Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
人間のゴミとカラス


私はカラスが好きで、毎日のようにカラスを見かける度に、
かっこいい鳥だなぁと眺めてしまいます。

カラスといえば、“ゴミを荒らす迷惑な鳥”というイメージがあまりにも強く
付いてしまっています。
でも私としては、それはゴミの出し方が悪かったり、その辺にゴミを捨てたり、
もっと言えばゴミの量があまりにも多い、結局人間のせいだと感じるのです。

実際、きちんとゴミが捨てられていたり、ネットやボックスをきちんと
設置している収集所では、カラスが荒らす所をあまり見ません。

私がいつも駅に向かう途中に見掛けるアパートの収集所では、
いつもカラスがゴミを荒らしまくり。
それもそのはず、ゴミの出し方は滅茶苦茶。
このご時世に、カンもビンもプラスチックも生ごみも全部一緒。
ネットもなし。酷いですね。

自分の出す、自分から発生されるゴミ位、
きちんと処分出来ないなんて、恥ずかしいことだと思います。

カラスがゴミを荒らす所を見て、カラスに怒りを感じることはないです。

ゴミ位ちゃんと出せよ!
清掃者の人に失礼だ!
カラスは今日も一生懸命食料探してるなぁ。

この3つです。いつも感じることは。

でも実際、落ちてるゴミをあさりまくっているカラスを見ると、
とても不安になります。

今日見かけたカラスは、ペットボトルのプラスチック部分を一生懸命剥がして
食べていました。
食品のトレイや発泡スチロール、アルミホイルなどを食べていたカラスも
目にしてきました。(鳩も変なもの食べているところ見ますが・・)

今、野生の鳥が、一見原因が分からず死んだり弱っていることがあり、
実はお腹にたくさんのプラスチック製品がたまっていた・・というケースが
多く出ているのです。
以前テレビでも見ましたが、一羽の鳥の胃から、驚くほど多くのプラスチックが
取り出されていました。ビニール袋なども、丸ごと飲み込んでしまっていたり。

もちろんこれらはずっと消化されることなく、胃の中に残ります。
そして胃が一杯になり、肝心の餌を摂取できなくなり、
死んだり弱ったりするのです。

じゃあ消化できる食べ物ならいいのか?・・・とも言えません。
オーガニックならまだしも、今多くの食品にはたくさんの添加物が入っており、
これらが鳥や動物達の体に、やはり蓄積されてしまう。

かといって、安全な食べ物ならいいというわけでもないです。

結局、自然の中で獲物を捕らず、人間のゴミから餌を探すという習慣が
付いてしまうからです。


ゴミを適当に捨てるということは、
「街が汚れて人がイヤな思いをする」 というだけではなく、


「動物や鳥達にとって命取りになり得る」


ということになります。



スポンサーサイト
【2007/02/18 11:38】 環境汚染について | トラックバック(0) | コメント(7) |
<<たくさんの包装 | ホーム | どこがいいのかな??>>
コメント
こんにちは。
私もカラスがごみをあさって食べている姿を朝、ウォーキングをしている際に良く目にします。
私自身、カラスの賢さには本当に感心しますし、同じ命ある動物なので尊重されるべきだと考えています。
昨年夏、浜離宮に行くことがありました。そこできれいな庭園を回っていたら何やらものすごい悪臭がしました。そしたら木の茂っている道から外れたところにカラスが入れられている檻がありました。近づいてよく見たら殺処分されるカラスだということがわかりました。
増えてしまい、ごみをあさるので人間の都合に合わないから殺してしまえということでしょう。管理人さんがおっしゃるとおり、人間のマナーが悪いからカラスがごみをあさるだけで、カラスだって人間を困らせることが目的ではないはずです。本当に人間の愚かさを露呈した行為だと思いました。
鳩も同じです。餌をあげないようにしましょう・というその意見に反対はしません。むしろ、人間と動物との世界を分ける上ではよい行為だと考えます。しかし、それなら鳩が餌や住処とする森や木を必要以上に人間の都合で伐採しないようにしてから行って欲しいですよね。
本当に人間って、自分たちが地球上で一番偉いような顔をしていて。同じ人間として悲しくなります。
【2007/02/21 10:18】 URL | ちぇり #-[ 編集]
こんにちは!
殺処分される予定のカラスを見るなんて・・つらいですね。たまらないです。

東京都によると、都内での18年度捕獲見込み数は18000羽。
巣の撤去による雛や卵の処分数は、雛が約4,200羽・卵が約2,500個。

都内でこれだけの数ですからね。

都でも、ゴミの出し方を徹底する様呼びかけていますが、
結局豊富な人間からの食料(ゴミ?)によって、大量にカラスが繁殖した、
という現状があり、カラス自体ももう待ちに住み着いてしまっている、
という現状がありますよね。

どこかのサル公園の話を思い出しました。
公園を繁盛させる為に、サルに餌付けを行い、
結果大量に増えたサル。
結局増えすぎて、実験にまわしていたということ。

カラスだって、元はと言えば私達人間がゴミによっておびき寄せ、
不自然な食料で繁殖させ、増えたら増えたで、さて駆除。殺処分。

人間はすごい。ここまで他の生物を支配できてしまうのでしょうか・・。

【2007/02/23 23:25】 URL | 管理人 #-[ 編集]
私もからすは好きで、よく観察しています。
からすのように、美しくて頭のいい鳥はいないと思います。人間の都合だけで処分されてしまう
動物達がかわいそうですね。
あほうどりの雛は、親がまちがえて、与えた100円ライターを沢山食べてなくなっていることがおおいそうです。ミッドウエイなのに、日本などから流れついた、プラスチックや100円ライター
悲しいことですね・・・
【2007/03/13 04:45】 URL | meg #-[ 編集]
megさんこんにちは。

私は今でこそカラスを美しいと感じますが、
子供の頃はそんなイメージはなかったです。
やはりカラス=ゴミをあさる、ということで、
決して美しいなんて思いませんでした。
「そうか、人間がゴミを捨てるからいけないんだ」
と気付いてから、カラスを美しい鳥として見ることができた気がします。
あの美しさに気付く余裕がなかったのですね・・悲しいです。
多くの人もそうだと思いますけどね。

カラスだって必死ですからね。
雛たちが餌を待っているわけですし。
昔の様な森は人間によって取り壊され、
結局人間に嫌われながらも、人間の社会の中で、
なんとか餌を探さざるを得ない・・。
 
しかもその餌というのは、決して良いものばかりでなく、
鳥たちにとって有害な物も多い・・
悲しいことですね。

アホウドリの話も悲しいですね。

ゴミを捨てる=街や自然が汚れる

という認識しかない人がまだまだ多いと思います。
私も以前はそうでした。

でも実はゴミを適当に捨てることで、

動物を殺してしまっているかも知れない

ということまで考える必要があると思います。
だって、確実に誰かが捨てたゴミによって、
実際に鳥たちの被害は多く出ているわけですからね。

【2007/03/13 09:22】 URL | 管理人 #-[ 編集]
カラスに飼っていたオカメインコをつつき殺されたことがある。
近所で子猫がカラスに食われてしまった話を聞いたことがあります。
ハトやスズメを食べているところを見たことがあります。

カラスは、嫌いです。
カラスの保護、本当に必要ですか。
ゴミよりも、他の動物への脅威になっているう点が問題だと思います。
【2007/07/24 16:16】 URL | iri #JalddpaA[ 編集]
ゴミの捨て方一つにも人間性が出ますよね。
私の近所の有料道路にも運転席側の中央分離帯には弁当の空箱等をコンビニの袋に入れ、ポイ捨ての山があります。
定期的(役所では年4回と言ってました)に回収清掃はされていますが、空腹の野生のたぬきや無所属の猫達が匂いに誘われて多く犠牲になっています。
高速で車が走る有料道路、
匂いの元になっているのは弁当空なのに、
命を落とす動物達。
ゴミ一つで殺される動物もいると思うと、
辛いです。
そして、地域のごく限られた同士で行なう活動では追い付かず、焦りと不安と苛立ちの毎日です。
【2007/12/10 12:48】 URL | anko #PDyw85VE[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/12/23 16:41】 | #[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://animalhearts.blog8.fc2.com/tb.php/192-10bebe40
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。