Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
頂いたコメントの返事
  


以前書いた記事に、コメントを頂きました。

コメント欄にお返事を書いていたのですが、とても長くなってしまったので、
記事とさせて頂きます。


___________________________________


>肉食って 快楽 なんですよね。
 美味しい という魅力からはなかなか
 逃れられないと思います。

肉食が快楽・・ということ、分かる気がします。

初めて工場畜産の現状を目にした時、
あまりにもショックで、次の日からもう肉を食べる気がしなくなりました。
当時の私は、今から10年ほど前ですが、かなり感情的になっていたと思います。

でも、年月が経ったことや、何より、妊娠中に肉が食べたくなったことがあったり、
などの変化を経て、自分の考え方というか見方というか、
そういうものに多少変化が出てきた気がします。

畜産動物に対してかわいそうと思う気持ちは変わりませんけどね。

畜産動物をかわいそう、と言ってしまうと、とても反感を買われやすいと思います。
相手にしたら、まるで肉を食べることが残酷だと言われているようですし、
自分だって昔食べてたでしょ!魚や野菜はかわいそうじゃないの?
と言い返したくもなると思います。
実際、よくある展開ですよね。

でも、やっぱりかわいそうという感情を持つのは、普通じゃないかと思うのです。
肉を食べるにしても、やはり牛が殺される様子を見たら、
かわいそうなんて言ってられなくても、「かわいそう」と思いますよね。

なにも、かわいそうって言っちゃったら、もう肉を食べちゃだめ!
ってことじゃなくてもいいと思うんです。
食べるけど、でもやっぱり殺されるのはかわいそうだよな、
矛盾しているように思われそうですが、でも、人間の自然な感覚だと思います。

かわいそうと思う気持ちは、感謝なんて言葉よりも大事なんじゃないか?
と思うことさえあります。

・・ちょっと話が脱線してしまいましたが・・

肉は美味しいのかもしれないですね。
私は外食などで、年に何回かですが、肉を食べることがあります。
料理によっては強烈に感じることもありますが、
意外と普通に美味しく食べれてしまうのです。

確かに、野菜や豆腐に比べて、食べ応えもありますしね。

肉は体に悪いという説もありますが、分かりません。
食べ過ぎは良くないでしょうが・・。

結局、肉は体に悪いから止めよう、というよりも、
肉は動物だということをもっと意識して、
そしてその動物たちをかわいそうと思う気持ちを持って、
肉の過剰生産・摂取を止めることで、畜産動物がより快適な環境に置かれることを
願うことの方が、大事なんじゃないか、と思うんですよね。


>周りに肉食しない人がいません。
 家族がいますが理解が得られません。
 夫に お前は変だ。といわれます。
 自分は食べないけど 食べたがる家族に
 肉を使った料理をたまに作ります。
 説得できそうにないので・・・つらいです。

私は、主人がやはり肉を食べませんので、それは恵まれていると思います。
(強い思想があるとかいうよりも、元々さっぱり系が好きなので、
 野菜や豆腐の料理の方が好きだそうです。肉を完全に避けてるとかじゃないですが)
ご主人の、変だ、と言うお言葉、分かります。
私も、特に父は心配していますね・・肉を食べないことについて。

でも、肉を食べるか食べないかというのは、人から何か言われて決めるのは難しい気がします。
もちろん、動物の現状などを説明して、なるほど、じゃあ食べるの止めようかな、
なんて人もいるかもしれませんが、そう単純なことではないと思います。

医者から止めるようにいわれたとか、アレルギーがあるとか、
そういうことなら止めやすいですが、そうでなければ、
自分で何か感じること、直感的なものかもしれませんが、そういうことがないと、
なかなかピンと来ませんよね。

私も昔、留学中に、同じホームステイ先にベジタリアンの台湾の子がいまして、
かれこれ1年ほど、一緒に暮らしていました。
彼女の菜食ぶりを1年も眺め、何度か動物に対する考えも聞き、
それでも私は、何もピンと来るものがなく、かといって彼女の考えに反対なわけでもなく、
普通に彼女の横でお肉をほおばっていました。

何か、人によってタイミングがあったり、
きっかけとなりうるものが違ったりするんでしょうね。
もちろん、ずっとそういうことを感じないということもあると思います。
私も、動物のことに関しては色々と感じることがありますが、
でも例えば、他の人たちが苦しんだり傷ついていたりすることに対して、
何も知らなかったり、鈍感に過ごしていることもあるかもしれません。

我が家は、ずっと、ほぼ菜食の暮らしをしてきました。
ただ、これからちょっと状況が変わりそうです。
もう変わってきていますが。

もうすぐ2才になる息子がいますが、
息子には菜食をさせるつもりはありません。
・・というか、それは自分でどうするか決めること、個人の事だと思っています。
私たち夫婦は、基本的には菜食、息子は自分で決めればいい・・

ただですね、息子が学生にでもなれば、外で自由に食べれますが、
小さいうちは、自由がないわけですよね。
給食もまだですし、基本的に、親が出すものしか食べれませんからね。
つまり、肉を出さなければ、肉を食べる機会はないわけで・・

これは、菜食、ベジタリアンの方たちの間では賛否両論あるかもしれませんが、
私は、息子には、肉料理も食べさせたいと思っています。
先日は久々に鶏肉を買ってきて、豆腐ハンバーグに混ぜてみました。
息子だけ食べるのも変なので、私たちも食べました。
これからも、少しづつ作っていこうと思っています。
(息子が嫌がったら、無理に食べさせる気はありませんが、
 最初から一切シャットアウトというのは、どうかなと思いまして。
 でも実際、だいたい食べていますので、嫌いではなさそうです。)

たくさんの安い肉で、たくさんの肉料理を、ではなくて、
少量でも、畜産動物に配慮されたような肉を買って、料理出来たらと考えています。
まぁ・・男の子ですし、食べ盛りともなれば、そんな少量では済まなくなるかもしれませんが・・。
私も食べ盛りの時は、唐揚げとか大好物でしたし。

ということで、これからは今までのように完全に菜食!って感じではなくなりそうですが、
だからといって、畜産動物について考える事を止める事では決してありません。
逆に、食べる事で、なおさら考えさせられる事もあります。

肉を食べているからこうとか、肉を完全に食べていないからどうとか、
そんなことよりも、その人がどんな考え方をしているか、どんな思いを持っているか、
という事の方が大事だと思います。
少なくとも、そんな風に思う事があれば、肉の暴食はしないと思いますしね・・。

今は本当に、肉が、特に先進国のために過剰生産され、過剰摂取・破棄、
という、動物を扱っている・命を扱っているとは思えないような、
悲惨な状況になっていると思います。
まずは、このような動物の命の尊さが無視されているような、
そんな肉の大量消費が見直されるべきだと思います。
大量生産になるほど、動物たちの飼育環境は悪くなりますしね。


>動物に関しては 実験とか毛皮とか問題がありすぎですよね・・
 人間という種の 野蛮さ 残忍さ
 生きてるのも いやになります。
 ただ こんな今まで 目にすることのなかった闇の世界が 
 誰にでも見ることができる世の中になってきてるなぁと 感じています。
 一日も早く 動物たちが つらい思いをしない世の中になるよう 願ってやみません。

私も毎日、動物の事を考え出すと、つらい気持ちになります。
夜目を閉じると、今まで見てきた映像が浮かんだり、悲惨なニュースなどを思い出すと、
眠れなくなる事もあります。
本当に、闇の世界だと思います。
でも、それは私たちの生活を支えている、私たちに密接に関わっている世界なんですよね。
本当は闇の中ではないのに・・そうしてしまった方が、人間には都合がいいですもんね。
そういう世界、現状を、私たち人間が理解して、考えて、苦しむ事ができれば、
今ほど悲惨な状況は改善されるんじゃないか・・と感じます。




よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆










スポンサーサイト
【2009/10/07 17:24】 その他 | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<超巨大バーガー・Windows7ワッパー | ホーム | 精肉詰め放題>>
コメント
こんばんは
この記事を読んで、「本当にそうだなあ」と思うことばかりでした。
Rayさんの、「子供にはお肉も食べさせたい」という気持ちは、とてもよく理解できます。何を食べるか・食べないかは、本人が自分で考えて決めることであって、強制されるものではありませんものね。
私も、ネットで動物たちの現状を見てショックを受け、以来お肉を食べないようにしているのですが(ときどき食べることもあります)、
それを家族にわかってもらうことも難しく、また友人にも好奇の目で見られたりするのでは思って言い出せなかったり、ブログでも説教臭くなるのではないかと触れるのを躊躇していました。
お肉はやはり、本能的においしいと感じてしまうのだと思います。だから大多数の人は(私もそうでしたが)「かわいそう」という気持ちを持ちながらも止めるまでにはいかないのだと思います。
けれども、こちらの記事を見て、お肉を食べないライフスタイルがあるということを、周囲にももう少しオープンにしていこうと思いました。
ベジタリアンって結構身近にいるんだな、と思ってもらえるかも知れないし、将来的には日本のレストランとかでもそういうメニューが出るようになるかも知れない…
肉食については、完全に否定することは難しいと思いますが、せめて、飼育環境などを含めて動物たちの苦痛が少しでも減るように…
私もブログなどで、もう少しこういった話題に触れるようにしたいと思いました。
【2010/01/17 00:27】 URL | ayako #-[ 編集]
ayakoさん、コメントとっても嬉しいです!!

>それを家族にわかってもらうことも難しく、また友人にも好奇の目で見られたりするのでは思って言い出せなかったり、ブログでも説教臭くなるのではないかと触れるのを躊躇していました。

私は・・身近な人に口で伝えるというのは、あまりやったことがないんですよね、実は。
本当に、本~~当に、デリケートな話題だと感じます。何でこんなに、と思ってしまうほど・・。
ですので、このブログという場所で、自分の考えていることを書いて、そして更に、それについて皆さんの意見を聞くことができるということは、とても貴重なことだと感じています。

>ベジタリアンって結構身近にいるんだな、と思ってもらえるかも知れないし、将来的には日本のレストランとかでもそういうメニューが出るようになるかも知れない…

このブログや料理ブログで、皆さんからコメントを頂くと、なんだか、周りに結構ベジタリアンの方っているんじゃないか??と錯覚してしまいますが、実際に周りを見ると、やはりそんなことはないと感じてしまいます・・。
でも、今では動物関係やベジ関係のブログ・HPなどは山ほどありますよね。これはとても嬉しいことだと思います。このようなブログはどんどん増えている気がするんです。きっと、少しづつであろうと、動物について意識する人も増えているはずだ、と希望を持ちたいです。

>肉食については、完全に否定することは難しいと思いますが、せめて、飼育環境などを含めて動物たちの苦痛が少しでも減るように…

私の考えは、とにかくこれに尽きます。
肉は動物から作られている、ということをもっとひとりひとりが意識して・・それ故、動物の生きる環境が少しでも良くなって欲しいです。
【2010/01/25 00:45】 URL | 管理人 #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/03/06 16:17】 | #[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://animalhearts.blog8.fc2.com/tb.php/254-5d5ad7e8
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。