Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
番組の感想
  

ペットは泣いている、の番組内容を3回に分けて記事にしました。

おとといから、あの番組のことが頭から離れません。

いつもの近所の道を歩きながら、ぼーっとしてしまいました。

整備された道路。
家々に咲くきれいな花。
道行く人々。
子供の手を引いて歩く私。

いわゆる平和な、毎日の光景。

でも、実は全国の数多くの施設では、
商品にならない子犬たちが連れてこられている。
何も分かっていない子犬たち。
長く一緒に暮らしていた飼い主に連れてこられる犬、猫たち。
状況を察してか、施設に入るのを必死で抵抗する犬もいる。

そして、その施設の中で、犬や猫たちには 「死」 が、「ガス室」 が、近づいている。
やはりそれを察してか、または突然知らない場所に連れてこられた事への恐怖か、
がくがくふるえている犬もいる。

そして、ガス室へ送り込まれ、施錠がなされる。

もう出られない。

そのガス室内を見た人の記述によれば、

「犬が苦しさのあまり、口を180度開いていた」

ということです。
この言葉は、ガス室と聞いたときに、私が真っ先に思い出す言葉です。
ブログなどでも何度も書いてきました。
これからも、何度も書いていくと思います。繰り返し。


私たちが何気なく過ごしている日常。

毎日歩いている道。

この道は、私たち人間と、
一部の 「人間に認められている」犬と猫だけが、歩くことを許される。

「人間に認められない」犬と猫は、この道を歩くことを許されない。

私たちが見上げる、真っ青な空。輝く太陽。心地よい風。
青々とした木々や草、きれいな花たちも、

彼らは見ること、感じることを許されない。

生きていくことを許されない。

「死ななければいけない。殺されなければいけない。」

生命に溢れた美しい地球、自然。
そこに生まれた犬や猫たち。
その当然とも言うべき恩恵を受けられるのは、ほんの一部で、
多くが、そんな当然のものに触れることも許されない。

そして、毎日毎日、昨日も今日も明日も、その次の日も・・、
死んでいく、いや、殺されていく犬や猫たち、子犬や子猫たちがいる。
犬だけで年間10万匹、つまり1日に換算すれば、
数百匹もの犬や猫たちを、私たちは 「殺処分」 している。

「殺処分」という言い方は間違っている、という意見があります。
そうです。彼らは「処分」されるようなことをしたわけではない。

彼らはただ、生きようとしただけだ。
必死で、何とかして生きようとしただけだ。

生きるためなら、吠えることだってある、糞だってする、ひっかくことだってある。
でも、こんなことさえも、「罪」となることがあるのだ。
こんな理由で、「処分決定」となる犬や猫もいるのだ。


私たちのほとんどは、犬や猫たちが殺されていくような、
そんな様子を見なくてすむ。
わざわざ見たくない。
気分が重くなる。
だから見たくない、そう思えば、見なくてもいい。

そんな暗く嫌な現場なんか見ずに、知らないふりをして、

おいしいもの食べて、好きな物買って、友達と仲良く、家族とハッピーに、
暗い現実にはなるべく目を向けず、「幸せに」「おだやかに」「心地よく」過ごせばいい。

みんなそうすればいいのに。なんで、わざわざ暗い現実なんかに目を向けるの?

こういう意見もあるでしょう。
そういう考えを持っている人に対して、私は強いことは言えない。

でも、少なくとも私は、「絶対に」そんな人生なんて嫌だ。

自分と、自分のちっちゃな周辺、その辺が幸せでまるくおさまってればOK。

そんなのは嫌だ。
逆に、そんな人生は、とても不幸だと思う。
苦しんでいる存在から目を背けて生きていくのは、とても悲しい生き方だと思うのです。


私はこの番組を見て、思いました。
みんな、1日に1回くらい、このような現実を思い出して、苦しむべきなんじゃないかと。

仕事も家事も手に付かないほど、笑うこともできないほど苦しみ、
一日中暗い気分でいるとか、そんな事じゃないです。

1日のうち、ほんの少しの間でも、このような現実があることを再確認する、
決して忘れない、常に頭のどこかに置いておく、それって大事なことなんじゃないかと思います。




よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆



スポンサーサイト
【2009/08/07 13:21】 ペット動物について | トラックバック(1) | コメント(2) |
<<緑色のヒヨコ | ホーム | 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3>>
コメント
こんばんは。先日はRayさんに知らせていただいたお蔭で、貴重な番組を見ることができました。思いがけず野上さんの元気な姿も拝見することができました(私は10数年前に野上さんの事務所に出入りしていたことがあります)。日本の動物愛護運動は各地の動物保護団体による地道な保護活動によって支えられていますが、野上さんが長年続けられているような調査、啓発、自治体やマスコミへの働きかけなどといった広い意味での保護活動もまたなくてはならないものだと思います。

番組を見ていて思ったのですが、日本の行政は産業界に対して甘過ぎますよね。野上さんの説明をRayさんが“内容2”で文章化してくださったように、動物取扱業者の基準なんてイギリスと比較したら無いに等しいと思います。例えば繁殖の制限については、イギリスでは1年に1回、一生に6回までなのに対して日本では“適切な回数”。幼齢動物の販売制限については、イギリスでは8週までなのに対して日本では“適切な期間”となっていて、これでは何かというと「適切に処理します」とおちょくるような答弁を繰り返したパフォーマンス上手な元首相のようです。動物の保護を目的とする法律なのに制定から運用までペット業界の顔色を窺いながら進められるようでは、まるで“動物取扱業者保護法”のようです。こうしたザル法に対して、私たちはもっと大きな声を上げるべきではないかと思いました。
(あ、それから、イギリスのブリーダーについての野上さんの発言を文章化してくださった箇所なのですが、“犬種”となるべき所(3箇所)が“研修”と変換されてしまっているので、ついでにお知らせしておきまーす)

【2009/08/17 21:18】 URL | モー #-[ 編集]
モーさん、コメント嬉しいです!

・・実はですね、研修、となっていた所、間違えて変換されたんじゃないんです。私が、「研修」だと思ったんですよ!なんか変だな・・と思いつつ・・そうですよね、犬種ですよね。本当に気づきませんでした。ありがとうございます!!

“動物取扱業者保護法”
・・この言葉、まさにその通りですね。これからブログでもこの言葉使っていきたいです!
本当に・・なんというか・・この業界何かあるのだろうか・・と思ってしまうほどです。
ここまで守られてしまっているなんて。

法律が強化されなければ、と思う一方、
法律が強化されなければ、犬や猫の命は守られないんだなと、むなしい気にもなります。
まぁ・・ペット動物だけなく、畜産や毛皮など、多くの動物がそうなわけですが、犬や猫も「商品」であり、それらの売買はビジネスな訳ですからね。
食品などと同じく、売れなければ値が下がり、捨てられ、不良品ならばやはり捨てられる、破棄される・・。

このような仕組みが続いているということは、やはり私たちがこれを支えているんだなと、感じます。
【2009/08/24 21:52】 URL | ray(管理人) #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://animalhearts.blog8.fc2.com/tb.php/248-5032036a
クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える
関連記事: →http://blogs.yahoo.co.jp/pola0708/58524658.html →http://animalhearts.blog8.fc2.com/blog-e 自由で気ままな日々【2009/08/07 15:20】
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。