Animal Hearts Weblog
動物に関するニュース・海外の記事・皆さんのご意見・日記などを随時更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ウズラ25万羽殺処分
090222









愛知県豊橋市内のウズラ農家で鳥インフルエンザが発生しましたが、
この農家の32万羽のウズラのうち、ウイルスが検出されたウズラと同じ小屋の、
25万9000羽が殺処分されることに決まったということです。
今日の午後行うということですから、今ですね。
今後半径5キロ以内の農家にも立ち入り調査をし、新たな感染がないかどうか確認するとか。

ウズラは昨年12月に、鳥インフルエンザ調査の対象に加えられたばかりだそうです。
他の地域はどうなのでしょうか・・
まだ2月だというのにもう感染したウズラが発見されるなんて。


本当につらいことです。農家の方も経済的に非常に苦しいことだと思います。
でもやはりウズラはかわいそうだ・・
いえ、殺すななんて言えません。
私なんて愛知からはほど遠い所に住んでいる訳ですが、もしこれが近所だったら、
やはり感染の心配をしてしまうだろうし、迅速な対策を期待せざるをえないと思います。

でも何にせよ、ウズラに罪はないことだけは確かな訳です。
25万・・すごい数だな。本当に本当にかわいそう。正直、かわいそうでたまらないです。

関係者がどうとかいうことではなく、人間として、私たち一人一人のこととして、
こんなにもたくさんの命を “処分” しなければならないという現状。

ウズラの卵なんて、卵を毎日食べる人だって、そんなに頻繁に買う物ではないでしょうが、
でも、何となく今日の料理にウズラの卵を使おう、なんて思えば、
近くのスーパーで簡単に手に入る。
この手軽さを支えているのが、いうまでもなく大量生産なわけです。

結局、私たちにとって便利になればなるほど、大量生産なほど、
動物たちにとっての環境は悪化していきますからね。
悪化というか “不自然” というか・・まぁ、悪化なわけですが。

この様な動物の犠牲の下に、私たちの快適な食生活が成り立っている、ということを、
こんなニュースが流れるたびに実感します。





よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆





【2009/02/28 15:16】 畜産動物について | トラックバック(0) | コメント(4) |
感謝して食べるってどういうことだろう?
090104











(動物について思っていることを書き出すと、いつもとりとめのない文章になります・・
 今回もそうです。結果的に、ダラダラと書いてしまいました。 
 でもこんなことを繰り返し書くことで、個人的には、少しでも頭の整理になっていった
 らと考えてます。 そんな感じの文章です!!)

子供の頃から、感謝して食べるって言葉は何度か聞いた気がするけど、
振り返ってみると、そこまできちんと実感してた記憶はないです。
(あんまり小さい頃の記憶はもはやないですが!)

「いただきます」という言葉は、肉にしても野菜にしても、
生命を頂くことに対しての「頂きます」という意味がもちろんあるわけです。
でも振り返ってみると、食材そのものというより、
作ってくれた人(主に母ですが)に対しての言葉だったと思います。
もちろんそれも大事な事だし、そういう意味も含まれた言葉なんでしょうが、
それにしても、野菜や肉に対して、その命に対して「いただきます」
って言ったことなんてあったかな?と思う程です。

畜産動物の現状を知り、「生きた動物が殺されて肉となるのだ」
という事を初めて実感した約10年前、同時に魚も野菜もお米だって、
みんな生命を頂いているのだと、やはり初めてしっかりと実感しました。
でも、じゃあ私の毎日の食生活はどうか、感謝しつついただきますと言っているか?
といえば・・全然なんですよね。。

夕食時にしたって、毎日慌てて支度して、やっと出来た?!とドタバタと食卓につき、
食べる。私なんて、いただきますなんて言ってない日も多々ありそうだ・・。
と、まぁ私はこんな感じなわけです。

感謝ってなんだろうと思う事があります。
なんだか漠然としているのです。

人から感謝される、人に感謝する、ってどちらかというと明るいイメージがあるけど、
肉を提供してくれている動物に感謝する、というのは、何だか違う気がするのです。
いえ、全く違うわけではないのですが、なんというか、
感謝という言葉が都合の良い言葉に思えてしまうことがあります。
私の中ではわだかまりが残るのです。事が大きすぎるのです。
人同士の中では、たいてい誰かに感謝する時、
する方もされる方もお互い優しさや温かさがありそうなイメージです。
でも、例えば牛肉を食べる時、こちらは感謝して美味しく食べて、
じゃあ牛はどうか?感謝されて嬉しいか??感謝されれば満足か?
・・なんてことはないと思うんですよね。殺されるわけですし。
しかも大事に大事に育てられた牛の数は、全体の比率からするとても少ないわけで、
短い一生を辛く過ごす牛の方が圧倒的に多いわけです。

こんな事を考えていると、結局、食べないのが一番精神的に楽になってしまうのです。
私自身、肉を口にすることもありますが、やはり気持良くは食べれないんですよね。
味的にどうこうということではなくて。
いや実際には、食べている間は周りとの会話などを楽しんでたり、
正直な話、美味しいなと感じたこともあったりして、
(これは今の私が、肉を食べる事が特別な時だけ・・つまり、
結婚式とか懐石などの自分で選ばない料理、つまりそのような機会故に、
おのずと高級な肉料理しか口にする事がないからかも知れません)
でも食べた後になって、あー肉食べたなー・・・て思う感じですかね。

自分で捌けるものだけ食べる、という言葉を聞いたことがありますが、
この考え方には共感出来る気がします。

野菜も痛みを感じるのでは?といった意見を見掛けたことがありますが、
それにしても、私は野菜の収穫も調理も気持良くできる。
魚だと、生きた状態でえらの辺をざっくり切るのは勇気がいりそうだし、
かわいそうとも感じるだろう・・
でもやはり鶏や牛や豚の首を切るのは、もっと難しいというか、できないです。
(もちろん生死に関わるような緊急事態を除いて・・)

まぁ私は魚は時々食べますから、上記の考え方にも矛盾が出てきますけどね。

結局は感情論ですかね。(コロコロ考えが変わってる??)
動物が殺されるのを見ると単純にかわいそうと思い、食べたくないと思ってしまう。
感謝位じゃ済まされない気がしてしまう。
これをわがままと言われればそれまでですけどね。

食べ物を選り好みするのは贅沢だと聞いたことがあります。
ベジタリアンも贅沢だと。
これに関しては、私はそうは思わないです。
感情論を抜きにしても、環境問題を考えるだけでも、
肉を食べることの方が贅沢だと思います。
畜産動物の牧場用にと、木々が伐採されて土地が開拓され、
動物用の飼料が大量に生産される。
その飼料となる穀物や野菜さえ食べれずに、餓死する人が溢れるほどいるというのに、
多くの木々・土地・貴重な食料によってやっと作られる“肉”を食べる、
ということのほうが、贅沢なことではないかと感じます。

というか、これだけ肉が溢れて、牛丼・焼き肉・ハンバーガー等々、
安くたくさん食べれるわけですから、感謝してる暇もないというか、
肉から動物を連想させる暇もない感じがします。

昔は卵が高級品だったという話を聞きます。
卵に限らずですが、昔は大量生産がなく、輸送も発展していなかったためのようで、
つまり、今高級品とされている様な平飼いの鶏の卵だったのでしょうね。
金網のケージに詰め込まれて、動けない状態でひたすら餌を食べてひたすら卵を産む、
といった大量生産ではなかったわけです。

肉もせめて高級品になって欲しいと感じます。
特別な機会にしか食べれない様なものになれば、有り難みが増しますよね。

実際に動物を育てて、自分でさばいて食べる・・という状況なら、
自分が食べる肉であった動物を実際に見ているわけですから、
そういう気持ちは自然と生まれそうですね。
でも、ほとんどの人には当てはまらないことです。

ただ、例えばハンバーグを食べる時に、その肉を提供した牛の様子を見せられたら、
どんな気分でしょうか??
それが素晴らしい環境で愛情を注いで育てられた様な牛ではなく、
大量生産での凄まじい飼育環境に置かれた牛だったら、どうでしょうか。
それが子牛だったりしたらどんな気分でしょうか??
なんだか食欲がなくなりそうな気がするのですが・・私だけでしょうか??
そうかそうか、あの牛か、ありがたい!美味しく頂くよ!
なんて明るくは思えなそうです。
そう思うことが悪いと言うことでは決してないですが。

感謝ってなんなんだろう。
動物に感謝する、ということについて、どうも気持ちよい気分になれません。
それは畜産動物だけでなく、毛皮動物にしろ、実験動物にしろ、
人間のための物を作り出す過程で、それらの動物から多くの苦しみが連想されるからです。
せめて感謝すべきだとは思いますが・・複雑な思いです。
感謝いうよりも罪悪感の方が、感覚として合っている様な。(あくまで私の感覚ですが)

息子は今1歳で、まだ肉は食べさせていませんが、
息子は息子として、普通の食生活をと今の時点では考えています。
肉について何か話したいけれど、上記の様なことをダラダラと話して、
食欲を減退させるのもどうかと思うし、牛さんありがとう!と笑顔で言わせるのもなぁ・・
なんて悩んでます。


とりあえず、以上です。
前回の動物実験の時と同様、締めが甘いですが、なかなかきれいな結論は出ず・・
といった感じです!





よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ




料理ブログもぜひご覧ください!


フジブログものぞいてみて下さい☆




   
【2009/02/05 11:19】 畜産動物について | トラックバック(0) | コメント(10) |
子供たちに魅力満載なマクドナルド


日本マクドナルドが、ハローキティ誕生35周年を記念し、歴代キティのおもちゃ付きの
「ハッピーセット ハローキティ」を来月13日から期間限定で販売するということです。
価格は朝食・通常メニュー共に400?500円位。

また、同期間にキティのイラスト入り商品券も500円で販売。

おもちゃは36種類あり、リンゴ型ケースの中に人形が入っているもの、光るもの、動くもの、
指輪が入っているものがあり、どれが当たるかはケースを開いてみるまで分からないとのこと。

また期間中に、レシートの裏にあるQRコードを携帯電話のカメラで読み込むと、
キティデザインの36種類の待ち受け画像のうち1種類をダウンロードできるそうです。

さらに同期間に、ドラゴンボールZキャラクターの玩具が付いた
「ハッピーセット ドラゴンボールZ」も販売。


日経トレンディネットの記事より


とにかくマックは“すごい”と感じます。
裁判沙汰になろうとも、食の安全を揺さぶる様な噂が流れようとも、
その人気が衰えることがない。
私の中では“極めつけ”だと思った、「Supersize me」の映画。
あれを見たらさすがにみんな食べれないでしょ!これはマックに大打撃だ・・
と思いましたが、ここの所3年連続、増収増益と来ていますからね。

以前他のドキュメンタリー番組で見ましたが、マックにとって子供はメインターゲット。
味覚が決まると言われる子供の時期に、マックの味に慣れさせ、
成人以降まで続く顧客に・・というわけです。
(子供の味覚がいつ決まるのか・・検索してみたら、3歳・6歳・8歳・10歳・・と色々出てきました。
どれが本当かちょっと分かりませんが!)

本当にマックは子供が大好きな空間になっているんですよね。
私も子供の時、マックに行って嬉しかったのを覚えています。
車からも見える、マックの明るく大きなプレイスペース。
明るい店内と、楽しいおまけのおもちゃ。
それにマックのセットなら、家ではあまり飲ませてもらえなかった炭酸も付いてくる!!
子供ながらにわくわくする場所であったのを覚えています。

私が以前担当していた教室の駅前にマックがあり、
レッスンの前後にマックに寄ってくる子も何人かいました。
幼稚園や保育園の送迎の関係で、時間が余ったりして、
レッスン前後にお母さんとマックに寄る、って感じでした。
よくおまけのおもちゃなんか見せてもらいました。
4歳の男の子の言葉は印象に残ってますね。3歳の弟とお母さんとよくマックに行く様で、
「もうマックのポテトはたくさん食べ過ぎて飽きちゃったな?」
なんて言ってました。4歳にしてもう飽きたとは!とちょっと驚きました。

特に冬の寒い時期・真夏の炎天下、外で小さい子とぶらぶらするのも大変だし、
気軽に寄って長居も出来るマックはお母さんにとっても助かる場所だと思います。
プレイスペースもあれば、じっとしていられない小さな子もたくさん体を動かせますしね。
私自身息子が歩く様になってから、デパートなりショッピングセンターなり、
子供の遊ぶスペースがこんなに貴重だったとはと痛感しています。

でもたとえお母さんは飲み物だけ・・と思っても、きっと中に入って店内を見回せば、
子供は色々食べたくなって我慢出来ないでしょうね。

とにかくマックは本当に人々に受け入れやすい環境を提供している・・と認めざるを得ません・・。

学生にとっても魅力的でしょうね・・。高校生位なんて、学校のあとお腹も空くだろうし、
飲み物もハンバーガーも100円なら、お小遣いで何とかなるし、
それで温かいまたは涼しい室内で、長くおしゃべり出来るんですからね。

そして今回のこの企画。おもちゃ36種類!!しかも中が見れない!!
すごいやり方だ?。
お母さん方、36種類あるって子供に言わない方がいいですね!!(分かっちゃうか・・)
全部集めたい!なんて言う子供多いだろうな・・。
というかキティちゃん好きは子供だけじゃないから、このおもちゃ集めのために、
ハンバーガー食べる人が増えるのかな・・。

待ち受け画面に商品券・・しかもドラゴンボールも・・すごいなぁ。
子供にしたらますます夢の様な、大好きマクドナルド!!!ってなりますよね。

そのマクドナルドの本拠地アメリカでは、
年間50億個以上のハンバーガーが消費され、
1時間に5000頭以上の牛が肉にされていくといいます。

このような命の“大量生産”によって成り立っているわけですが、
マックにしても、人に食されるどころか破棄される商品の量も莫大でしょうから、
結果として無駄死にとなる牛も多いことでしょう。

もはや大量生産によって支えられている私たちの生活。
野菜も毎日大量に破棄されていることでしょう。
野菜もかわいそうだけど、やはり動物はもっとかわいそうです。

この前知り合いの高校生の子が、マックは行かないというので、どうして?と聞いたら、
環境を破壊してるから。と言いました。
・・嬉しかった!
こういう子供(子供なんて言い方失礼かな・・)もいるということ、本当に嬉しいです。

今はまだ1歳で、マックも知らない息子ですが、
これから絶対に行きたがることでしょうね。
そんな時にどんな風に何をどの程度話していこうかと、考えてしまいます。


   
【2009/01/28 16:20】 畜産動物について | トラックバック(0) | コメント(0) |
飽食に溺れるままでいいのでしょうか?









今日ランドマークの本屋に行き、久々に料理本コーナーを目にしたら、
マクロビなどのいわゆる肉・卵・乳製品不使用!
といった感じの菜食本がたくさん並んでいてびっくり!
あーすごい!!私が菜食を始めた頃・・今からもう10年ほど前なんて、
そんな本全然なかったですからね。

当時私が菜食生活を始める上で買った本は、精進料理とか、
かなり地味な(失礼!)マクロビ本、あと洋書でしたからね・・
今は本当におしゃれな本、そして普通のお菓子と変わらない様な、
美味しそうなスイーツレシピ本も多く出ていて充実していますね。

10年前より明らかに菜食レシピの需要があるわけで、
これはとても嬉しいのですが・・・

でもやはり変わらず盛況なマックとかを見ていると、
(しかも、前も言いましたけど、“メガ”で大ヒットしちゃってますし・・)
やっぱりあんまり変わってないなぁ・・と思います。


数ヶ月前、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)のパチャウリ議長が、

週1で「休肉日」をつくろう

と提案しました。

畜産動物が直接出すメタンだけでなく、牧場や肥料用農地を開発するための森林伐採、
肥料の生産や輸送、燃料などを含めた、食肉産業全体が排出する温室効果ガスは、
世界の5分の1近くを占めると指摘しました。

「各家庭で肉の消費量を半分にすると、
車利用を半分に減らすよりもガス排出削減に効果的だ。
食生活を見直す方が比較的簡単なはずだ」

と述べたそうです。

そして英政府に対し、20年までに国民の食肉消費量を60%減らすキャンペーンの実施を
求めたと言うことです。

もちろん蓄産業界はこの様な発言を批判しており、
ベジタリアンになれば問題が解決するといった、
そんな単純な事ではないとの意見もあるようです。


週1日肉を食べない・・簡単なことではないでしょうかね?

貧しい国や地域の人々は、肉どころか、その肉が餌として食べる穀物さえも、
満足に口にすることが出来ない。
そんな状況を考えた時、週1日肉を食べない事・・なんて、
申し訳なくなる位簡単なことに思えるのです。
しかも、そうすることで環境に大きな貢献が出来るんですからね。
体にも良いことだと思いますし。

本当に日本は飽食であると思います。
どこへ行っても食べ物飲み物が簡単に、そして安く手に入り、
ほんのちょっとお腹が空けば・のどが渇けば、すぐに空腹も渇きもいやすことが出来る・・
我慢する必要がないんですよね。

でも、やはり世界各地の状況・・飢えで死んでいく人たち・森林伐採で姿を消す動物たち、
そんなことを考えると、たとえ食べ物が溢れている社会であるとはいえ、
その中に溺れるままではいけないと感じます。
何か“我慢”することが必要だと思います。

もちろん別に肉に限ったことではないですけどね。
私の場合、のどが渇く→すぐにコンビニでジュース!・・な人です。
うちまでちょっと我慢すればいいのに・・ついつい買ってしまうんですよね。
やっぱりある程度我慢をすることは大事だと思います。

前にどこかのブログで、エコバッグで肉を買う・・なんて皮肉で書かれていましたが、
肉というのは店できれいにパックされて売られるまでに、特に外国産ともなれば、
多くのエネルギーが費やされているわけですね。
エコバッグはだいぶ浸透していますが、肉の消費量を減らしてみる・・ということも、
現在の危機的な地球の環境を考えれば、とても大切なことだと思います。





よろしかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ


【2008/12/22 00:24】 畜産動物について | トラックバック(0) | コメント(2) |
大盛況な食肉産業
081211










「3杯食べたらもう1杯」

大手牛丼屋のポスター、皆さんもご覧になっていると思います。

数年前の米国産牛肉輸入停止・その後の輸入再開&牛丼再開の際には、
店の前に長い行列が出来ていましたよね。
今ではこんなサービスが受けられるとは・・(会社側もこの不況下で必死の策なのでしょうが)

380円でお腹いっぱい食べれる、というのはこの不況下とてもありがたいことだと思います。
でもこれだけの値段で提供出来ると言うことは、その分牛の飼育環境は悪くなると思います。
高級な値段を付けられる牛は、手厚い世話を受けていますからね。

そういえば、以前行った八百屋さんが、やはり大手牛丼屋に変わっていてびっくり。
野菜→肉 への露骨な変化を見てしまった感じでした・・。


マクドナルドも“メガ”シリーズがヒットしたこともあって、今年度の業績は良かったようですね。
メガマックが出た時にはため息をついた物でしたが、
「こんなの日本人に合わないでしょ・・日本人にはビックマックで精一杯でしょ・・」
位の冷ややかな目で見ていましたが、あれから次々と何でも“メガ“になっていき、
挙げ句に会社の業績アップとは・・・

そういえば知り合いの子供の小学生の男の子が、
メガマックをぺろりと平らげた話を聞いたっけ・・・

日本人の健康も心配だ・・

この前CNNで沖縄の人々の食生活と健康についてやっていました。
ちらっと見ただけでしたが・・・
100歳になる沖縄に住むおばあさん。
でももう死んでしまった子供もいて寂しそうだとか。
昔はヘルシーだった沖縄の食事も、戦後ハンバーガーショップなどの、
アメリカの高カロリー食が次々と上陸、
おばあさんたちの後の世代の人たちは、この様な食事に侵されてか、
心臓病などを患ったり、以前の様に長生きできないようで・・

こんなことをアメリカのニュース番組で取り上げるのも興味深いですね。

アメリカでは、特に健康志向な人たちの間では日本食がブーム・・
何とも皮肉な話ですね。。


肉食中心では、(中心どころか、過剰とも言える今日この頃だと思いますが・・)
動物も私たち人間も良いことなどないと思います。



【2008/12/11 09:37】 畜産動物について | トラックバック(0) | コメント(6) |
←prev next→
PROFILE
Ray
  • Author:Ray
  • RSS
  • CALENDER
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    RECENT ENTRIES
  • 激安リアルファー付きダウンジャケット(12/22)
  • 超巨大バーガー・Windows7ワッパー(11/02)
  • 頂いたコメントの返事(10/07)
  • 精肉詰め放題(09/12)
  • マックの戦略(08/31)
  • 覚醒剤の実験に使われるマウス(08/30)
  • ホルモンヌ(08/27)
  • 緑色のヒヨコ(08/27)
  • 番組の感想(08/07)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容3(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容2(08/06)
  • 「クローズアップ現代・ペットは泣いている」の内容・1 (08/06)
  • ★★緊急!今日です!「クローズアップ現代・ペットは泣いている」夜7時半から!★★ (08/05)
  • “ゴミ” で殺される野生生物たち(07/27)
  • 「ドラゴンゲート」所属レスラーがサル虐待 (06/25)
  • RECENT COMMENTS
  • ふうじ~(01/26)
  • 管理人(01/25)
  • ayako(01/17)
  • 管理人(01/14)
  • ふうじ~(01/10)
  • まる(12/14)
  • 管理人(12/14)
  • 管理人(12/11)
  • まる(12/11)
  • 管理人(11/28)
  • モー(11/23)
  • モー(11/22)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 自由で気ままな日々:クローズアップ現代「ペットは泣いている ~激安競争の裏側で~」を経済学で考える(08/07)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion:リアルファー(毛皮)(10/16)
  • ARCHIVES
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (9)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (16)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (12)
  • 2005年04月 (6)
  • 2005年03月 (2)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (5)
  • 2004年12月 (1)
  • 2004年11月 (6)
  • 2004年10月 (21)
  • 2004年09月 (26)
  • CATEGORY
  • 動物実験について (18)
  • 畜産動物について (28)
  • 毛皮動物について (24)
  • 動物虐待について (13)
  • 野生動物について (38)
  • 絶滅危機動物について (13)
  • ペット動物について (46)
  • 環境汚染について (4)
  • スポーツ・娯楽について (11)
  • 犬猫殺処分について (15)
  • 日記 (1)
  • 皆さんのご意見 (10)
  • その他 (21)
  • 羽毛について (1)
  • LINKS
  • Ray's Vegetarian Cafe Blog
  • フジびより
  • いつでも里親募集中
  • まねき猫
  • 毛皮はいらない連絡網
  • WWFジャパン
  • いのちの食べ方
  • 動物の権利について考えてみませんか?
  • The same life same heart
  • 健康いいもの情報
  • アタタビ日記
  • The Jane Goodall Institute Japan
  • PETA
  • PETA2
  • カタカナの墓碑
  • Tinaの毎日が猫曜日
  • Dearこげんた
  • 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
  • 動物実験の法規制を求めるサイト
  • べべのun deux trois
  • グースブログ(仮)
  • ふつうのスウェーデン暮らし+猫
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。