Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
シンポジウムへ行ってきました


EUにおける家畜の健康・福祉戦略が日本に及ぼす影響

あなたは知っていますか? 
2010年に上陸するEU家畜福祉品質WQラベル

http://www.jfawi.org/information/simpo/simpo20061001.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前から関心があったので、このシンポジウムに行ってきました。


感想

ヨーロッパはすごいっ!!!こんなに動物に配慮がなされているとは!
日本はヨーロッパに比べると、動物への福祉という感覚が遅れすぎている。。

どのようなシンポジウムかというと、上記サイトに掲載されている説明文が
的確なので、抜粋させて頂きます。

「2006年1月、EUは動物福祉5カ年計画を策定し、動物福祉の科学的研究に
 多額の資金を投じることを決定しました。
 この背景には、家畜福祉と生物多様性に配慮した農畜産物の認証とラベルに
 よって、EUの農畜産物のグレードを高め世界市場に販路を展開するという
 意図があります。このような動きを紹介するとともに、日本における環境と
 動物にやさしい事業展開の現状を紹介し、国際市場における日本の方向性を
 検討したいと考えます。」

これを主催した、農業と動物福祉の研究会(JFAWI)の方、大学教授の方々、
養鶏場や養豚場の方々、動物福祉団体の方、流通業者の方など、各界からの方の
お話を聞く事ができ、非常に私にとって勉強となるものでした。

一言では言い表せないので、しっかりとまとめて皆さんにも読んで頂きたいと
思います。

とにかく驚かされるのが、ヨーロッパにおける動物福祉の取り組み。

イギリスで、「Free range」というラベルが付けられている鶏肉や卵。
フリーレンジとは放し飼いされているという事です。
私が国内のとある場所で見かけた養鶏場。
無数のケージが並び、一つ一つに数羽のニワトリが押し込められ、
その殆どの体は傷付き、血を流すニワトリもいました。
全てのケージ飼いの養鶏場がこの様なひどい状態ではないでしょう。
しかし、放し飼いになるというだけでも、例え出荷されるまでの短い命であれ、
ニワトリの福祉が考慮されていると言えます。

なんとEUの世論調査によると、

55%が、まだまだ動物福祉が進んでいないとの意見を持ち、
80%は、コストに拘わらず、動物福祉を優先した商品を作るべきと言い、
49%が、買い物の際、動物福祉を考慮していると言う・・・。

(この結果、まだありましたが、また詳しくまとめる時に書きます)

すごいですね。
例えば日本で肉を買う時に考慮される事と言えば、値段・産地ブランド・有機
等という事だと思います。
この肉は、動物の福祉に配慮されて作られたものだろうか?
なんて言う考えは、まだまだ日本にはないですよね。


動物福祉団体の方が言いました。

愛護とは、自分中心に相手をどう思うかという事。可愛がる感情など。
福祉とは、自分ではなく、相手の立場に立って手をさしのべるという事。

日本に、「動物福祉」ではなく、「動物愛護」という言葉が蔓延している事も、
現在の動物の命が尊重されない日本の現状に反映されているのかもしれません。

もちろん、「愛護」という感覚でいながら、自分に関わるなるべく多くの動物に
対して手をさしのべようとする人もいると思います。
(私自身も、愛護と福祉の違いなんてろくに考えもせずにいました。。)
ただ、やはり日本の現状をみてみると、「愛護」というのは甘く見られたり、
自己中心的にみられたりと、誤解を受けやすい気がします。
動物がかわいそうと言えば、「出ました愛護!」という見方をされてしまう。

でも福祉という言葉は、人間に対しても広く使われている言葉であり、
やはり動物に対してもこの言葉が使われるべきだと感じました。
可哀相という感情論はとても大切な事だけれど、
動物の現状を踏まえて、動物の立場に立つ事で、明らかにおかしいと思われれば、
それを改善できる様に行動してゆく。
この方が、多くの人が納得してくれる様な気がします。
国を動かす事は難しい!!決め手は多くの消費者であると思います。
消費者、つまりより多くの人々が納得する事によって、物事を動かしたり
改善していく力になると思います。


ただ、東北の大学教授の方が仰っていた言葉は印象的でした。
動物福祉の思想が生まれたきっかけについて。

やはり、動物福祉の考えがもたらされるきっかけとなったのは、過酷な状況を
経て肉となる(家畜動物に限って言えば)動物に対し、

「かわいそう」

という発想が生まれた事だという事です。
とかく感情論が非難されがちですが、やはり人間として、苦しむ人間だけでなく、
苦しむ動物に対しても「かわいそう」と思う心はきわめて自然であり、
責められる事のない感情だと思います。

しかし、だからといって、「殺生禁止!放生!」と訴えても、現状を考えれば
非現実的。

それならば、動物福祉について考慮すべき・・・という流れだそうです。
日本で一日に屠殺される、数千頭の牛・数万頭の豚・数百万羽の鶏。
ある意味、私達にとって一番関わりのある動物ですよね!
福祉が考慮されれば、無駄に命を落とす動物は確実に減る。
そして、例え殺されてしまうとしても、それまでの間せめて快適な環境に置かれる。
どうせ肉になるから同じ・・では決してないはずです!!!
完璧を目指す事は難しい。でも、福祉という観念から改善を加える事で、
動物一頭一頭(一羽一羽)の命がより重く受け止められる様になるはずです。

何だか書きだすとダラダラととりとめがなくなってしまうので、
この辺で止めます。
きちんと読みやすくまとめたいと思います!!
スポンサーサイト
【2006/10/03 20:16】 畜産動物について | トラックバック(0) | コメント(-) |
トラックバック
トラックバックURL
http://animalhearts.blog8.fc2.com/tb.php/140-3d19ca01
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。