Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
動物園のゾウは野生より短命
動物園のゾウは野生より短命








ヤフーニュースに掲載されていた記事です。

サイエンス誌に発表された記事によると、欧州の動物園の象と国立公園などの
野生に近い象・計4500頭で調査した結果、メスを分析した所、

○アフリカゾウの寿命が、
 動物園生まれが16.9年、野生は56.0年。

○アジアゾウの寿命が、
 動物園生まれが18.9年、放し飼いは41.7年。

○アフリカゾウの大人のメスの死ぬ確率は動物園の方が野生より2.8倍高い。

○アジアゾウの妊娠率は動物園生まれの方が放し飼いのほぼ半分。

飼育されている動物の方が、管理が行き届いて野生より寿命が長い傾向にあるようですが、
ゾウの場合は逆だということです。

野生のゾウの行動範囲は数百キロに及ぶため、神経質でストレスに弱いゾウは、
動物園の閉鎖空間や、動物園への搬送といったことがストレスとなり、
これが短命を招いたり、肥満により母性の喪失にもつながるのだとか。


・・という内容の記事でした。
寿命の差、すごいですね。数年位なら何とも言えませんが、
2倍・3倍という差ですから、対処が必要だと思います。

ただ対処といっても、動物園がどんなに工夫しても、
数百キロなんて空間作れないですしね。
最近では動物を檻に閉じこめるのではなく、野生に近い環境で、
広々とした空間を作る動物園が増えていますが、
それでもゾウ、ゾウだけに限らないと思いますが、そんな動物たちにしたら、
つらい環境なのかも知れません。
たとえ私たちの目からはのびのび暮らしている様に見えても・・

テレビで目にする野生のゾウたちは、いくつかの家族と一緒に群れとなり、
広い範囲を行動して歩きます。
妊娠したゾウや生まれたばかりの赤ちゃんゾウをみんなで守り合ったり、
子供のゾウ同士での遊びや喧嘩があったり。

動物園で見るゾウは、そんな野生のゾウにしたら驚くほど狭い空間の中で、
ゆっくりとうろうろしているだけです。一つの動物園にそんなにたくさんのゾウもいないですしね。

正直、テレビで見るゾウの方がよっぽど自然なのです。


でも他の動物が、野生と比べて寿命が長いと書かれていましたが、
長ければ良いというわけでもないと思います。

昨年行ったとある動物園。
トラを見てショックを受けました。
一見、広さもあって木々が生い茂り、自然に近い様な環境で飼育されている様にも見えます。
でも、トラはその飼育場所の中を、ずーーーっとぐるぐると円を描く様に歩き続けているのです。
悲しい光景でした。

群れをなすライオンと違い、単独行動のトラ。
人目にさらされることも、彼らにとっては不自然でストレスとなるのではないでしょうか。

毎日十分な餌は与えられたとしても、それだけでいいのだろうか・・

やはりトラにしても、アニマルプラネットなんかで見るトラの方がよっぽど魅力的なのです。


今では種の保存・繁殖といったことも動物園の目的の一つとなっていますが、
私は動物園に置く動物は、この様な目的のためだけで十分だと思います。
傷ついたり保護された野生動物のための場所であってもいいと思います。

よほど工夫され、動物に全くストレスが見られない環境ならばよいですが、
あまりにも本来の生育環境とかけ離れていたり、
まして動物にストレスがはっきりと見られる様ならば、
動物を動物園に置く目的はないのではないでしょうか。
子供に動物の本当の姿を見せるため?
確かにテレビで見るよりも、本物のゾウやライオンを見て、
その大きさや迫力を実感したいでしょう。
でも、そのために動物がつらい生涯を送るのでは言語道断です。

実際私は小学校の時に遠足で行った動物園で、檻の中のライオンを見てショックを受け、
そのことを作文に書きました。

実際に劣ることはもちろんですが、最近ではテレビの画面も大きいですし、
映像もきれいだし、野生のトラが狩りをしたり、ゾウの家族が広い大地を移動したり、
テレビでそんな姿を見せる方が、よっぽど動物の魅力が伝わるのではないかと感じます。


私も自分の子供を動物園に連れて行くでしょうが、
まぁよほど小さいうちは細かく言わないでしょうが、色々理解できるようになってきたら、
野生の動物の姿を説明したいし、テレビでその姿を見せたいと思います。


よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ


スポンサーサイト
【2008/12/16 09:46】 スポーツ・娯楽について | トラックバック(0) | コメント(5) |
ハイラックス


前に行った動物園での画像です。
ハイラックスが二匹、寄り添っていました。

ハイラックスと聞いてまず思い浮かぶのが、数年前にテレビで見た映像。
とあるペット業者が、動物の密輸で逮捕された際、その動物達が映されていました。
一匹づつケージに入れられた、アライグマ・猿・ミーアキャット等々。
どの動物もケージの中でもがいている中、なぜか穏やかにケージの中に座っていたのが、
ハイラックスでした。穏やかだからこそ、何だか切なくて印象に残っていたのです。

その後、アニマルプラネットで見たハイラックス特集。
ハイラックスは、アフリカ・サバンナの岩場に住んでいます。
たくさんの群れの中で過ごし、岩の上で気持ちよさそうに日向ぼっこしていました。
そんなハイラックスを狙う、大きな鳥たち。
鳥が近づくと、一目散に穴場に隠れていきます。


野生とはほど遠い、ここ日本での動物園の中での生活。
天敵に狙われることもなく、餌も毎日与えてもらえる。
でも、だから幸せと言えるでしょうか?
・・というか、どっちが幸せかというよりも、
やはり本来の場所で動物は暮らすべきだと感じます。

【2007/02/04 01:37】 スポーツ・娯楽について | トラックバック(0) | コメント(0) |
広島ドッグパークについての社説
中国新聞の社説「ひろしまドッグぱーく 悲惨な事態の背景探れ

こちらの記事、興味深いことが書かれていますのでぜひご覧下さい!
行政に対応について書かれています。

動物愛護団体・アークエンジェルズは、市民からの通報を受け、9月にドッグパークへ出向き、
やせ細ったり病気になった500匹ほどの犬たちを保護し、そしてその際、
多くの犬の死骸も見つけられました。

しかし一体なぜ、こんな事態になってしまったのか。
なぜ多くの犬が死に至り、また、こんなにもたくさんの犬が餓死寸前の状態になるまで、
事態は放っておかれたのか??

広島市は今年の4月に、衛生面に問題があるからと、このドッグパークに指導していました。
しかし事態は改善されなかった。また、業者に立ち入りを拒まれた場所もあり、
全ての犬の状態を確認することも出来ていなかった・・・
つまり、健康状態の悪かった犬が300匹近くいたのを把握できていなかったのです。

この点に関して、市は落ち度を認めているようですが・・
結果的にはたくさんの犬が死んでしまったわけです。

もっと強く踏み込めなかったのだろうか。
もっと強く指導できなかったのか。
全ての犬を確認すべく、全ての場所を何とか検査することが出来なかったのか。

この記事では、市の権限の強化の必要性を訴えています。
権限を適切に実行に移せたならば、これほど悲惨な自体にはならなかったのでは・・
と思ってしまうのです。

「七月に業者から市に二百匹を引き取ってほしいと要請があったのを断った点にも
問題があった。愛護団体などと連携がスムーズにできていれば、という思いも募る。」

この言葉にも納得です。
市で行う仕事にも限りがあると思いますが、愛護団体ともっと早く連携が取れていたなら、
アークエンジェルズが今回行った様な、犬の保護や里親探しといった行動もより早く取れ、
犠牲となる犬の数も格段に減ったと思います。

過ぎたことではあるけれど、今回のアークエンジェルズ・すなわち動物愛護団体の活動は
世間に知れたと思いますし、これによって行政も今後この様なことが起きた際には、
動物愛護団体と連絡を取りながら、一刻でも早く動物が救える様になったらと思います。
【2006/12/13 18:17】 スポーツ・娯楽について | トラックバック(0) | コメント(0) |
ふれあい広場のウサギたち


再び動物園です。

私が行ったのはもう夕方で、ウサギやハムスターとのふれあい広場は
もう閉まっていました。
ちょうど飼育員の人が、最後のウサギがなかなか捕まらなくて追いかけていました。

このふれあい広場の横で、ここで使われているウサギたちがケージに入っていました。

ふれあい広場ってどうなんでしょう。
私が今まで見てきたのは、何だか動物がかわいそうとしか言えないものはかりで、
どうも良いイメージがありません。

そんなに人懐っこいウサギやハムスターなんていなそうだし、
限られたスペースの中に置かれて、人が捕まえて触ってくるなんて、
一見微笑ましい光景なのかも知れないけれど、動物にしたら恐怖ではないでしょうか。

うちの猫・フジは人が大好きで、誰かが遊びに来ればすぐに寄っていって、
だかれるとゴロゴロと喉をならすけれど、あまり長く構うと逃げたがったりするし、
噛みつこうとしたりします。

うさぎやハムスターはそんなに強くないから、人間のされるがままなのでしょうか。
よっぽど抱き方が上手い人の腕の中で、気持ちよいと感じることもあるかも知れないけど、
決していつでも人の腕の中にいたいなんて思いませんよね。

お客さんで賑わっていたりしたら、たくさんの人に触られるのだろうな・・。
かといって、お客さんが少ないと、採算が取れなくて置いてもらえなくなるのだろうか・・。

・・なんて、マイナスなことばかり考えてしまいました。
【2006/12/10 16:52】 スポーツ・娯楽について | トラックバック(0) | コメント(0) |
アライグマ


以前の動物園の記事の続きです。
この前はミーアキャットでしたが、その近くにアライグマがいました。
・・そういえばこんなに間近でアライグマを見たのは初めてです。
かわいいけれど、爪も鋭く、かなり大きいし、やはりペットとして飼育するには
大変ですね。(だったらアメリカから輸入するな!と言いたいですが、遅いです・・)

これがあのアライグマか・・
全国で飼い主に捨てられ、繁殖し、今は駆除の対象となっている。
また、毛皮としても人気のアライグマ。
PETAで見た、中国でアライグマの毛皮が剥がされる映像は忘れられません。
毛皮が剥がされて肉だけとなっても、なんと動いていました・・・。

ここのアライグマたちは、名前も付けられて可愛がられている様子で、
駆除されることもなければ、毛皮を剥がされることもないでしょう。

でも、アメリカの大地で自然に暮らしている方がよっぽど幸せというか
自然ですよね。彼らにとっては・・・。
【2006/12/09 13:53】 スポーツ・娯楽について | トラックバック(0) | コメント(0) |
next→
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。