Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
岡山県動物愛護センター
以下、Yahoo!ニュースの記事です。

******************************************************

動物愛護センター:動物愛護の拠点に
人との共生に期待??開所記念式典 /岡山

人と動物が共存できる地域社会を目指して1日にオープンした県動物愛護センター(谷口昇平所長、岡山市御津伊田)で20日、開所記念式典があった。石井正弘知事ら約80人が出席。石井知事は「少子高齢化、核家族化の中で、人と動物の共生は大きな課題。県の動物愛護の拠点として、地域の皆さんに愛される施設になってほしい」とあいさつした。

センターは03年度に着工。約8ヘクタールの敷地には、これまで県内9カ所の保健所が実施していた野犬などの保護・収容を一元化した「保護棟」▽動物の飼い方に関する本を閲覧できる「図書コーナー」▽しつけ方教室など動物との実習に使用する「ふれあいステージ」――などが整備されている。総事業費は約25億円。式典後はフリスビードッグによるデモンストレーションや、動物ふれあい体験もあった。

センターでは新たな試みとして、動物の命を大切にし、きちんと飼ってもらうため、従来の保健所ではできなかった犬、猫の譲渡を制度化した。

病気にかかっていない子犬や子猫を中心に飼い主を募集。希望者がある程度集まった段階で、しつけ方教室や飼い方の講習会を実施し譲渡する。

******************************************************

以上記事でした。
日本中で毎日毎日殺され続ける犬と猫。殺すための装置・管理費等はかなりの金額になるようですが、私達が税金としてその費用を支払っているのです。実際に装置のスイッチを押すのは施設の方々ですが、私達一人一人が毎日たくさんの犬や猫を殺していると考えられると思います。
今回、総事業費25億円ということで、大変な金額ですが、これが犬や猫にとって有意義な方向で使われるのであれば、素晴らしい税金の使い方ではないでしょうか。

?従来の保健所ではできなかった犬、猫の譲渡を制度化
?病気にかかっていない子犬や子猫を中心に飼い主を募集
?希望者がある程度集まった段階で、しつけ方教室や飼い方の講 習会を実施し譲渡する。

まさに全国で行って欲しい、理想的な取り組みであると思います。
やはり需要があるのは健康な子犬や子猫でしょうが、これでさらに、病気を持っていたり、成犬・成猫であっても飼い主が見つかるようになったら嬉しいですね。
しつけ方・飼い方教室も必要なことだと思います。犬や猫の生態、また飼う上での基本的な知識が抜けている状態で飼い始めると、再び保健所に持ち込まれる・・といった悲劇も招きかねないと思います。
犬が鳴くからやだ・猫が引っ掻くからやだ・大型犬は大変だからやだ・・・など、飼い始めてから気付く飼い主も多いのです。これでは動物達が悲惨すぎます。

このような取り組みが各地で広がり、とにかく多すぎる犬・猫の殺処分数が減ることを祈りたいです。
スポンサーサイト
【2005/04/21 13:03】 犬猫殺処分について | トラックバック(0) | コメント(-) |
動物の「クリック射撃」ゲーム
以下、japan.internet.comの記事です。

*************************************************

米下院議員、「クリック射撃」を禁じる法案を提出

米下院議員の Tom Davis 氏 (共和党、バージニア州選出) が、論争となっているインターネットを介した遠隔ハンティングの禁止に向けて動いている。動物愛護団体の Humane Society と狩猟擁護団体の Safari Club International という、日ごろは敵対関係にある2つのグループも、ともに Davis 氏の支持を表明している。

Davis 氏が問題視している遠隔ハンティングとは、遠隔地にいるユーザーが、Web サイトを通じて狩猟現場に設置したライフルを操作し、生きた動物を撃てるようにする行為だ。Davis 氏は12日、これを禁じる法案を米国議会に提出した。

対する遠隔ハンティングの支持者たちは、この行為は障害者の狩猟を可能にするためのものだと擁護している。

「ポインタを当てて、クリックして、殺すなどという行為を可能にする必要がどこにある? これはスポーツでも、真の意味での『狩猟』でもなく、とうてい容認できるものではない」と Davis 氏は声明の中で述べている。

Davis 氏の法案が成立すれば、オンラインハンティングを実施した者には最高5年の拘禁刑を科すことが可能になる。

先週末には、確認できるかぎりで最初の遠隔ハンティングがテキサス州で実施された。インディアナ州在住の四肢に障害を持つ人物が、1300ドルを支払い、サンアントニオ郊外の放牧場に設置した本物の高性能狩猟用ライフルを発射した。この日のハンティングは不調で、撃たれた動物はいなかった。

遠隔ハンティングを禁じる法案は現在、テキサス州議会でも審議中で、その他10あまりの州でも同様の法案がすでに可決または審議中となっている。

だが、こうした狩猟は州や、ときには国をまたいで実施しうることから、米国でのオンラインハンティングを完全に禁止するためには、連邦法の制定が必要だと Davis 氏は考えている。

*************************************************

以上記事でした。
・・すごいゲームが思い付かれるものですね。
英語では“Desktop Hunting”と呼ばれているようです。
支持者達は、障害者の狩猟を可能にするため・・との理由で擁護しているようですが、これでは明らかに動物にとってフェアでないと思います。
(画像や映像を見ていないので、実際の様子が目に浮かばないのですが)
UFOキャッチャーで使われていた伊勢エビを思い出してしまいます。
【2005/04/15 13:18】 スポーツ・娯楽について | トラックバック(0) | コメント(-) |
頂いたメールから
頂いたメールのご紹介と、私が書いた返信文です。

***********************************************

こんにちは!!
あたしは前々から動物実験や虐待などの事を結構知っていてとっても腹立ってました。てか、今も腹立ってますけど・・・。
動物実験で化粧品ができているとか、毛皮がどんな風に作られているとか、畜産動物はどんな扱いされてるとか、かわいそうな動物がどんだけいるとか皆知らなさ過ぎると思います。
あたしもぶっちゃけ毛皮とか雑誌で見てかわいいとかほしいとか思いました。でも毛皮ができるまでを知った時、自分を殴りたくなりました。この事実を知ってからあたしは、街で毛皮着て得意気に歩いてる人見るとちょっと軽蔑した目で見ちゃいますp(´^`)q
もちろん、あたしには着ている毛皮が本物かどうかなんてわかんないですけど・・・。
やっぱり人間は動物を「物」としか思ってない人がほとんどだなと思いました。

「animal heart」の探偵ファイルさんのページを見た時本当に人間以上に馬鹿な生き物っていないんぢゃないかってくらい唖然としました。動物を1週間も餌を与えないで放置すれば餓死してしまうのは当たり前。誰でもしってるし「餌を与えないと死ぬなんて聞いてない」なんて失礼ですけどその方は動物を飼う資格なんてないし、飼われた方はたまりません。ペットショップ全部が全部そうぢゃないと思うけど、ペットショップの裏側を知ったら皆はどう思うんでしょうか?動物実験の画像や毛皮ができるまでの画像を見た人はどう思うんでしょうか?「気持ち悪い!!」とか思ってくれればまだましだと思います。何にも思わない人やそんなん関係ないとか思う人、あたしは怖いと思います。やっと「動物愛護法」ができてよかったと思っています!!逆にこんな法律本当はあっちゃいけないはずなんですけど、こんな世の中だからあって当たり前なんでしょうか。それ思うと悲しくなります。゜(゜*´Д⊂
だからあたしはご飯の時とか豚肉や牛肉や鶏肉、魚とにかく肉類でてきたら本当に感謝して食べるようにしています。(これも当たり前ですがww)

3年の1学期くらいに「豚の解剖」とかしました。理科の先生は「すごく豚に感謝して解剖しろ。」って言ってました。ですが、正直言ってその解剖で得た物は何1つありませんでした。3クラスあるから合計3頭の豚が亡くなりました↓↓豚の解剖図なんて教科書や本を見れば載ってますし。悲しいですけど、解剖中皆「楽しんでる」ようにあたしには見えました。それは実験などのサイトで見る実験者が「笑い」ながら実験してるあの笑い方と同じと思ったらゾっとします。

ちなみに今中3で春から多分高校生でつ(笑)もっとたくさんの人に知ってもらえる事が1匹でも多くの動物を助ける事になるなら、たくさんの人に「事実」を知ってもらいたいと思います!!
それではここまで読んで下さって本当にありがとうございます!!
長文、乱文失礼しましたぁ(*´Д`)ノ

***********************************************

メールありがとうございました。

> 動物実験で化粧品ができているとか、毛皮がどんな風に作られているとか、畜産動物はどんな扱いされてるとか、かわいそうな動物がどんだけいるとか皆知らなさ過ぎると思います。

そうですね・・特に日本では、このような現状を知らない人は多いと思います。私も5年程前に知ったのですが、それまでは動物の犠牲について何も知らずに毎日を過ごしていました。事実を知った時、私たち人間の生活はなんてたくさんの動物の犠牲によって成り立っているのだろうと驚きました・・。必要な犠牲もあるでしょう。でも現状を見てみれば、明らかに無駄な死・・犠牲が多すぎますよね。動物実験なんて行わなくても化粧品は生産できるし、日本のような国で毛皮は無くても生活できます。畜産動物にしても、大量生産・消費・・そして破棄という状態の中、工場畜産で大量の動物が毎日屠殺されています。保健所もそうですし、ペットブームの裏側を見ても動物の犠牲は多いですよね。
日本だけでも、毎日人間によって殺される動物の数は莫大ですが、その現状に気付いていない人が殆どだと思います。私も全てを知っているわけではないですしね。

あと問題としては、日本ではこのような現状に気付く機会があまり無いということです。米国等のように、大きな動物愛護団体もないし、有名人が声を挙げる・・ということもないですしね。
私は偶然動物実験の写真集を図書館で目にして、色々な問題に気付いたのですが、本当に偶然のことでしたしね。○○さんは、何がきっかけで動物の問題を知ったのですか?

問題を改善していくのに一番大事なことは「現状を知る」事ですからね。現状が分からなければ行動に移すことも出来ません。

私も何か行動をしているわけではないのですが、とにかく今のHPを通して、多くの人に動物の現状を知って貰えたらと思っています。それについて個人個人がどう思うか、それは分かりませんが、どう思うにしろ、とにかく知ることが大事だと思っています。

・・・話は変わりますが、豚の解剖ってすごいですね・・初めて聞きました!私は高校の時、ネズミの解剖をやらされました。なんとペアで1匹づつネズミが与えられたんです・・40人程のクラスでしたから、一クラスで20匹程のネズミを使っていたわけです。学年全体だと本当に山程のネズミですよね。私は当時、ネズミを見ることも恐くて、まして解剖なんて全然出来ませんでした。何でこんな事をやらなきゃいけないんだろうと、本当につらい思いでした。

豚って、子豚を使ったんですか?普通の豚だとしたら巨大ですよね・・。死んだばかりの豚を使ったんでしょうか?

本当に解剖なんてイラストや映像を見るだけで十分ですよね!
一人一人にやらせようとするなんて、本当におぞましいとさえ思います・・。

今回頂いたメール、ぜひHP上に掲載させて下さい!
たくさんの方にも読んで頂けたらと思います。

また何か思ったこと・意見などありましたら、気軽にメールして下さいね!


【2005/04/07 11:16】 皆さんのご意見 | トラックバック(0) | コメント(-) |
頂いたメールから
頂いたメールのご紹介と、私が書いたその返信文です。

********************************************************

はじめまして。
私も動物虐待や実験、毛皮などがこの世からなくなればいいと願い続けています。毛皮の恐ろしさ、動物実験の残酷さを知らずに、でも犠牲になってる事は知りながらも気に留めてない人たちが沢山いることを悲しく思います。そういった人たちに少しでも気づき、問題視してもらおうと話をしたりチラシを見せたりしますが、その場はみんな驚きます。でも、その次の1歩を踏み出せる人はほとんどいません。みんなに大きな活動を望んでいるのではなく、自分に出来ることを努力してほしいと思っているのに、それがなかなか理解してもらえないことがとても悲しいです。
確かに、自分に直接関わりのある動物たちではないけれど、現実の世界で誰も助けてくれない場所で、恐怖に怯え、苦しんでいる子達の事を考えると、正直、虐殺をしている人を殺しに行きたくなります。直接手を下している人が悪いとは限らない事はわかっているけど、そのくらい気が狂いそうです。人には職業や商品の選択が出来るのに、人が動物の犠牲をやめない限り、動物には強制的な「死」しか無い事を、みんなに深く考えてほしいです。

私ももっといろんな事を知ろうと思います。産業動物の扱い、ベジタリアンという事(肉食と差別の関係)、動物を「生産」し「処分」するペットブームの悪い流れ、動物実験の真実-特に動物実験の危険性と有用な代替法・世界の動きなど、一般の人でも知っておかなければならないことばかりですよね。相手が人であれ動物であれ、特に社会的弱者に対して思いやりの気持ちが持てない人は、何に対しても優しくはなれないと私は思っています。自分の生活の中の動物の犠牲は、本当にこれ以上減らせる事は出来ないか、といつも頭において生活して行こうと思います。

********************************************************

はじめまして。
メールどうもありがとうございます。
そしてお返事が遅くなってしまってごめんなさい!

メールを読みながら、動物の問題についてのやりきれない気持ち、何とか現状を変えたいという気持ちが、とてもよく伝わってきました!私も同じ気持ちを持っています。

>人には職業や商品の選択が出来るのに、人が動物の犠牲をやめない限り、動物には強制的な「死」しか無い事を、みんなに深く考えてほしいです。

私たち人間の生活は、本当にたくさんの動物の犠牲によって成り立っています。中には必要不可欠な犠牲もありますが、現代のこの、特に先進国日本の社会では、無駄に殺される動物の数も非常に多いです。そして問題なのは、その動物の犠牲が隠されて、きれいな部分しか見えない状態にあるということです。

例えば本・テレビ・インターネット・・・あらゆるメディアを通して伝えられるグルメ情報。しかしこのグルメ・飽食日本の影で、どれだけ大量の動物が犠牲になっているか・・。毎年毎年の日本での毛皮ブーム。ウサギの毛皮商品なんて、格安の値段で大量に売られています。しかしコート一つを作るのに、どれだけのウサギの毛皮がはがされ、ミイラとなって死んでいくことか。華やかなペットブーム。流行犬・ペットのグルメ・ファッション・テレビに映る可愛らしいペットたち。しかしその影で、毎日毎日千匹以上もの犬・猫がこの日本で、恐怖の中薬殺され灰となっていきます。

この嘆かわしい現状を改善する為に一番大切なことは、全ての人がこの現状を知ることだと思います。現状を知ることはつらいことでもあると思います。私も初めて動物実験の写真を目にしてしまった時は、ショックで眠ることも出来ず、知らなければどれだけ楽だっただろう・・なんて思ってしまったこともありました。

でも、動物の問題は私たち一人一人に関わっていることです。他人事ではありません。自分が直接動物を殺していないにしろ、この社会で生きている以上、多くの動物の恩恵を受けていることになります。ですから、全ての人が現状を知るべきではないかと思います。

ペット動物・産業動物は、自分の命を自分でコントロールすることが出来ませんよね。まさに運次第だと私は思っています。無責任な飼い主と出会うかもしれないし、優しい飼い主に出会えるかもしれない。運ですよね。だからこそ、もっと真剣に動物の問題について考える必要があると思います。

・・今回頂いたメールですが、ぜひHP上に掲載させて頂きたいのですがよろしいでしょうか?多くの方にも読んで頂きたいと思います。

それでは、またご意見や思ったことなどありましたら、メール下さいね!


【2005/04/06 11:15】 皆さんのご意見 | トラックバック(0) | コメント(-) |
「家庭動物販売士」資格創設
全国ペット小売業協会が、「家庭動物販売士」の資格創設を発表しました。目的は、ペット販売における幅広い知識を持つ人材を育成し、動物を責任を持って飼うこと・動物を飼う喜びを、飼い主に伝えたり指導していけるような、動物販売のプロを養成することだそうです。6月に販売員レベルの知識や職業倫理を試す3級の試験が実施され、1級(店長レベル)、2級(主任レベル)も2007年を目処に始められるそうです。この資格は、客が店を選ぶ際の基準にもなるということです。

これまで、運が悪かったのか(?)、悲惨なペットショップばかりを目にしてきた私にとって、どうしてもペットショップには悪いイメージがつきまといがちです。動物が死んでいるのに気付いていなかった店・・私が指摘したらふてくされてケージから動物を出し、わしづかみにして無言で去っていきました。
真夏の炎天下、ウサギを外のケージに置いていた店。ウサギがぐったりしていました。店員に指摘したら、「はぁ。」って感じでした・・。「じゃあ後で中に入れときますね。」と軽く言われました。
もちろんこんなショップばかりではないでしょう。しかし実際、こんな店もたくさんあるのです。

不況知らずのペットブーム。動物は商品です。しかし「物」ではありません。ペットショップを経営するということ・命ある動物を販売するということの、事の大きさ・責任というものをきちんと感じてもらいたいです。

こんな記事を読んだことがあります。

“動物が本当に好きでペットショップを始めた。動物一匹一匹を大事にしていたら赤字になって店がつぶれた。”

この方は、売れ残った(売れ時の生後数ヶ月の、いわゆる可愛らしい時期を過ぎた)動物、飼い主が戻しにきた動物、病気になった動物、そのような売り物にならない動物は全て、自宅で世話をしていたそうです。それ故、金銭的にも経営は厳しくなったということです。

でもこのお話、納得できます。動物ってそれ位お金がかかるものですからね・・大事に飼うとなると。

一日に千匹以上も殺処分される犬・猫。ペット業者によって持ち込まれる数も多いそうです。

全てのペットショップが悪いとは言いませんし、思いたくもありません。ただ、現に悪いペットショップが存在している、それだけでも大きな問題だと思います。今回の資格制度も良いものだとは思いますが、より厳しい基準を設けても良いのでは・・と感じてしまいます。


【2005/04/03 11:14】 ペット動物について | トラックバック(0) | コメント(-) |
モレノちゃん・続き
先月こちらのブログで紹介したモレノちゃん。
その飼い主の方へ私が書いたメールと、この方から頂いた心温まるお返事をご紹介します。

********************************************************
(私から飼い主の方へ)

日記の方読みました・・もーちゃんのこと本当に驚きました。
でも、温かい家族の中で最期を迎えることが出来たこと、
とても幸せなことだと思います。
私も2度、愛犬の死を見てきました。
直後の悲しみは計り知れないものですけどね・・。

私は死んでしまった人にしても動物にしても、魂の存在・・と言ったら
大袈裟かも知れませんが、そういう目に見えないものを信じています。
宗教でもなく、というか自分自身の勝手な考え方なのですが、
そういうものは確かに存在すると思っています。というか、確かに感じます。

ある哲学の本に書かれていたのですが、死んでしまった身体から離れた魂は、
私たちの周りをさまよっていて、自分のことを思ってくれている人の所に
入っていくのだそうです。
私は、死んでしまった愛犬のことを心に思うことで、このように愛犬たちが
私の心の中で落ち着いているんだ・・と感じています。
そう感じると、何となくからだが温かくなるんですよね。
もーちゃんは、もーちゃんのことを想ってくれている家族の方達の心の中に、
すんなりと居場所を見つけられて、幸せだと思います!

********************************************************
(飼い主の方から頂いたメール)

こんにちは♪
具合が悪くなってからあっという間にモーは
去っていってしまいました・・・でも
今までつらい思いをたくさんしてきたモーですが
最後は笑顔のまま笑ったままの顔でお空に行きました。
苦しかったかもしれないのに笑っていました。
それだけでも救いです。

魂の存在って本当に有ると私も思います。
死んでしまったら物凄く寂しいし触りたい時に
側にいないけれど心の中でモーのことを
思った時寂しさと一緒になんだかホッとするというか
そんな気持ちも現われます。
だから絶対にあると信じます。

プログ読ませていただきました♪
載せてくださって有難うございます♪

本当にモー以上に苦しんでいる子達が
たくさんいるしなかなか虐待がなくならない事実・・・
悲しい現実・・・・モーの身体の傷を見るたびに
涙が出そうになっていました・・・・
身体の傷以上に心の中は
ボロボロだったと思います・・・・でもモーは
私の所に来て私とであって少しはほんの少しは・・
幸せだったのかなと自分で勝手に思っています。

********************************************************

ペット動物の一生は飼い主次第ですよね。
ひどい飼い主ならばその動物の一生は悲惨なものになってしまう・・この人間社会で生きている以上、動物自身の意志で良い方向へ進む・何かを変えていくことなんて出来ないですからね。
最初に地獄を見てしまったモレノちゃん。でもその後で優しい家族に出会えて本当に良かったと思います。

【2005/04/02 11:12】 その他 | トラックバック(0) | コメント(-) |
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    03 | 2005/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。