Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
たくさんの包装


先日買い物した時のことです。
私はバッグを持っていたし、大きい物を買う訳じゃないので、
購入の際、袋はいらなかったはずなんです。が・・

まず文房具屋でペンを購入。小銭探している間に、袋に入れられてしまう。

次にデパートでノート購入。これを袋に入れるはずないよな、
「袋いりません」なんて言う必要ないよな、と思い油断していたら、
素早くきれいな袋に入れてくれてしまった!

そして次に電器店でMD購入。もちろんバッグに入るのですが・・
店員さんが忙しそうにあちこちのレジを行ったり来たりしていて、
私の所に戻ってきた時にはちゃんと袋に入れられていた・・。


「袋いりません!」これを言うタイミングが遅かったですね。。

コンビニだと、一点だけの購入の場合、「袋にお入れしますか?」
と必ず聞いてくれます。
でも、いまだに多くの店では、袋に入れることが当然となっている気がします。
私も、何点か買う時には、店側も袋に当然入れると思っているだろうから、
あらかじめ袋はいらない旨を伝えますが、たった1つの物を買う時には、
まさか袋になんか入れないだろうと思っているので、結果この日の様な店では、
あっという間に袋に入れられてしまう。

例えばスーパーの袋なら、ゴミ袋に使えるから便利なのですが、
この日の様な小さな袋は、使いようもないので結局捨ててしまう。
全く無駄だと思うのです。

以前ある店で、「袋いりません」と言うタイミングが若干遅くなってしまい、
店員はもう既に商品を袋に入れてました。
するとその店員は、分かりましたといい、袋から商品を出し、
しわが付いてしまったその袋を捨ててました。

あれから、もう一旦入れられてしまったら、何も言わずに持ち帰っています。

まだまだ包装が普通だという感覚の店が多い中、
私なんて、「袋いいです!」と言うタイミングが悪いことがあって参ります。
私が鈍くさいのかな・・。
スポンサーサイト
【2007/02/27 09:52】 環境汚染について | トラックバック(0) | コメント(4) |
人間のゴミとカラス


私はカラスが好きで、毎日のようにカラスを見かける度に、
かっこいい鳥だなぁと眺めてしまいます。

カラスといえば、“ゴミを荒らす迷惑な鳥”というイメージがあまりにも強く
付いてしまっています。
でも私としては、それはゴミの出し方が悪かったり、その辺にゴミを捨てたり、
もっと言えばゴミの量があまりにも多い、結局人間のせいだと感じるのです。

実際、きちんとゴミが捨てられていたり、ネットやボックスをきちんと
設置している収集所では、カラスが荒らす所をあまり見ません。

私がいつも駅に向かう途中に見掛けるアパートの収集所では、
いつもカラスがゴミを荒らしまくり。
それもそのはず、ゴミの出し方は滅茶苦茶。
このご時世に、カンもビンもプラスチックも生ごみも全部一緒。
ネットもなし。酷いですね。

自分の出す、自分から発生されるゴミ位、
きちんと処分出来ないなんて、恥ずかしいことだと思います。

カラスがゴミを荒らす所を見て、カラスに怒りを感じることはないです。

ゴミ位ちゃんと出せよ!
清掃者の人に失礼だ!
カラスは今日も一生懸命食料探してるなぁ。

この3つです。いつも感じることは。

でも実際、落ちてるゴミをあさりまくっているカラスを見ると、
とても不安になります。

今日見かけたカラスは、ペットボトルのプラスチック部分を一生懸命剥がして
食べていました。
食品のトレイや発泡スチロール、アルミホイルなどを食べていたカラスも
目にしてきました。(鳩も変なもの食べているところ見ますが・・)

今、野生の鳥が、一見原因が分からず死んだり弱っていることがあり、
実はお腹にたくさんのプラスチック製品がたまっていた・・というケースが
多く出ているのです。
以前テレビでも見ましたが、一羽の鳥の胃から、驚くほど多くのプラスチックが
取り出されていました。ビニール袋なども、丸ごと飲み込んでしまっていたり。

もちろんこれらはずっと消化されることなく、胃の中に残ります。
そして胃が一杯になり、肝心の餌を摂取できなくなり、
死んだり弱ったりするのです。

じゃあ消化できる食べ物ならいいのか?・・・とも言えません。
オーガニックならまだしも、今多くの食品にはたくさんの添加物が入っており、
これらが鳥や動物達の体に、やはり蓄積されてしまう。

かといって、安全な食べ物ならいいというわけでもないです。

結局、自然の中で獲物を捕らず、人間のゴミから餌を探すという習慣が
付いてしまうからです。


ゴミを適当に捨てるということは、
「街が汚れて人がイヤな思いをする」 というだけではなく、


「動物や鳥達にとって命取りになり得る」


ということになります。



【2007/02/18 11:38】 環境汚染について | トラックバック(0) | コメント(7) |
どこがいいのかな??


何でこういうの好きな人がいるのかな・・・・・。
人の趣味や感覚はそれぞれだし、尊重されるべきかも知れないけど・・・
これは理解できない。

鹿の頭部の壁飾りとか、剥製も、私の感覚から言うと恐ろしい。

博物館等での、絶滅した動物の剥製位ならまだ分かるけど、
家の飾り様に剥製・・というのは、私には理解できない趣味です。
百歩譲って、死んだ動物を剥製にするならまだしも、
剥製やこの画像の様なラグのために、動物を捕まえて殺すのだとしたら、
もうそれは恐ろしいです。私の感覚で言うと。

こういう頭付きのラグを飾りたいのはどうしてでしょうか。
高級感を出す為?
それとも、普通だったらかなわない動物を服従させた気分、
なんていうのもあるのだろうか。

最近、牛の皮のラグを床に広げている店をよく見かけるのですが・・
あれも私に言わせれば悪趣味です。
いかにも仔牛の皮、なんていうのもあったし。
牛の場合は、皮目的と言うよりも、肉用に殺された牛の皮を
有効活用している、という形になるのだろうけれど、
それにしても動物の皮を飾りに使う、しかも床に広げるなんて、
私にはどうしても気持ち悪くて、そんな店は速攻出てしまうのです。


【2007/02/17 12:14】 野生動物について | トラックバック(0) | コメント(4) |
美しいネコ科動物達


猫好きだからでしょうか。私はネコ科動物にとても魅力を感じます。

この前テレビを付けたら、NHKでヒョウが映っていました。
ハイビジョンで見るヒョウは、まぁ美しくて目が離せません。
ヒョウは毛皮も素晴らしいし、迫力があってかっこいい。

でも、この美しい毛皮をもっているが故に、悲惨な現状をもつことも事実。
毛皮目当ての密猟。

また、チーターもそうですが、ヒョウも家畜を襲う動物として駆除されてきました。

今や準絶滅危惧種とされているヒョウ。
森林伐採もヒョウにとって大きな脅威です。

他の動物にも言えることですが、森林伐採によって住処や餌が減ったり、
また人里との距離が縮まることにより、人間に危険動物扱いされてしまう。
その上毛皮目的の密猟。

ただでさえ厳しい自然界だというのに、私達人間は彼らにどれだけの苦難を
押しつけているのでしょうか・・・・。

こんな美しい動物が、地球上から姿を消してしまわない様に祈るばかりです。

一度失われてしまった森は、回復するのに多大な年月を必要とします。
切る時は一瞬なのに・・。
森は動物の住処だということ。このことを軽視してはいけないと思います。

また、日本は世界でも有数の木材消費国だということも、忘れてはいけませんよね。



【2007/02/16 11:56】 野生動物について | トラックバック(0) | コメント(0) |
マクドナルド、すごいなぁ・・・
最近電車で見かけるマックの広告。

チキンマックにチーズバーガー、マックシェイクにコーヒー紅茶、
アップルパイに・・今度発売予定の新しいパイ・・

全部100円だもんなぁ・・・すごいよなぁ・・

学生にしたら嬉しいですよね。
まだお金だってそんなにないし、でも友達とお茶したい・しゃべりたい。
マックに行けば、安く食べて飲んで、長くおしゃべりできますよね。

カフェとかファミレスに比べても、格段に安い。
毎日でも行けてしまうこの値段・・・。

そしてクセになってしまう人が多いあの味。


マックの子供への戦略も大したものです。
他のファーストフード店と比較しても、いかに子供が喜ぶか一目瞭然ですよね。
国内でも海外でも、マックには楽しい子供の遊び場がある。
子供にしたら夢の様な場所。
親だってそんな子供を眺めながら食事が出来る。
楽しいキャラクターグッズのプレゼント。
そして子供は小さい頃からあの味に慣れ親しみ、大人になっていく・・。


チキンマックが100円なんて。

鶏一羽、どんだけ安いんだよ!!

高級な鶏で作るバーガーなら、きっととても高い値段なのだろう。

でも値段なんて関係ない、人間が安く決めようが高く決めようが、
一羽の鳥の命の重さは同じですよね。

100円バーガーの鶏・・悲しすぎます。
どんな生産方法をしたら、この値段が実現するのかと思うと恐ろしいです。

【2007/02/14 01:12】 畜産動物について | トラックバック(0) | コメント(2) |
崖っぷち犬

崖っぷち犬!いつの間にかこんな名前が付いてました。

皆さんご存じだと思いますが、徳島のとある崖の真ん中で野犬が動けなくなり、
その犬の救出劇がテレビで生中継され、一躍有名となったこの犬。

この犬の里親を希望する人が多くいたそうで、先日抽選会が行われ、
無事に飼い主の方が決まったそうです。

これは良かったことだと思うのですが・・

でも、実際にこの日本で、毎日毎日数百匹の犬が「不要」とされ、「殺処分」されているのです。

今回の崖っぷち犬。こんなに大変な思いをした犬を家族に迎えたい、優しくしてあげたい、
こう思われた方が多かった故に、里親を希望される方も多かったのでしょう。

でも実際、この崖っぷち犬の様に、まさに死への「崖っぷち」に立たされている犬(猫も)が、
毎日数百匹もいるわけです!!

ぜひぜひ、犬や猫を飼いたいと思っている方には、里親募集されている犬や猫の情報を
ネットなどから探して、飼って欲しいと思います。

・・ペットショップでの動物販売、なくならないかな。。
なくなれば、死ぬ運命にある犬や猫が多く救われると思います。

この崖っぷち犬だけでなく、テレビで色んな愛護センターの様子を映したらいいのに・・
飼い主に引っ張られて連れてこられる犬とか。
明日には窒息死させられる犬や猫とか。

そうすれば、里親を希望する方も毎日出てくるんじゃないだろうか・・。
テレビの影響力は偉大ですからね。

【2007/02/05 01:53】 犬猫殺処分について | トラックバック(0) | コメント(4) |
ハイラックス


前に行った動物園での画像です。
ハイラックスが二匹、寄り添っていました。

ハイラックスと聞いてまず思い浮かぶのが、数年前にテレビで見た映像。
とあるペット業者が、動物の密輸で逮捕された際、その動物達が映されていました。
一匹づつケージに入れられた、アライグマ・猿・ミーアキャット等々。
どの動物もケージの中でもがいている中、なぜか穏やかにケージの中に座っていたのが、
ハイラックスでした。穏やかだからこそ、何だか切なくて印象に残っていたのです。

その後、アニマルプラネットで見たハイラックス特集。
ハイラックスは、アフリカ・サバンナの岩場に住んでいます。
たくさんの群れの中で過ごし、岩の上で気持ちよさそうに日向ぼっこしていました。
そんなハイラックスを狙う、大きな鳥たち。
鳥が近づくと、一目散に穴場に隠れていきます。


野生とはほど遠い、ここ日本での動物園の中での生活。
天敵に狙われることもなく、餌も毎日与えてもらえる。
でも、だから幸せと言えるでしょうか?
・・というか、どっちが幸せかというよりも、
やはり本来の場所で動物は暮らすべきだと感じます。

【2007/02/04 01:37】 スポーツ・娯楽について | トラックバック(0) | コメント(0) |
毛皮の表示
興味深いメールを頂きました!
毛皮についてです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動物について思うことは本当に多いですが、
この時期はとりわけ「毛皮」に関して。
本当に怒りを抑えられません。
最近特に目にするコート・ジャンパーのフード部分の毛皮には、
キツネ・ウサギ・アライグマなどが当たり前のように付いている状態ですよね。

私が特に腹が立つのはカタカナで『フォックス・ラビット・ラクーン…』
といった具合に表示されている事です。
ナイロン・アクリル・キュプラ等と同じように
その名前が羅列表記されてしまっている事がとても恐ろしく…悲しいです。
(英語が苦手な私は、恥ずかしながら「ラクーン」では正直、一瞬???
と考えてしまいますし。)
まるで生き物ではないかのような表示に、錯覚してしまっている人も
多いのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そういえばそうですよね!
確かにフォックス・ラビットとカタカナで書かれているよりも、
「きつね・うさぎ」と書かれている方が、リアル感がありますよね。

ラクーンは、アライグマのことなのですが、実は今アライグマの毛皮は、
非常に多く出回っています。安く購入することも出来ます。
しかし、確かにラクーンという言葉は日本で聞き慣れることはなく、
多くの人が何となく表示を見て、何となく購入しているのではないでしょうか。

店側にしたら、売れることが先決な訳ですから、その辺は濁せる方が
良いのでしょうが、せめて毛皮を購入するならば、それがどの動物が付けていた
毛皮だったのか、ということぐらいは知る必要があると思います。


ただ、これ以前に問題なこともあります。
毛皮=動物は死んでしまう、という事に気付いていない人も多いということです。

この前中学の女の子が、
「ウサギの毛皮欲しい!ふわふわしてすごく気持ちいいんだもん。」
・・と、無邪気に言っていました。
みんなこんな感覚なんだろうか・・と考えてしまいました。
(私も中学の頃は同じでしょうけどね。。)

私も以前、毛皮について何も知らなかった頃、まぁ深く考えようともしていなかったのですが、
恐らく、「殺されない様に・傷付かない様に毛皮は取られるのだろう」
と、自分が苦しまない様にいい様に勝手に考えていた気がします。

肉は、もう死んでしまった動物から取られるんだろう・・

なんて無理矢理(?)考える様に。気持ちが楽ですからね。
ただ、深く考えると怖いので、軽くいい様に考えて、
それ以上はもう考えない!!という具合で。

でもこれでは、死んでしまう動物達も浮かばれないですよね。
知らない方が楽だけど、日々私達の為に犠牲となっていく、
本当に山ほどの!!!動物のことを考えれば、
せめて現状を知ること位は必要だと思うのです。
【2007/02/03 11:39】 毛皮動物について | トラックバック(0) | コメント(6) |
今度はイチゴの大量性分


栃木県鹿沼市の農協が、1月15日に新潟に出荷したイチゴ「とちおとめ」から、
基準値の約9倍の農薬が検出されました。

同農協は、長期間食べ続けなければ人体に問題はないとしていますが
まさにこのイチゴのシーズンにこのニュースはショックが大きいですね。
イチゴは皮も剥かずにそのまま食べるものですしね・・。

出荷した鹿沼いちご部では、34人が今回検出された農薬を使用したということです。
しかし、今回の基準値を超える農薬を使用した生産者はまだ特定できていない。

ここが大きな問題です!!!

特定できないから、他の適切に農薬を使用していたであろう農家の方達も、
イチゴを出荷できなくなっているのです。
現在、皮肉にもイチゴ生産のピーク時。
つまり、大量のイチゴが処分されるわけです。
そのイチゴの中には、人が食べても大丈夫な、きちんと作られたイチゴも
たくさんある!でも、処分せざるを得ない!!!

テレビでその処分の様子が映されていました。
パック詰めされたイチゴをばらす人達。
トラックの荷台に山ほど詰められた真っ赤なイチゴ。

ある農家の方が嘆いていました。
(もちろんこの方は、適切に農薬を使用していた人です)
どんどんイチゴは赤くなり、出荷できないとしても、収穫せざるを得ない。
しかしその収穫されたイチゴは処分されてしまう。
農家の方が気の毒でなりませんが、この方の一言、

「イチゴがかわいそうだ」

この言葉に心を打たれました。

毎日イチゴが成長する様子を見ていたからこそ、
やっと赤い実を付けたイチゴを処分しなければいけないというのは、
どれだけつらいことでしょうか・・・。

早くイチゴが出荷される状況になって欲しいです。
【2007/02/02 11:17】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
鳥インフルエンザ


1月に宮崎県の養鶏場数か所で、次々と肉用・採卵用鶏が大量死。
また鳥インフルエンザですね・・・。
死んでしまった鶏もかわいそうだし、生きているのに処分される鶏も
かわいそうでたまらない。
日本の、しかも今回の宮崎の件だけでも、何万という鶏の殺処分が
行われているけれど、日本だけじゃないですからね。

画像は、海外での鳥インフルエンザで焼却される鶏です。
宮崎では、炭酸ガスによる窒息死、という方法がとられていますね。
【2007/02/01 11:03】 畜産動物について | トラックバック(0) | コメント(0) |
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    01 | 2007/02 | 03
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 - - -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。