Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
魚津でクマ 鶏舎襲う トタン壁破壊 150羽死ぬ
クマの被害が各地で深刻となっていますが、以下の記事も大変ショッキングなものです。以下、中日新聞からの抜粋です。

*********************************************************

十九日午前十一時十五分ごろ、富山県魚津市東城、養鶏業尾谷きよ枝さん(67)方の鶏舎で、鶏舎側壁のトタンが破られ、クマが近くの茂みに逃げ込むのを、見回りをしていた尾谷さんが目撃した。鶏舎内を調べたところ、クマに襲われたとみられる鶏約百五十羽が死んでいるのが見つかった。クマが逃げ込んだ茂みの周辺には、血のついた鶏の羽やクマの足跡が残っていた。

魚津署と市有害鳥獣捕獲隊が逃げたクマを捜している。鶏舎から片貝川を挟んで約一キロのところに片貝小と片貝保育園があり、住民は警戒を強めている。

尾谷さんは、鶏ふんに水がかかった時にする異臭に気付き、鶏舎を見回って壁面の二カ所でトタンがはがされているのを見つけた。
「茂みに逃げ込むクマの後ろ姿を見た。
まさかと思ったが、鶏が食い散らかされていて、びっくりした」と話した。異臭は、鶏舎内でクマと鶏が暴れた際に鶏用の飲み水がこぼれて発生したらしい。

鶏舎ではブロイラー用の雄雌計五千羽を飼育していた。クマにかみ殺されていたのは雌四十羽余り。ほかの被害は、クマの侵入で混乱した鶏が折り重なった際に圧死したらしい。

富山県自然保護課は
「クマが鶏肉を食べるとは聞いたことがない。ましてや鶏舎を襲うとは…」
と驚いている。富山市ファミリーパークは
「クマは雑食だが、ドングリやグミなど植物系が中心で、動物の肉は好まない。鶏を襲わずにいられないくらい腹を空かせていたのでは。それだけ餌が枯渇していると考えられる」
とみている。

現場は、北陸自動車道魚津インターチェンジからから東へ約七キロの山間部にある集落で、鶏舎の周辺には民家がある。

*************************************************

以上、記事でした。

とてもつらい事件ですね。

1頭のクマが、40羽もの鶏を噛み殺し、結果計150羽もの鶏を殺してしまったとは・・クマの強い力を思い知らされます。殺された鶏もかわいそうですし、保育園も近いと言うことですから、住民の方の恐怖も計り知れません。

そして何ともショッキングなのが・・・富山市ファミリーパークの見解ですね。肉を好まないクマが、鶏を食い荒らすほど、餌が枯渇している・・。クマにしても生きるのに必死なわけですから、その為には場所も食べる物も、普段とは違ってしまうのも仕方ないと言うことでしょうか。

でもそのクマの必死さは、住民の方にしたら恐怖ですよね。とりあえずクマを1日でも早く捕獲することは大事だと思います。その捕獲後どうするか、これも大きな問題ですね・・。山奥に返したり、クマ牧場で収容することもあるようですが、射殺するケースもありますよね。もちろん射殺は避けることができたら、と思うのですが・・前述の方法でも問題はあるようですし、本当に野生動物の問題は大変だと思います。

スポンサーサイト
【2004/10/19 10:07】 野生動物について | トラックバック(0) | コメント(-) |
トラックバック
トラックバックURL
http://animalhearts.blog8.fc2.com/tb.php/38-0bc39cf7
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。