Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
7分間の真実
今日はちょっと切れます。
動物の問題は一言で片が付くことではないし、
誰もが関わっている問題だから、一概に全てを否定することは出来ない。
・・ということはよく分かっています。

でも、やはり動物の映像を見てしまうと、見た直後は冷静でいられない。
理性が吹き飛んで、「かわいそうだ!かわいそうだ!こんなのもういやだ?!!」
と、号泣してしまう。

このビデオのことを教えてもらい、今見ました。

http://www.youtube.com/watch?v=LAf5syZ8jVI


ぜひ見て欲しいです。結構強烈です。
見れない方のために、内容を書いてみます。


自然の中で元気に飛び回る動物達。

次の映像は、罠にかかった動物達。

狂った様に、血だらけになりながら、罠から逃れようとする動物。
もう既に弱り、ぐったりとした動物。
首が罠にはまったまま、ただ立ちつくしている動物。
あきらめなのかなんなのか・・想像すると悲惨すぎて恐ろしい。
その悲しい目は直視するのがしんどい。

続いて、しっかりと固定された状態で・・・

頬に焼きごてを当てられる牛。
角をペンチで切られ、血を流す牛。
(あれはなんの処置をしていたのだろう・・)麻酔もない状態で
腹部を大きく切られ、人がその中に手を入れて何かを取り出そうといている。
麻酔もなく、お腹を切られて、手を入れられるなんて、
人間だったらショック死してしまうのではないか。
もちろん牛ももがいている。


次は殺されていく毛皮動物達。

性器に電流が流される。あの小さな動物はチンチラだろうか。
口を固定され、やはり性器に電流が流されるキツネ。

そしてこの映像で一番強烈だった部分。

人の手で首をへし折られるミンク。
折られてもまだ生きていて、もがいている。
そんなミンクたちがバケツに詰め込まれている。

檻からこちらを見つめるキツネたち。
こんな美しい動物達、その後上記の様な苦しみを味わったのだろう。
人間様の毛皮のためにね!!!

続いての映像も私には目的が分からなかった。
生きているブタを固定し、バーナーであぶり、焦げた皮を剥がしている。
あれはなんのためなんだろう。
生きたまま行った方がよい肉になるのだろうか。
分からない。なんなんだ一体。


続いて動物実験。

体を焼かれたビーグル犬。
両目を縫い合わされた小猿。
生きたまま頭をはさみで切られるカエル。
意識があるまま仰向けに固定され、お腹を大きく切られるラット。もがいている。
固定され・・・犬だろうか・サルだろうか、脳に電気ショックが与えられる。
ショックが起こると体が大きく揺れている。


続いて、コンクリートの上、自分から出た大量の血の中でもがく牛。
頭に力尽くで斧を振り落とされるブタ。2回目で倒れた。
逆さ吊りにされ、喉を切られ、大量の血が滝の様に流れ、
もがくブタ。あんなに血が出るんだ・・滝の様に。
物の様に投げつけられ、ベルトコンベアにつるされてゆく鶏達。
やはり吊されて、喉を切られる羊や牛。


続いてはサーカス動物でしょうか。
棒で強く叩かれる檻の中のヒョウ。


生きたまま吊されて焼かれる犬。




あ?爆発させて下さい。


いやだいやだ!!!!人間なんていやだ!!

私はこの映像を見ても、不思議と業者や実験者に対して何も感じない。

むしろこの現状を知らない人が大半なのだと言うことに
たまらなく怒りや悲しみを感じてしまう。

こんな例え方は変かもしれないけど、

毎日毎日動物の喉にナイフを入れ、たくさんの血を見ている業者の人達と、
そんな光景にはしっかりと目をふさぎ、気付かない様にし、
上品な顔をしてレストランで子牛なんか頬張っている人達なら、
私は後者の方がよっぽど下品で残酷に感じてしまう。

ミンクの首をその手でへし折る業者よりも、
そのミンクののたうち回る姿を知ることもなく、
楽しくミンクの毛皮を着飾る人の方がどれだけ下品で残酷かと思う。

私だって10年前はこんな現状も知らずに暮らしていたわけだし、
日本ではこの様な動物の現状を知る機会がなかなかないかも知れない。
だから、何も知らない人を責める資格もないし、責める気もしない。

でもやはりだめだ!この動物の苦しみを全ての人間が知るべきだ。


恐ろしくて想像も出来ない。

自分が首をへし折られてもまだ生きているなんて。
完全に固定されて、動くことも出来ず、しかし意識はきちんとある中で、
焼かれたり体を切られて、その中に手を突っ込まれるなんて。

動物だったら、この位の苦しみに耐えろと言うのか????
動物だったら、人間ほど痛みは感じないだろうというのか????
人間は人間のためなら動物に何をしてもいいのか??

罠にはまった動物を見るのもつらすぎる。
どうやってもその罠から逃げ出せない。
もう今までの自由に走り回ったいた時はやってこないのだと思う瞬間。

ちょっと想像しようとしただけで胸がつぶれそうだ。


でもそんな恐ろしい、恐ろしいなんて言葉じゃ済まされないほど強烈な苦しみを、
毎日毎日、世界中で、朝も昼も夜も、今この時も動物達は味わい、
自分のプライドも何もなく、人間の物として死んでいっている。


人間って、こんなに何でもしていいんでしょうか。




スポンサーサイト
【2007/03/09 11:44】 その他 | トラックバック(0) | コメント(22) |
<<カラスの巣 | ホーム | 過去最大の象牙・密輸未遂>>
コメント
映像見ました、、。
『動物たちにとってすべての人間はナチである』
と言ったのは誰だったでしょうか、、まさにナチ、いえそれ以上です。すべてが日常的に行われているという事。それは、肉を食べ、毛皮を着て、革のソファーに座り、動物実験された化粧品や日用品を使う人々の日常のため。
地球温暖化、狂牛病、鳥インフルエンザ、、。人間が犯している大罪への罰だと思う。地球、終わっちゃうのかもしれない。それも仕方ないのかもしれない。あんなひどい事しているんだもん。でも、私には子供がいる。だから、諦めたくないんです。私が出来る事、私が知った事実をもっともっとたくさんの人に知ってもらうこと。一人でも多くの人に心から訴えていくことは、事実を知った者の義務だと思います。
【2007/03/09 19:29】 URL | emiko #-[ 編集]
emikoさん、こんにちは!

こういう映像を見た直後は、もう人間なんて絶滅してしまえ!
いや、そうでもしなければ、割に合わないだろう・・
なんて思ってしまいます。
でも、無邪気な子供を目にすると、彼らに罪はない、
彼らには良い環境が残されるべきだと感じます。
大人達が好き放題した故の悲しい未来を残すのは、
あまりにもかわいそうで失礼なことですよね。

1人でも多くの人に伝えていくこと・・
それが事実を知ったものの義務。

その通りですね。
事実を知ってもなかなかこの大きな現状を動かすことは出来ない。
でも、個人差はあれ、どんな形であれ、事実を伝えていくことは、
大事というか、義務だと感じます。

子ども達にもよい形で伝えていくことができれば、
今ほどの現状を改善していくことは絶対に出来ると思います。

すぐに何かが変わらなくても、変わるはずだと思いたいです。
だって、この動物に対しての現状は許されるはずはなく、
これではおかしい、と感じる人は、まだ気付いていないだけで、
実際にはたくさんいると思います!


【2007/03/09 23:34】 URL | 管理人 #-[ 編集]
一人一人感じ方は違うけれど、猫を虐待して喜ぶような異常者でないかぎり、ほんの少しでも変わってくれると信じています。
子供にはまだ映像は見せられませんが、いろいろなこと話してあげました。9歳なりに、マクドナルドやケンタッキーは食べちゃダメだよとか、毛皮は風太くん(あらいぐま)みたいな子を生きたまま剥がしてるんだよとか友達に話して、小さな輪を広げてくれてるように思います。
私は動物愛護運動家でもなく、人一倍優しい心を持った善人でもない、ごくごく普通の人間だけど、こんな事が許されていいわけがないという事くらいの分別はあると思います。
だからみんな、動物たちの現実を知ってくれたなら、自分のできる範囲で動物たちの権利を守ることを考え、変わってくれると信じています。
【2007/03/10 23:24】 URL | emiko #-[ 編集]
映像見ました。
ああ、なんとおそろしいこと。
あんな、愛らしい動物たちがあんな目に遭っているなんて。

知らなかった、といえばそれまでだけど、本当は、史郎としなかった、見て見ぬふりをしてきたのだと思います。
知ってしまったら、見てしまったら、つらくなるから。
こわいね、と言いつつ皮のソファに座り、頭をリセットしてダウンのコートを羽織って買い物に出かけ、何事もなかったかのように、肉を買って帰る…
自分もそんな人間の1人なのだと思います。

でもそれでは、あの、つぶらな瞳の動物たちが、あまりにもかわいそうです。
あの子たちは、いやがっているのに。必死に助けを求めているのに!!
私も勇気を持って、変わらなければ。でもまず何をしたら…?

自宅には、本川のソファがあります。私が、やっぱり本物が良い、といって数年前に購入した物です。そのほかにも革のジャケットや靴、ダウンのコート、ラビットのファー…
自分がしてきたことの愚かさに、涙がでます。こういうものを全部捨てたとしても、彼らはもう戻っては来ない。
【2007/03/10 23:53】 URL | ayako #-[ 編集]
こんにちは。
たびたび、食事の日記や動物のブログなど、拝見させていただいており、いつも新たな発見を感じています。
動物のVTRを観ました。隠れていた真実がこうして少しずつ見えてくるということが、非常にショックなのと、悲しいのと、同時に希望が沸いてきます。
まさに知ることから、感じることから全てが始まっていくような気がするからです。
当ブログにご紹介させていただいてもよろしいでしょうか?Rayさんの美しい食事日記や、様々な視点を楽しみにしています。*
【2007/03/11 13:03】 URL | ami #-[ 編集]
ayakoさん、こんにちは。

本当にたまらないですよね。
こういう映像を見ていると、ごめんなさい、とつぶやいている自分がいます。
自分が直接動物を殺しているわけではないし、
例えば私は今、肉を食べなかったり毛皮を避けたりしてるけど、
やはり人間として、多くの動物を犠牲にしたり殺している事に
関わっているのだと、感じているからだと思います。
結局、今の便利な生活の中で、間接的にいくらでも
動物の犠牲はあるのだろうし、自分は潔白だなんて、ありえませんしね。

自分の生活の中で、全体から見たら僅かな力だろうけれど、
それでも動物の犠牲を極力避け、でもそれを実行したところで、
満足することはないです。
ずっとこの現実を見ながら、苦しみ悩むことが必要なのだと思います。

私も、革製品持っていますよ。全て頂き物ですが、
それは大事に使っています。今使っている財布も、頂き物の
革製品です。大事に使っていこうと思ってます。
(矛盾していると思われるかも知れませんが!)
毛皮製品は持っていませんが、昔何も知らなかった頃、
祖母にフォックスファーの小さなマフラーをプレゼントしたことがあります。
祖母は大事にとって置いてくれています。

この辺は人の感覚それぞれだと思いますが、
私も実際、動物愛護的に完璧か?と言われれば、全然です!
でも私なりに、考えていきたいと思っています!
【2007/03/12 23:24】 URL | 管理人 #-[ 編集]
amiさん、こんにちは。
ブログ見させて頂きました!
富士山だ~!と嬉しくなりました。
私は富士山が大好きで毎年登頂しているんです。
朝霧高原も何度か行きました!
でも牛を見たことがなくて・・時間が悪かったのでしょうかね??
ブログで紹介して下さるのは嬉しいです!

>動物のVTRを観ました。
>隠れていた真実がこうして少しずつ見えてくるということが、
>非常にショックなのと、悲しいのと、同時に希望が沸いてきます。

希望・・そうですね!

正直、見たくもないたまらない映像なのですが、

毎日今この時も、世界中でそしてこの日本で起きている、
「私達人間のための」動物の犠牲が、

”人目に触れない”

ということの方が、動物にとってどれだけ残酷なことかと思います。

もちろん、犠牲となっていく動物にしたら、見られなくても見られても、
苦しく死んでいくことに変わりはないのですが、
私達人間が、この現状を見て何かを感じ、変化が必要だ!
と感じることが大切だと思います。

そういう意味では、こういった映像が多くの人の目に触れることは、
まさしく希望ですね。

動物は毎日大量に犠牲となっているわけで、
そう思うと、早く何かが変わらなければ!と焦る気持ちもあるのですが・・
でも結局、動物の問題というのは、消費者1人1人の行動で
解決されることも多くあるのだと思います。
ですから、多くの人が現状を知り、何か感じていくことが大事だと思います!

【2007/03/12 23:37】 URL | 管理人 #-[ 編集]
はじめまして。
私は、VTR怖くて見れませんでした。
以前は何も知らずにいました。
だけど、ここ一年の間で本当のことを真実として
知る機会がありたくさんの残酷な現実を知りました。
本当に人間でいることがイヤになります。
残酷でも恐ろしくても、目をそらさずに現実を見て
私自身に何が出来るのか何をしなければならないのか
見極めて行こうと思っています。
毛皮が付いているものは買わない。
事実をたくさんの人たちに知ってもらいたい。
そして少しづつでも、人間の犠牲になっている動物たちが
減っていくように何が出来るのか皆の意識の中で
感じてもらいたいと思います。

私の書いているブログはアクセス数も少なく
一部の方たち(友人など)しか見てもらってないような
小さいブログですが、近いうちこんなに犠牲になっている
動物たちのことを紹介できればと思います。

【2007/03/14 20:38】 URL | すがわら #-[ 編集]
すがわらさん、はじめまして。
お返事が遅くなりました!!

こういう映像を見るのは、とても怖いですよね。
私はどんなに短い映像でも、
ちょっとした時間でパッと見る、ということは出来ないです。
見た後に、ここにいろんな事を書かなければ平静でいられ
ないからです。

ブログの方見させてもらいました!
ウサギを何匹か飼ってらっしゃるんですね。
ウサギは一度も飼ったことがないので、
ウサギと暮らすのはどんな感じだろう・・と興味津々です!

ラビットファーも日本で人気ですからね。
しかも悲しいことに格安で。

ぜひブログで動物のことについて話して下さい!
伝える人の数が多くなくても、人から人への繋がりは
大きくて、時間が経てば多くの人が現状を知ったり、
何か生活の中で変化を起こすことによって、
動物の犠牲が減っていくと信じています!
【2007/03/19 08:32】 URL | 管理人 #-[ 編集]
こんにちは*
ブログに紹介させていただきました。
富士山の登山は、すごいと感心しました^^
【2007/03/19 14:56】 URL | ami #-[ 編集]
amiさん、こんにちは!
あ~・・あの富士山サイトは、更新がすっかり滞ってますね!
実は、昨年も一昨年もちゃんと登頂したのですが、
そのことについてまだ書いていないのです。
でも、本当に富士山は大好きで、毎年一回登頂しないと
気が済まなくなっています・・。
今年も行けたらと思ってます!!
【2007/03/21 00:47】 URL | 管理人 #-[ 編集]
いつもこちらに来ています。
そしてHPにリンクもさせてもらっている者です。
今初めてコメントさせてもらうこと許してくださいね。

映像は・・ごめんなさいとても観れません。
説明を読むだけで想像がつきます。
私はビーグルを飼っています。
こんな可愛い、そして人間のパートナーとしてこんな可愛い子がいるかしら、って日々感じています。
ビーグルが実験犬だということ、いつの日か早い将来に無くなること、最もの希望です。

人間てなんでしょうか・・
私はクリスチャンです・・聖書には示されています。
人間が他の動物を収めるように、と。
私たちは動物を自然なる偉大な仲間として尊重をもって関わっていかなくてはいけないんじゃないでしょうか。

このような事実の裏側には、全て人間の欲、利益への追求が原点になっていますね。

あーどうか人間を止めてください!と祈るばかりです。
そして自分自身も行動に移さなければ、と日々の自分を反省しています。

頭脳と知恵を与えられた人間、又手先も器用にできている私たち。
檻の鍵を決して開けられない動物たち。
私たちはこの与えられた優れた体を正しく使っていくべきです。

私も生活の中から出来ることをしていきます。
残酷な事実を回りに伝えていくこと。
動物実験の行われいない物を使っていくこと。
熱心に祈ること。
弱者への愛を決して忘れないこと。

子供の頃から、動物を扱うサーカスに疑問の私でした。

人間はやがて滅びればいい! て思っています。
自分自身をも含めてです。
【2007/04/05 01:46】 URL | tukikko #-[ 編集]
勇気を出してようやく見ることができました。
恐ろしく、沈む映像でしたが、これを同じ人間が行っているのかと思うと、自分も同罪だと思いました。この動物たちが受けている行為は事実であり、過去のことです。しかし、同じような事実が今現在も続いているのもまた確かな事実です。何ができるのか、何をするべきなのか、この映像をみた私たち一人ひとりがよくかんがえなければならないのですよね。
彼らを救うために、何ができるのかを。
辛い映像でしたが、教えてくださりありがとうございました。これからもこのブログを参考に自分なりに考えていきたいと思っていますので、どうかよろしくおねがいします。
【2007/04/08 01:16】 URL | ちぇり #-[ 編集]
こんなビデオを見つけてしまいました。
私は玉子が大好きです。
しかし、こんなに苦しんで病気になってまで
産んでくれる玉子はいりません・・・・
人類は一度リセットしてもう一度原点から
見直してほしいです。
このような高等動物がどうしてこんな仕打ちを
するのでしょう・・・・・
アメリカのコストコでは24個入りの玉子が
$2くらいで売られています。
http://www.petatv.com/tvpopup/video.asp?video=inside_egg&Player=wm&speed=_med
【2007/04/08 02:40】 URL | meg #-[ 編集]
tukikkoさん、こんにちは。
リンクして頂いて嬉しいです。ありがとうございます!

ビーグル犬を飼われてるんですね。
ビーグル犬は気性が穏やかで扱いやすい犬種だと読みました。
悲しいですね。
私は昔、実験に使われるのはラットやマウスだけと思っていました。
(彼らも十分かわいそうなわけですが)
しかし、自分が飼っていた・飼っている犬や猫も実験に使われると知った時、
かなりのショックを受けました。

>このような事実の裏側には、全て人間の欲、
>利益への追求が原点になっていますね。

そうですね。
ある程度の欲は仕方がないとしても、現状においては、
その規模が余りにも不自然で大きくなりすぎてしまい、
考えられないほどの数の動物が毎日殺されていきますね。

結局、私達1人1人のあらゆる物への需要・消費が動物の犠牲に
繋がっているわけですから、まずは動物の現状を知り、
動物の犠牲を減らすために何が出来るか考えることが必要だと思います。

>子供の頃から、動物を扱うサーカスに疑問の私でした。

そうですか!
私は・・子供の頃はどう思っていたかな・・
でもよく覚えているのが、小学校の遠足で行った動物園についての
作文で、私は檻の中にいるライオンがかわいそうだった、と書いていました。
子供だからこそ気付く、動物を「かわいそう」という気持ち、
「何かが間違っている」と感じる事って、あるかもしれないですよね。

【2007/04/08 16:02】 URL | 管理人 #-[ 編集]
ちぇりさん、こんにちは。

沈みますよね。この様な映像を見ると。
悲しい気持ちもありますが、確かに「恐怖」が強いです。

なんなんだろう・・なんなんだろう・・・
人間っていったい何なんだ!
毎日こんな行為を動物に対して行って、
それで何事もなく済まされるわけがない。
天罰が下らないわけがない!

そう感じてしまうんです・・見るたびに。

私もこの様な行為は、同じ人間として自分も同罪と感じます。
特にこの日本という、豊かな国に住んでいる以上、
その豊かさを支えているものとして、動物の存在はとても大きいはずです。
自分も同じように毎日動物を殺しているのだ、
という意識は持っています。
だからこそ、この現状が少しでも改善されて欲しいです!
【2007/04/08 16:07】 URL | 管理人 #-[ 編集]
映像、最後まで見られませんでした・・・
こんな残酷なことをした上に
私たちは立っているのですね・・・。
環境汚染だって、自然破壊だって
やっているのは、皆人間・・・・。
最低ですね。。。。
ごめんなさい、ごめんなさい。。。。
【2007/04/17 14:13】 URL | ユキ #-[ 編集]
 こんにちは。
 妹に言われて画像を見ました。
 グロイ動画はほとんど見れると自負していた自分でしたが、最後までみることは出来ませんでした。
 生きたまま……というのが、どうしても。
 知識として知ってはいても、目を通してだともっと酷く、これが現実である事を感じます。
 
 この画像を見た後でも変わらず、笑顔で肉をほおばり、毛皮のコートをねだる人のことを、自分は批判できないでしょう。
 なぜならば、自分もそうなるであろうからです。
 やはり、おいしいものはおいしく、欲しいものは欲しい。
 しかし、屁理屈かもしれませんが、無知よりは良いと思います。そのありがたみを知った上での選択ならば……。

 人間はやりすぎかもしれませんが、結局世の中は弱肉強食なのです。
 ただ、人間が被害者側に立つことがないからその恐ろしさを知らないだけ……。

 自分は小学生の頃、飼育委員でした。しかし、学校で飼ってウサギが三匹とも殺されてしまいました。犯人は妹のクラスメイト。彼はほぼ特別学級に入る直前でしたが、その手口はあまりにも悲惨でした。針金でウサギの耳に穴を開け、スライムを無理矢理飲ませたのです。
 自分は憤りました。彼の行動と、それを「特別学級の子だからしょうがない」と隠蔽してしまった教師。そして、その教師に怒れなかった自分に。
 もともと人間には残虐さが備わっています。同じく小学校の頃、カブトムシやザリガニの死骸を笑いながら放り投げて遊ぶ下級生や、トンボの首をでこピンで飛ばしている同級生に恐ろしさを感じたものです。

 ですがそれでも一人でも多くの人が、それらの行動の意味をこの動画で知ってくれれば……杜思います。
【2007/08/19 17:43】 URL | 通りすがり #-[ 編集]
はじめまして。
私はあなたの考えに大賛成です。
最近この事実を知りましたが、あまりにも酷すぎます。
ショッキングな映像を見てから、お肉が食べれなくなりそうです。
動物達の悲痛な叫び、悲しみと絶望に満ち溢れた目が連日頭から離れません。
夜寝る前には、頭から追い払おうと思っても、鮮明に思い出され、胸が苦しくなります。
どうしたらこの現実をみんなに知ってもらえるのかと毎日ない頭で考えています。
県知事にも無駄かもしれないけど、メールしました。
地位のある人や有名人に知ってもらえば、すこしでも多くの人に伝わるんじゃないかと思っています。
そしてメディアはおいしいところだけ報道するんじゃなくて、こういう悲惨な現実をどんどん流すべきですよ。
どこからか必ず圧力がかかるんでしょうけど、是非立ち上がってやってほしいです。
すみません、書いているうちに興奮してしまって。。。
でも同じ考えの人がいてよかったです。
【2007/09/24 17:04】 URL | ブンタママ #-[ 編集]
はじめまして。
動物のVTR観ました。
ショックで涙が止まりませんでした…。
私は今19歳です。
オシャレやファッションにとても興味があります。鞄やコート、ファーなどどうせ買うならやっぱり本物がいいな~と思って買っていました。
VTRを観た今、こういったモノを買うか、それとも買わないか、と聞かれれば私はやはりこれからも買ってしまうと思います…。。。
ごめんなさい。。。
ただ、このVTRを観る前と変わったことは、こういったことが行われているという事実や私たち人間のせいでたくさんの動物たちの命が奪われていることを知り、私たちが普段口にしているお肉や手にしている革製品など、犠牲になった動物たちの命に対して感謝をしなければならない、と心からそう思いました。
私はこの事実を絶対に忘れません!!
一人でも多くの人々にこの事実を知ってもらえるように頑張って伝えていきたいと思います。

ありがとうございました。

【2007/12/03 01:53】 URL | えみ #-[ 編集]
上の方で自分は肉を食べないように
毛皮も避けなんて言ってるamiさん?
わかりませんが
ただの綺麗事ですよね
結局あなた自身だってこれまで
何にも動物に対して関わってないなんて
ことないと思うし
何も知らずに母にプレゼントって。
知らなかったらいいんですか
動物虐待だって知らなかったて
よくみんなゆうけどそれと一緒やん
自分は悪くないし気をつけてる的な
言い方腹立つ
あなたみたいな言い方してる人
まぢむかつきます
【2008/08/22 00:17】 URL | しー #-[ 編集]
しーさん、管理人です。
毛皮を祖母にプレゼント・・というのは、
amiさんではなく私・管理人のことです。

相当腹立たせてしまったみたいですみません。
私の書き方が生意気だったかも知れません。

私は事実、動物の現状を知る前は、
肉も好きで、毛皮も気にせず、
何も考えずに行動していました。
そしてそれに気づいてからは、
肉や毛皮を避けて行動しています。
気をつけている、ということになると思います。
でも、自分は悪くないというつもりはありませんでした。
もし私の文章からそう思われたのならごめんなさい。
毎回気をつけて書いているつもりでしたが、
このビデオはかなりインパクトがありましたので、
文章も感情的に強くなってしまったのだと思います。
【2008/08/24 17:27】 URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://animalhearts.blog8.fc2.com/tb.php/197-a53e6167
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。