Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
危険な犬(?)について
以下、 動物新聞HP・危険な犬の規則が必要では? のページからの抜粋です。

皆さんは、もし、公園で子供と遊んでいるとき、近くに土佐犬が散歩していたら怖いと思いますか。
私は怖いと感じます。
たとえ口輪をしていても恐怖を感じるかもしれません。ピットブルテリアにしても同じです。
これらの犬は闘犬として人間が淘汰選択を繰り返し作り上げたものです。
現在、日本にある犬に関した法律は狂犬病予防法、動物の愛護及び管理に関する法律、
身体障害者補助犬法です。
これらのなかではチワワも土佐犬も同じ「犬」として扱われています。
1kgと60kg、愛玩犬と闘犬を同じ「犬」として扱うには無理があると思います。
闘犬を差別するわけではありません。飼い主は常に愛情を持って接していると思います。
しかし、潜在的な危険性を無視することはできないと思います。ある程度の区別は必要でしょう。
また、闘犬ではないにしても、何回も人や動物を攻撃し傷を負わせる犬もいます。このような犬に
対しては、自治体の長が危険な犬と認定し、闘犬と同じ規則を当てはめるべきではないでしょうか。

*************************************************************

危険な犬ですが、危険な人よりは御しやすいと思います。犬が危険な動物であることは人と犬の
強さを比較して見ますと、おおむね本気になったら犬が強いと思います。
小型犬でも相手次第で人を攻撃できますし、指を噛み切ることくらいはたやすいことです。
犬の所有者となる方にいつも話している事ですが、対する人次第で犬は猛獣ですと。
だからしつけが大切であり、留守勝ちや、多忙等で社会化の時期生後2?6ヶ月に社会に順応
できる教育が出来ない所有者は、はじめからおとなの犬=成犬を迎えなさいと指導しています。
危険な犬を危険ではなくコンパニオンアニマルとすることが出来るのも人です。

*************************************************************

ドイツのブランデンブルク州では、6種類の闘犬のペット化が禁止。
南ドイツ、バイエルン州では92年に闘犬に関する法律を制定。(現在、州内にいる闘犬は8匹のみ)
ダックスの犬税が日本円で約4000円、それに比べて、闘犬の犬税は約6万円。
犬が噛み付いた場合、弁償額は最高で約100万円まで請求されるそうです。
危険な犬に対しての規制は私は賛成です。
でも、人間に害をおよぼすようになったのには、人間の身勝手からではないのかな、と思うのも事実です。

*************************************************************

以上抜粋文でした。一部しか掲載していませんので、是非上記サイトで全文を読んでみて下さい!
数人の方の記述ですが、とても興味深いです。

私は子供の頃から犬と一緒に過ごしてきていますし、犬はかわいくてもちろん好きです。ただ、例えば同じく身近にいる猫とは違い、犬に対しては場合によっては恐怖も感じます。いくら飼い犬とはいえ、実際知人で犬に噛まれた経験がある人もいますし、また大怪我を負ったり噛み殺された、なんていう記事も見かけることがありますよね。ですから、大型犬(・・に限らずですが)がノーリードで向こうから歩いてくれば、正直緊張します。飼い主が行き届いたしつけをしていようと、危険がないと自信を持っていようと、こちらにしたら様々な前例がある分(またその犬のことをよく知りませんから)、やはり恐かったりします。

以前、公園を歩いていた時に、ノーリードで飼い主と遊んでいた小型犬が、急にものすごい勢いで私をめがけて全速力で走ってきて、飛びかかってきたことがありました。小型犬でも恐怖は感じるものです・・。上記にも書かれているように、たとえ小型犬でも人に怪我をさせることもできてしまうわけですから。

この辺は飼い主の自覚が問われるものだと思います。飼い主にしたら、いつも一緒にいる家族であり、慣れ親しんでいる犬かも知れないけれど、他の人たちにしたらその犬が絶対に噛まない・襲わないということは分からないわけですしね。それに、基本的に犬が恐いという人もいるわけで、こういう人たちにしたらノーリードはどんなに恐ろしいかと思います。私の知人でも、幼い頃に犬に噛みつかれた経験が鮮明で、ノーリードの犬を見かけると本当に怖がる人がいます。でもこれは仕方ないことだと思うんですよね・・。

今や動物もペットというか、家族の一員として、それこそ人間並みの生活を送ったりもするわけですが、あくまでも“犬”という生態を理解することは大切だと思います。
スポンサーサイト
【2004/09/05 00:20】 ペット動物について | トラックバック(0) | コメント(-) |
トラックバック
トラックバックURL
http://animalhearts.blog8.fc2.com/tb.php/5-f5f7a80e
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。