捨てる
といった残酷なやり方もあります。
・・当然ヒレがなければ泳げませんよね。

大変興味深いサイトを発見しました!
サメの保護について詳しく書かれています。

こちらです→サメの絶滅の危機

こんなにたくさん法律があったんだ・・世界はこんなに動いていたんだ・・
と驚きました。
フカヒレについて言えば・・・

03年7月 EUが、フカヒレを目的にしたサメ漁を禁止するとを発表。
03年9月 ポリネシア、フカヒレ漁が禁止の方向に向かっていると発表。
03年9月 パラオ政府が、フカヒレ量禁止区域を設ける。
03年12月 サモア諸島が、フカヒレ漁・フカヒレの陸揚げ禁止の決定を発表。

多くの日本人にとって、フカヒレ=高級食材といったイメージしかないと思います。
実際、世界の国々ではサメの保護に向かって動き始めているわけですね。

サメと言えば、人が殺されたなどというニュースが聞かれたりと、
凶暴なイメージもあるかも知れません。

でもしかし、私達人間はいつの間にかそんなサメたちを、絶滅の危機へと
追いやってしまっていたわけです。

【2006/11/24 15:45】 絶滅危機動物について | トラックバック(0) | コメント(-) |
大型類人猿の悲劇・私達が出来る事



遺伝的に人間に近い大型類人猿たち。

アフリカに生息するチンパンジー、ゴリラ、ボノボ。
そして、以前はアジアに広く生息していたものの、現在ではインドネシアの
スマトラ島とボルネオ島のみに生息しているオランウータン。

これら4種とも、森林伐採・農地開発により住処を奪われ、
ペット用や動物実験用にと密猟され続けた事により、
その生息数は減少し、絶滅の危機に直面しています。

ヤフーニュースに、オランウータンの記事が掲載されていました。

密輸先のタイで違法に飼育されていたオランウータン48頭が22日、
インドネシアに里帰りしたということです。
9月下旬に送還される予定でしたが、タイのクーデターで延期されていました。
ようやく故郷であるボルネオ島の保護センターに送られたとの事。

ただでさえ絶滅の危機にあるオランウータン。
しかし今年、インドネシアで違法な野焼きが原因で森林火災が広がり、
それによる火災と煙害で、なんと少なくとも1000頭が死亡したそうです。

・・全く言葉が出ません。

以前、チンパンジーの保護施設をドキュメンタリー番組で見ました。
職員の人達による、温かくそして行き届いた世話と管理。
素晴らしい保護施設だと感じました。

しかし、やはりチンパンジーにとって一番幸せ・・というか、
一番あるべき姿は、人とは離れた自分たちの世界で暮らす事。

なのにその場所が私達人間の手によってどんどん壊されていってしまう。
木材大量消費国の日本も、この様な貴重な動物達の住処を奪っている事の
手助けをしているのでしょう。

人によってなされるがままの動物達。
私達がしっかりと意識を持たないと状況は悪化するばかりです。

でも問題はかなり複雑なんですよね。。
以前アフリカの番組を見ましたが、市場でゴリラやチンパンジーがペットや
食肉として取引されていました。
彼らにしたら、この様な動物を食べるのは昔からの習慣だという事。
森林伐採をしているのは自分たちではなくヨーロッパ人であると訴えていました。
また、生きていく為に動物に頼らなければならない人もたくさんいる。
アフリカの経済状況を考えたら、そういう人達をなかなか非難も出来ない。

でも、日本しかりヨーロッパしかり、先進国の行いが動物達の悲劇を
招いている事は確かだと思います。

私はこの様な現状を知ってから、日本で大量に使用・破棄されていく
割り箸や楊枝に疑問を持っています。
そして今では極力使用しない様にしています。

韓国では、環境問題を考慮し、店では鉄の箸を使用、木の割り箸を置く店には
罰金が科せられるとの事。
楊枝は木ではなく、じゃがいものでんぷんで出来たものが使われていました。
進んでいますね・・韓国は。

日本もこの様な取り組みがすぐにでも必要だと感じます。
国や企業がこのことに気付かず、変化をもたらさないのであれば、
私達1人1人が意識して行動していくしかないですね。

割り箸一本なんて、大したことない様な気がしますよね。しかし・・
日本での割り箸の消費量は、ここ10年で約250億膳だそうです!!!
1人あたり年間200膳使っているという計算に・・・。

250億膳って見当が付かないのですが、
相当の木が使用されたことには間違いないですよね。

そういえば、ミニストップでは、割り箸の一部有料化を始めているそうです!
嬉しい取り組みだと思います!!

【2006/11/23 09:58】 絶滅危機動物について | トラックバック(0) | コメント(-) |
沖縄のジュゴン


人魚のモデルと言われてきたジュゴン。
世界中のジュゴンのうち、その多くはオーストラリアに生息しますが、
北限の生息地と言われているのが沖縄です。
以前は九州でも見られたようですが、現在は沖縄のみ。
しかもその生息数は50頭以下!まさに危機的な状況です。
オーストラリアではジュゴンの保護策が色々ととられているようですが、
沖縄のジュゴンは大きな問題に直面しています。

米軍普天間基地の移転問題。
その移転先が、ジュゴンの生息地である珊瑚礁上に計画されているのです。
国連など、世界も日本政府にジュゴンの保護策を検討する様要請しています。
もしこの計画が実現してしまえば、ただでさえ危機的状況にあるジュゴンは、
本当に沖縄から姿を消してしまうかもしれません・・。

ただでさえ困難が多いジュゴン。沿岸に生息するため、ボートのスクリューに
巻き込まれる、漁網に絡まって窒息死するなどの事故が多かったり、
開発によって生息地が分断されたり奪われたりしています。

この地球は人間の物だけではないということ。
人間は他の動物を支配するだけの力を持ち合わせてしまっているけれど、
その力を強行してはいけないはずです。
既に狭められたその生息地で、危険と隣り合わせで生きているジュゴン。
これ以上その生息地を奪ってはいけないと思います。
【2005/09/04 09:46】 絶滅危機動物について | トラックバック(0) | コメント(-) |
タツノオトシゴ


テレビ番組「素敵な宇宙船地球号」でタツノオトシゴが取り上げられていました。

タツノオトシゴ・・海馬。sea horse。
フィリピンの美しい珊瑚礁に生息するタツノオトシゴと、これを守るプロジェクトチーム。

タツノオトシゴは古くから中国で強壮剤として重宝されています。
その為にフィリピンでも多くが捕獲され続け、その数は激減し、ワシントン条約で規制される
までになっています。しかしそれでも密猟は続きます。
動くのが遅いタツノオトシゴは簡単に捕まえられてしまうのです。

日本ではタツノオトシゴに関する規制がないので、密猟されるタツノオトシゴは日本にも多く
やってきたり使われたりしているのでしょう。
栄養ドリンクにも使われているそうです。原材料名に「海馬」と書かれています。

このプロジェクトチームに関わる高校生の女の子。彼女はタツノオトシゴを守るために、
そしてこの現状を多くの人に知ってもらうために、精力的に活動しています。

この番組HPのバックナンバーで、映像を少し見ることが出来ます。
素敵な宇宙船地球号
【2005/07/20 22:00】 絶滅危機動物について | トラックバック(0) | コメント(-) |
next→
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。