Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
激安リアルファー付きダウンジャケット
夏の終わりにショーウィンドウに出始める毛皮商品。
秋になると少しづつ、人々のファッションに毛皮が取り入れられ、
年末にもなれば、毛皮も大セール。
それも過ぎれば、売れ残った毛皮はワゴン内で破格の値段となる・・

このサイクルを、毎年毎年、ため息をつきながら眺めていたわけですが・・

ここ何年か人気のダウンジャケット。
それでも、ダウンは高いイメージがあったのですが・・
昨年ユニクロから発売されたダウンジャケットの安さには驚かされました。
そして、今年も昨年と同じく、同社から何種類かのダウンジャケットが販売されています。

今日ユニクロの店の前を通り、そして中に入って驚きました。
ダウンジャケットの安さだけでなく、その量に驚かされるんですよね・・。

うわぁ・・こんなにたくさんのダウンジャケットが・・と、量に圧倒されるのです。
もちろんそこで思い浮かぶのは、そのダウン、羽毛を提供している鳥たちのことです。

ユニクロは2005年に、リアルファーの使用は今後中止すると発表しています。
それは嬉しいことです。
何しろ、ダウンジャケット&リアルファーが、何でどれもこれも??
と失笑してしまうほど、セットになっていますからね。

でも・・うーん・・物事には段階というものがあるのだろうか。

リアルファーというのは、動物の毛皮がむき出しの状態ですが、
羽毛というのは、隠れて見えませんからね。
毛皮ほど、なんというか、生き物から取ったもの、という実感が沸きにくいのかもしれません。
(それでも、未だにラビットファー全面のジャケットや帽子やバッグを見かけますが・・)


ちょうど1年ほど前に、こちらで羽毛についての記事を書きました。
羽毛について書かれている方のブログも紹介させて頂いています。

ぜひぜひ多くの方に、毛皮だけでなく、羽毛の現状も知ってもらいたいと思います。

こちらの記事です→ 羽毛の実態


毛皮にしても羽毛にしても、それによって作られる商品が安かろうが高かろうが、
死んでしまった動物にしたら関係のないことですが・・

でも、それにしても・・

とても高い値段が付いて、毎年大事に着続けられるのと、
とても安い値段が付いて、色違いでいくつも買ってコーディネートを楽しめたり、
何となく飽きたら捨てて、次の年には新しいのを買ったり・・(安いとこれが出来ちゃいますからね)

どちらがいいかと言えば、そりゃぁ高価で大事に扱われるものであって欲しいです。せめて。
高価ってことは、そんなに出回っていない、つまり殺される動物・鳥の数も少ないわけですし。

クリスマスが終わると、今度は冬のセールですね。
リアルファー付きダウンジャケットもどんどん値段が下がり、
どこかでは、ただ同然みたいな値札を付けられるのでしょう。



よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆



  

スポンサーサイト
【2009/12/22 20:46】 毛皮動物について | トラックバック(0) | コメント(8) |
| ホーム | 超巨大バーガー・Windows7ワッパー>>
コメント
はじめまして、どうも!
ふうじ~” と申します。
半年くらい前からベジになり今ヴィーガンになりました。
動物愛護的なものからです。

こちらのブログとても感心しながら、また、そうそう!その通り!と思いながら読ませてもらってます。

私などまだ動物愛護的なものに目覚めてちょっとの者で、なんだかおこがましく何かするにはためらいも多いのですが、とんでもなく重大な事を発見してしまったというか、なんか目覚めてしまったのです。
動物達の壮絶な苦しみというものに・・・
出来るだけこの気持ちを世に発信しようと思いブログなんてものも作ってみたりして・・・

でもここに書かれていることが今自分の感じているほぼ全てといっていいような・・・
コメントされている方もみんなしっかりして素晴らしい方ですし・・・

とりあえず次の記事で、感謝して食べるってどういうことだろう?の記事を使わせてもらおうかとおもいまして。

あ、ダウンのこと凄く知りたかったんですよ
アリガトウございます。
でも、ふう・・・これもこんな状況なのか~って感じです。
普通に生きてたらみんな知らないですし知ろうとしないですよね・・・

【2010/01/10 01:01】 URL | ふうじ~ #-[ 編集]
ふうじ~さん、はじめまして!
コメントとても嬉しいです。

>、とんでもなく重大な事を発見してしまったというか、なんか目覚めてしまったのです。
動物達の壮絶な苦しみというものに・・・
出来るだけこの気持ちを世に発信しようと思いブログなんてものも作ってみたりして・・・

約10年前、私も全く同じ事を感じて、そしてHP(最初はブログってありませんでした~!)、ブログで感じたことなどを書いてきました。

ほんとにその通りです・・

「とんでもないことを発見してしまった」

このお言葉通り。
私はそれに気づいた当日は、言いしれぬ恐怖で・・なんなんでしょう、今まで感じたこともない、感覚、恐ろしさでした。あの時の感覚は忘れられないです。

目覚める、っていう感覚も分かります!!
発見・・と言っても、それまでも動物の犠牲の上に立つ社会で生きてきたわけですし、世界中で動物が殺されていることなど、頭のどこかで分かっていたはずです。
でも・・なぜかそれまでは、自分の中でぴんと来なかったんですよね。なのに突然、はっと目覚めた感じで、自分の住んでいる社会というものの闇の部分、少しは気づいていたはずのその部分を、まじまじと突きつけられた感じがしました。

うまく言えないのですが、とにかく、ふうじ~さんと同じ感覚!!なのです。

ふうじ~さんのブログも、ゆっくり読ませてもらいます!
またコメントお待ちしていますね。
【2010/01/14 20:49】 URL | 管理人 #-[ 編集]
10年前ですか。
それは今まで大変だったでしょうが同時に今ではとても羨ましく思います。
そんなに前に知ることができたなんてっ!!

あ、でも私も10年前に一度何となく目覚めてベジに走ったんだよな~、愛護半分、健康半分ですが(花粉症が治る!と本に書いてあったのを見てだったか)、でも周りの反応が凄て・・・
植物はどうだに始まり、あれはこれはと・・・
で周りの反応が怖く自分の中の愛護ベジを健康ベジが次第に押しつぶしていって、いつのまにか健康ベジを自称するようになってしまって、心までも・・・
で結局花粉症も治らなかったこともあって一年で止めてしまいました。
やはり人間が一番怖いですし、その対応を優先してしまいました。

今は強い信念がありましてもうその心を潰す事もないでしょうし、周りには臆することなく公言出来るようになりました、他者にぶつかっていく内にどう自分の気持ちを伝えていくべきかを考えられるようになりました。(ずる賢くなりました、ハハハッ)
また厳格なヴィーガンにも固執しないようになってます、ただ動物達の苦悩を減らすにはどうすればいいのか、また生き物全般にも感心がいくようになり、彼らとどう生きていけばいいのかを模索中です。

このようになれたのもRAYさん含め色々な方の意見を拝見できるようになったからだと思います。
これからもよろしくお願いいたします。
【2010/01/26 22:55】 URL | ふうじ~ #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/04/08 01:46】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/08/16 18:01】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/12/28 14:45】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/06/05 13:43】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/25 03:51】 | #[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://animalhearts.blog8.fc2.com/tb.php/256-40ae3123
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。