Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2
k2
 
 


  





「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 の続きです。



____________________________________




全国ペット小売業協会。
こうした悪質な業者を指導しようと、協会では、
繁殖方法についてのガイドラインを独自に作り、啓発に努めている。
しかし、協会に加盟する業者はおよそ3500社。
多くの業者がまだ加盟しておらず、徹底されていないのが現状。

また、国の規制も十分に機能していない。
動物を取り扱う業者は、自治体への登録制。
書類審査に重きが置かれ、一定の設備を備え、監督責任者を置いていれば、
誰でも販売することができる。
また、悪質な業者を取り締まろうにも基準が曖昧なため、進まない。

環境省 動物愛護管理室の職員はこう言う。

「一般的な基準というものを明確化するというのも、
 色々な方の意見を聞きながらということになりますし、
 なかなか文章で一定のラインを引くというのが難しいというのが正直な所ですね。」


アナウンサーと、番組にゲスト出演していた、動物保護団体代表野上ふさ子さんとの対話。

「おびえた犬の表情が、過酷な日常を生々しく表していましたが、
 価格破壊とも言うべき状況が進む中で、過酷な飼育を強いられる犬たちが後を絶たない。
 4年前に法律が改正されて、事態を改善しようという方向が作られたのではなかったのか?」

「私たちは動物愛護法の改善運動を長年やってきて、
 特にこの動物取扱業者の規制を求めてきた。
 しかし残念ながら、前回の改正では、そのうちの半分くらいは実現しなかった。
 とりわけ欠けている点は、動物取扱業者の基準。
 この基準が非常に曖昧なために、具体的にそれを適用できないという所にある。
 行政がその基準に基づいて立ち入り調査をするが、業者の方もよく考えていて、
 予告して行政が行くので、その日に限って犬をよそに移してしまったり、
 きれいに掃除をして待っているので、なんの問題もないということでスルーしてしまう。
 なので、予告なしで立ち入り調査をするとか、基準の中に具体的な数字を入れて、
 一つ一つチェックしていくという形にしないと、
 なかなか悪質な業者をなくしていくことはできない。」


悪質な業者を取り締まることができない曖昧な基準とは?


海外(イギリス)との比較

                 日本        イギリス
_____________________________________

業者の認可          登録制       許可制
繁殖の制限          適切な回数    1年に1回、1生に6回
幼齢動物の販売制限    適切な機関    8週まで


「日本における、業者の登録制とはどんなものなのか?」

「施設の登録制なので、例えば大阪でひどいことをしても東京でまた営業できる。
 イギリスは個人のライセンス制なので、いったんライセンスを奪われてしまったら、
 一定期間は一切営業はできないという厳しいもの。」

「イギリスの、個人に与えられるライセンスとは、
 どういった資格、能力を持っている人に与えられるのか?」

「イギリスにおけるブリーダーとは、特定の犬種を維持してきた人たち。
 一つ一つの犬種には、いわれがあり歴史がある。
 犬種の特性は何百年もかけて守られてきている。
 ブリーダーは1種類の動物を育てているのが普通。
 日本は、誰もがブリーディングをして、流行の犬種を大量に繁殖させてしまう。
 日本とイギリスのブリーダーは、言葉は同じでも内容は全く違う。」

「繁殖をしても良い回数、について、イギリスは具体的に数が決まっている。
 日本は、若いうちにできるだけ大量に産ませてしまうという考え方。
 犬たちは4年位で体がぼろぼろに。
 悲惨な状態となり、子供が産めなくなる。
 病気になれば、業者は保健所で処分してもらう。
 イギリスでは、母犬が一定期間静養できるように、繁殖は1年に1回としている。
 繁殖が終わっても日本のように処分するのではなく、終生飼育する事が義務づけられている。」

「日本では60日以内の子犬を飼うケースが圧倒的に多いが、
 イギリスでは8週間までは必ずブリーダーの元にいなければいけない。
 8週を過ぎるまでは、母犬から引き離してはいけないということは、
 科学的な根拠に基づいて行われていることであり、
 これによって、子犬が安定した状態で飼い主と一緒に過ごせるということになる。」


________________________________________


→続きます。

(画像と内容は関係ありません)



よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆



スポンサーサイト
【2009/08/06 16:00】 ペット動物について | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3 | ホーム | 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 >>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://animalhearts.blog8.fc2.com/tb.php/246-f7c43a36
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。