Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「アートとして餓死するまで展示された犬」
  
先ほど、「アートとして餓死するまで展示された犬」についての記事を読みました。

言葉が出ないです。

こちらの記事です→目を逸らしてはならぬ事実

ぜひぜひご覧ください!!
こちら、ヤフーブログの記事でして、料理ブログの方はヤフーブログなので転載できましたが、
こちらはFC2なので、転載はできないようでして・・(そうですよね??)
ですので、上記に記事のリンクを付けさせて頂いたので、見て下さい!
ただ、内容を強調させて頂きたいので、上記ブログの説明文を、少し掲載させて頂きます。



(以下転載文です)


皆さん、「アートとして餓死するまで展示された犬」と言うのをご存知でしょうか?

それは文字通り犬をアートの材料として使い、犬という価値を失くしたのです

これは完全に「動物の愛護及び管理に関する法律」第一条と第二条、第六条、第十条に

完全に引っかかり、法律で裁くことができるのです。

動物愛護団体の皆さんにとっては許し難い出来事だと思っています

しかし展示されている期間誰も止めようとしないのです!

しかも好評だったのです!!

なんとも残酷で血も涙もない、ただ自分の快楽を満たすためだけに行った悪質な事件です

ホンジュラス(地名)で犬を繋いだまま放置し餓死して逝く様をアートとして展示したそうです

私も動物が大好きで、何度も死に様を見てきましたが、こんな死に方は酷過ぎる!!

そう痛感し、涙があふれてきました

どうか皆さん、こんな事態を招かないように多くの人に教えていただきたいと存じます

しかし、これを考えた作家はまた次の犬を探しているようです

今回の記事はみなさんで署名してボイコットしようって記事です
(できる方だけでいいですので^^


(以上転載文でした)



上記ブログには、この犬の画像も掲載されています。
とてもかわいそうです。残酷です。でも、ごらん頂きたいです。
(無惨な死体の姿・・とか、そういうものではないです、精神的につらい画像という感じです)

*なお、上記ブログには署名法も記載されていますが、
 署名が今も有効かどうかははっきりしていないようです


以前、金魚がアートとして使用されたことがありました。
これについての記事を見つけました。

(以下転載です)

一人目はデンマーク人アーティストのマルコ・エヴァリスッティ。
ミキサーの中に水を張って金魚を泳がせ「お望みならばスイッチを入れても構いません」
というメッセージとともに10台並べる。それを作品として展示。
勿論来館者が好奇心でスイッチを押すと金魚は瞬く間に細かく切り刻まれる。
彼曰く、「人々に良識との戦いをさせたかった」「見る人を生と死のジレンマに置きたかった」
とのこと。

二人目は大阪在住アーティストの桑島秀樹。同じくミキサーに金魚を泳がせてスイッチを入れ、
赤い塊が細かく水中に拡がっていく光景が写真におさめられている。
それと同時に、2,3匹の金魚が入った透明の袋、つまり金魚すくいで持ち帰る状態のものが
壁一面に吊られている。全部で200?300匹。そして大きな水槽がふたつ、大きな魚の入った
水槽と水を張っただけの空の水槽。この200?300匹の金魚は全てこの大きな魚の餌として
命を失うことになっているが、来館者に持ち帰られるか、空の水槽に移された金魚だけは
助かるというもの。


(以上転載文でした)



この犬の記事を読んだ時、この金魚のことがぱっと頭に浮かびました。
どちらも、アートとして使用された命、という意味では共通しています。

アートって・・人それぞれだと思います。
でも、特にこの犬に関して言えば、「人」がすべき事ではないというのが感想です。
人それぞれとか、個性とか、それ以前のことだと思います。

なお、犬の展示について、会場で誰もその展示を止めようとしなかったと書かれていますが、
上記ブログのコメント欄で、ある方のコメントでは少し違うことが書かれてありました。
その犬に餌をあげようとしたり、助けようとしたりする人がいたが、
主催したグループがそうさせなかった・・と。この方は、これが現状であったと書いています。
私はどちらが本当か見たわけではないのですが、
少なくとも、そのような犬を目の前にして、何も言わなかった人はいないと思います。

ただ・・もっと何かなされなかったのか??と感じるのですが・・
この様子からすると、スペインでは法律的には問題なかったのでしょうか。

アートって、人それぞれであり、奇抜なものや激しいものもありますし、
だれにでも受け入れられるものなど、あまりないと思います。
それでも、作者には彼ら自身のメッセージが込められているわけですから、
それぞれの作品はそれなりに尊重されるべきとも思いますが・・
でも、この犬に関しては・・これって、アートですか??
虐待以外の何ものでもないと思うのですが。
それよりも、この犬を助け出すことの方が、人間としてやるべき事だと思います。
アートとかなんとか、そんなこと以前の、やるべき事だと思います。

結局この犬は、その通り、餓死したそうです。

作者はその死んだ犬を見てどう思ったのでしょうか・・。
何かが達成されたと思ったのか、なんなのか・・
何だか言葉が見つからないです。



よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆









スポンサーサイト
【2009/04/09 22:16】 動物虐待について | トラックバック(0) | コメント(9) |
再び・頂いたコメントについてです。


前回の記事、「頂いたコメントの返事」で、また貴重なコメントを頂きました。
ぜひ皆さんに読んで頂きたいです。読んで下さい!(モーさん、どうもありがとうございます!)

つくづく、皆さんからの貴重なコメントに感謝です。
このブログは、皆さんからのコメントによって、とても勉強になるブログになっています!
ぜひぜひ皆さんには、記事のみならず、コメントを読んで頂きたいと思います!

今回の件に関して、私自身の記事やコメントを見返すと、
私の無知故に、考え方がどうも定まっていません・・。
元の記事、前回の記事、そして今回の記事という流れの中、
皆さんからのコメントを元に、意見が変わるなど、読む方たちにしたらややこしいかと思います。
コメントを頂くたびに、もっと知識が必要だと痛感させられ、また、貴重な勉強をさせてもらっています。

さて、今回、この件でご紹介頂いたサイト(アルビノオゥシーの白雪ちゃん)を見ました。
このサイトは、ぜひ皆さんにもご覧頂きたいです。
人為的な交配により、アルビノとして生まれた犬・白雪ちゃんとの生活について、
飼い主の方が書かれています。
彼女は、目・耳が不自由な上、内蔵的欠陥も持って生まれてきました。
彼女の日々の様子、また彼女のような犬が生まれる背景など、
大変読み応えのある、素晴らしい内容です。
少し文章を紹介させて頂きます。

>自然にしていて障害のある子が生まれるのは仕方がないとしても、人間の勝手で、
 それも商売を理由に、そのような命を作り出す権利が果たして人間にはあるのでしょうか?

私は前回、元ブリーダーの方から頂いたコメントから、淘汰されるべき命・・について考えました。
自然界でも何かしらの欠陥を持って生まれ、淘汰される命はある・・
そして、プロのブリーダーの下であれ、やはりそのような命は存在する、ということを、
私は知ったように思いました。
しかし、このサイトの方の文章を読んでいると、たとえ優秀なブリーダーの下であれ、
淘汰ということに関しては、決して自然界でのことと同等には扱える問題ではないと、
改めて実感させられました。
需要がある犬を生み出すということは、結局自然ではないわけですからね。
アルビノや障害が出る“可能性”があることが分かっていて行われる交配では、
つまり人間がそのような命を作り出すわけで、それはもうやはり自然の法則は当てはまらないですね。

まして、モーさんがおっしゃっているような、かなりの高確率によるその可能性を考えると、
やはり「人間のための」商売・・と感じずにはいられません。
犬のことを第一に考える・・では決してなく、人間本意であると。
まさに、淘汰とセットになっているかのような繁殖・・だと思います。

>一方では自然界の法則を無視した無理な交配を繰り返しながら、
 その過程で生まれてくるアルビノ(ミスカラー)を自然界の法則に従って“淘汰”・・

モーさんがおっしゃる上記の点について、これは確かに矛盾していると感じます。
元ブリーダーの方がおっしゃっていたこと、私は納得した部分がありましたが、
この点についてはやはり、矛盾を感じずにはいられません。
(意見がいろいろと変わってしまい、紛らわしくてすみません!)


今回頂いたコメント、そして上記HPの内容、非常に勉強になりました。

>交配には常に危険が伴い、それを行う私たち人間は、
 その責任を100%負わなければならないということをもう一度、
 考えていただきたいと思います。

これは上記HPに書かれている言葉です。
自然界でならともかく、人間の手によって命を作り出すならば、
たとえプロのブリーダーの方が行うことであれ、
1匹1匹の命は尊重されなけらばならないと強く感じます。
上記HPの方が、アルビノとして生まれた犬を、献身的に見守りながら一緒に暮らしていますが、
それでもやはり、この様な命が生み出されることはあってはならないとおっしゃっています。
飼い主の方の、この犬を通じて悩んだり葛藤したりする様子を読んでいると、
人間が生み出した命に対して、“淘汰”という形をとることのおこがましさを感じずにはいられません。

特定の犬種を好む方、また一般の私たちにしても、
この様な現状があるということを知る必要があると感じます。




よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆




【2009/04/09 12:11】 ペット動物について | トラックバック(0) | コメント(2) |
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    03 | 2009/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。