Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
頂いたメールから
今とても悲しくて苦しいです。

先日、ずっと悩み続けて思い切ってショップに毛皮のジャケットを注文したところで、
ネットでもっと手ごろな物はなかったのかな・・・とゆう軽い気持ちで目にとまったのが、
ここでした。 (中略)

主人は肉屋を経営しています。主人で三代目。お客様のためにと朝から晩まで働いています。
私は両親の反対を押し切って結婚しました。残酷な仕事をしているからという理由でしたが、
「残酷な仕事をしている人のおかげで私たちお肉が食べられるんじゃないの?」
そう言い返しました。店には動物らしき形の肉はないにしろ、赤々とした作業場に圧倒
されていましたが、毎日の慣れというものもあったでしょうが、このおかげで生活できる
んだと言い聞かせていました。肉屋の奥さんである私がマイナス面で見てはいけない、
だって主人も義母も義父あんなに一生懸命働いているんですから。
あるとき、供養しないといけないんじゃないの?と尋ねたことがありました。年に一度(?)
蓄魂祭とゆうのがあるのだそうで、「あ、ちゃんとしてるんだ」とほっとしました。

毛皮を買おうとして、肉屋である私はなんて悪者。毛皮に関しては実際キャンセルして
しまおう、お店に人に嫌な顔されるだろうなぁという気持ちだけだれど後は何も変えられない、
このまま一生 お肉屋さん。でも、それに携っている人が残酷というわけでわないし、
血も涙もない人かというわけでもありません。そして、私たち人間は何かの命を頂戴して
生かしていただいてるのだと思います。植物だって生きているのです。同じ命です。
ベジタリアンの方々を批判しているわけではありません。
ただ、命を粗末にするような行為、虐待や今生きようとしている者をわざわざ殺して
ぜいたく品を作るなんて許せないこと。そう思います。
肉屋の私が言うと矛盾しているようですが・・・

わなにかかった自分の足を噛みちぎろうとする痛ましい姿を想像して胸が痛みます。
いろんな映像があるようですが妊婦であるし、そうでなくても見る勇気ありません。
しかし、いろいろ考えさせられました。泣けてきます。

痛いこと・苦しいこと・辛いこと・悲しいこと・意味なく殺しあうこと、
少しでもなくなる世の中になるよう祈っています。

**************************************************

以上頂いたメールでした。以下私の返信メールです。(一部省略)

ご主人がお肉屋さんで働いていらっしゃるのですね。
3代も続けられているというのはすごいことだと思います。

私たち人間の生活は、つくづくたくさんの動物の犠牲によって成り立っているのだと
感じています。しかし、日本のような先進国・・きれいで便利で文明のすっかり発達した
ような状況では、そういった動物の犠牲はなかなか表立つことが無く、きれいな部分だけ
しか見えない気がします。(例えばタイに行った時、マーケットには豚の頭がカウンターに
乗っていたり、鶏も生きた状態で人々は買い求めたり、まさに肉=動物というのが実感
できるような状況でした)

そしてそれだけ動物の犠牲の中で生活している以上、動物と実際に接する仕事・動物に関わる
仕事・そして○○さんのご主人のように、動物による製品・食品などに携わる仕事に就かれて
いる方達もたくさんいますよね。

以前、屠殺場で働いている方達の話を読んだことがあります。
その方達がどれほど動物に愛情を持っているか・・それがひしと伝わってきて、感動しました。
なかにはそのような方達に偏見を持つ人間もいます。しかし私にはそういう考えはありません。
むしろ、動物の恩恵を受けておきながら、その動物が命を落とす様子を見ることも知ることも
ない、そんな状態こそが罪だと思います。

例えば、悪徳ブリーダー等、動物と接しているとはいえ動物=金・物、といった見方しか
しないような残酷なケースならば、私も批判します。でも、実際そんな例外を除き、
私たちが生活していく上で必要な犠牲も多くあると思います。例えば私は普段肉を食べませんし
(結婚式や外食で出された時は美味しく頂くことにしています)、毛皮を買うこともありません。
でも、だから私は動物を犠牲にしていないとは決して思っていません。
今私が住んでいる所だって、元は山で動物たちが暮らしていたのでしょう。
そんな山を削り、動物を追い出し、きっとその際死ぬ動物もいて、それ故作られたこの住宅街、
町。電車も車も何にしろ、元を考えれば動物の犠牲は付き物だと思います。

確かに動物愛護者の中には、動物に関わる全てのことに批判の目を向ける人もいます。
しかし私にしたら、そのような考えはおこがましく、間違っているとさえ思います。

一番罪なことは無知ではないかと思っています・・。
そういう私も、数年前に動物の問題を知ったわけで、それまでは動物のことなんて何も考えず、
(考えていたのは自分のペットのことだけです・・)普通に生活していました。
日本は海外に比べて、そのような現状を知る機会もなかなか無いですから、多くの日本人が
このような問題に気付いていないということも、仕方のないことのようにも思いますけどね・・。

・・そういえば私は、数年前、祖母のプレゼントに毛皮のマフラーをプレゼントしたことが
ありました。たまたま自分用に買うことはなかったので、自分では持っていないのですが・・。
当時は何も考えず、かわいいなぁと思って購入し、祖母にプレゼントしたのでした。

私が言うのも厚かましいかも知れませんが、そんなに自分を責めたりしないで下さい!
私はたまたま、家族に動物にかかわる仕事をしている人がいません。
ですから、○○さんにこんなこというのも厚かましい気がしてしまいますが・・。
やはり大事なことは、私たち人間の暮らしが動物の犠牲によって・動物のおかげで成り立って
いるという事実を実感することだと思います。肉を食べるか食べないか、が論点ではなく、
現状を認識するのが大事なことだと思います。その認識があれば、現在のように無駄に
大量に殺される動物の数も減るのでは、と思います。

・・なんだか偉そうな文章になってしまいましたが!
私も動物の問題についてはまだまだ勉強中であり、考え方にも様々な変化が現れたりもしています。今回も貴重なご意見が頂けて、私自身もいろんな事を考えさせられました。ぜひまたメール頂けたら嬉しいです。
スポンサーサイト
【2005/06/13 00:53】 皆さんのご意見 | トラックバック(0) | コメント(-) |
トラックバック
トラックバックURL
http://animalhearts.blog8.fc2.com/tb.php/87-c36d39e7
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。